AAW AXH 773 Edition 声優・山下七海とのコラボイヤホン!

イヤホン

AAWと声優・山下七海のコラボイヤホン「AXH 773 Edition」

e☆イヤホンは、イヤホンブランドAAWと声優・山下七海のコラボイヤホン「AXH 773 Edition」を期間限定で発売します。価格は77,300円(税込)。

製品の受注期間は2020年9月5日(土)11時から10月4日(金)19時までで、受け付けはe☆イヤホンWeb本店のみ。納期はオーダーから約2〜3ヶ月の見込みとしています。

AAWの高級ユニバーサルイヤホン・AHX(税込み73,900円)をベースに、ハウジングのデザインの変更と、イヤホン本体への手を入れての限定モデルとなっています。

どうも、山下七海さんは音質チューニングに参加、ということではないようです。

黒をベースとしたシェルに、レインボーグリッターというカラーを使ったハウジングデザインとカラーを山下七海さんが選んだ、ということのようです。

また、ハウジング表面には「773(ななみ)」ロゴをあしらったスペシャルデザインとなっており、コラボモデルであることを大きくアピールしています。

コラボアーティストが音質チューニングに参加していないにも関わらず、イヤホン本体には大胆に手が入っています。

AHXはもともと1DD+4BAのハイブリッド型。この基本構成は同じで、ダイナミックドライバーの振動板素材をAHXのバイオコンポジットから、「AXH 773 Edition」では解像度の高さや伸びやかな高音が特長のグラフェンに変更。

基本的な音調にも大きな影響のある変更であり、別モデルと言えるほどのものではないでしょうか?

サウンド傾向も振動板の変更に伴い、高音の伸びを意識したボーカル重視のサウンドにチューニングされているとしています。声優とのコラボ、ということで、やはりボーカル重視のサウンドということのようです。高級イヤホンは普通は、フラットでワイドレンジな傾向が多いので、なかなか思い切ったチューニングと言えるでしょう。

そのほかの仕様はベースモデルと共通で、再生周波数帯域は10Hz – 40kHz、感度は104dB SPL@1mW、インピーダンスは23Ω@1kHz。価格が納得できるワイドレンジな特性を備えています。

芸能人とのコラボモデルというと、ベースモデルよりも何万円も高いということも珍しくないのですが、本機ではわずか税込み3,400円の上昇に留まっています。

結果的には高額なため、5chなどでネタとして扱われていますが、高級イヤホンとしては確かな製品と言えそうです(イヤホン+AAW)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました