AKG K371-BT-Y3 / K361-BT-Y3 比較しての違いは?

Bluetoothヘッドホン

AKG K371-BT-Y3 / K361-BT-Y3

ヒビノは、AKG(アーカーゲー)のヘッドホンに独自の1年保証を加えた3年保証モデル「K371-BT-Y3」「K361-BT-Y3」を5月22日に発売します。オープン価格で、K371-BT-Y3は税抜21,000円前後、K361-BT-Y3は税抜16,000円前後での実売が予想されます。

-Y3無しのモデルとの違い

型番に-Y3がつくのは、2年間のメーカー保証と代理店のヒビノが独自に追加した1年保証、計3年の製品保証期間が付くという意味。-Y3無しのモデルとの違いはこの保証期間の違いのみで、ヘッドホンとしての内容は同じです。

-BT無しのモデルとの違い

2モデルとも、型番に-BTとつかないモデルをベースにしています。従来モデル「K371-Y3」「K361-Y3」との基本的な違いはBluetoothワイヤレス接続に対応するかどうかです。

また、Bluetooth機能を追加した分、本体重量は少し重くなっていて、「K371-Y3」の256g、「K361-Y3」の220gから「K371-BT-Y3」は294g、「K361-BT-Y3」では252gとなっています。

「K371-BT-Y3」「K361-BT-Y3」のBluetooth機能部分は共通の仕様で、Bluetooth Ver.5.0を採用、コーデックはSBC、AACに対応、マイク内蔵によりハンズフリーの音声通話に対応。また、イヤーカップにタッチセンサーを搭載。Bluetooth接続しているデバイスの再生や一時停止、音量調整などの操作が可能です。

「K371-BT-Y3」「K361-BT-Y3」の内容・特徴

そのほか、「K371-BT-Y3」「K361-BT-Y3」の内容・特徴は従来モデル「K371-Y3」「K361-Y3」と同様。

プロフェッショナルラインのモニター・スタジオヘッドホンの最新モデルであり、モバイル環境でのコンシューマー用も意識した設計が特徴。

そのため、モバイル性を向上させるために、AKGのヘッドホンとしてはじめて楕円形のイヤーパッドを採用しているのが大きな特徴です。

この楕円形イヤーパッドの採用により、従来のAKGヘッドホン以上にコンパクトに折り畳めるようになり、携帯性が向上しているのがポイントです。

11段階のスライダーを装備したヘッドバンドは接触面にシリコンが貼られ頭部への負荷に配慮しており、長時間装着しても疲労感が少ないようになっています。

一方、モニターヘッドホンのため、密閉性を重視して側圧が強めな点には留意しましょう。

「K371-BT-Y3」と「K361-BT-Y3」を比較しての違い

両機の外観は非常に似ていて、まさに兄弟機です。ですが、音質に関わる部分やケーブル端子などに違いがあり、基本的いは求める音質レベルの違いによって選び分けることになるでしょう。

「K371-BT-Y3」はドライバーに、チタニウムコーティング振動板と高純度OFCボイスコイルを組み合わせた大型の50mm径ドライバーを搭載。再生周波数帯域は5Hz~40kHzで、感度が99dB SPL/mW、インピーダンスは32Ω。ハイレゾ対応の広帯域とポータブル機でも鳴らしやすいスペックを両立しています。

K371-BT-Y3はヘッドバンドやヒンジが金属製で、一層堅牢に仕上がっているのも違いです。

また、本体側にMini-XLR端子を備え、リケーブルに対応。ケーブルは、3mカールコード、3mストレートケーブルに加え、1.2mストレートケーブルも付属。

「K361-BT-Y3」は搭載するドライバーは50mm径のダイナミック型でチタンコーティングはなされていません。一方ボイスコイルは上位機同様に高純度OFCを採用。

再生周波数帯域は上位機と異なり15Hz~28kHz。感度が99dB SPL/mW、インピーダンスは32Ω。

外見上も金属製のパーツが樹脂製に置き換わるなど「K371-BT-Y3」とは差が付けられています。

本体側の端子は2.5mmプラグ。また、付属するケーブルも3mストレートケーブル、1.2m ストレートケーブルの2本。それでもリケーブルに対応するので、断線トラブルの心配がなく、ケーブル交換による音質変化も楽しめます。

音質はどちらもモニター向けの原音に忠実で正確なサウンドを再生しようという方向性で、価格差なりの情報量や表現力の違いはあるようです。各ニュースサイトなどでのレビューを見ると、単なる優劣ではなく、「K371-BT-Y3」のほうがよりモニター寄りで、「K361-BT-Y3」がややリスニング寄り、という印象。高いほうがいつでも良いという単純な話ではなく、好みで選ぶ必要はあるかもしれません(Bluetoothヘッドホン+AKG)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました