Astell&Kern KANN ALPHA 大出力なDAPを紹介! 購入者などのレビュー・感想情報も

DAP

Astell&Kern「KANN ALPHA」シリーズ第3弾モデル

アユートは、韓国・Astell&Kernブランドのポータブルオーディオプレーヤー(DAP)「KANN(カン)」シリーズ第3弾モデル「KANN ALPHA(カン・アルファ)」を10月16日に発売しました。税込みの実売価格は約14万円。

ブランドとして初めて4.4mm径のバランスイヤホン端子を搭載

「KANN ALPHA」はKANシリーズとしてだけでなく、Astell&Kernブランドとして初めて4.4mm径のバランスイヤホン端子を搭載したことがトピック

高出力と適度なサイズを両立

KANNシリーズは、高出力のヘッドホンアンプを搭載しているのが特徴。反面、第2弾モデルの「KANN CUBE」(税込み実売価格約18万円)では、DAPとしては大型で重量級になってしまったことで賛否が分かれる面もありました。

今回は、初代KANNとほぼ同じサイズに小型化しながらも、バランス出力のHigh Gain設定時はKANN CUBEと並ぶ最大12Vrmsの超高出力を実現。高出力アンプとほどほどのサイズ・重量を両立し、シリーズとして着実な進歩を見せています

本体サイズは68(幅)×117(高さ)×25(奥行)mm、重量は約316g。

KANN CUBEでは本体サイズは87.75(幅)×140(高さ)×31.5(奥行)mm、重量は約493gでした。

「KANN ALPHA」の内容

4.4mmバランス出力も新搭載していますが、決して4.4mm派の軍門に降ったわけではなく?従来同様に2.5mm径バランス端子も付いています。2.5mm派にはうれしい装備でしょう。ヘッドホンアンプは3段階のゲイン切り替え設定が可能。

ディスプレイは4.1型のタッチスクリーンで、解像度はHD(720×1,280ドット)。内蔵ストレージ容量は64GB。microSDカードスロットを備え、最大1TBまで対応。

電源回路の効率化により連続約14時間半の長時間再生もポイント。

DACチップはESS製の「ES9068AS」を左右独立したデュアルDAC構成で搭載。最大PCM384kHz/32bit、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポート。MQAにも対応。

OSは従来同様にAndroidベース。Open APP Service機能を使い、音楽ストリーミングサービスのアプリなどを、ユーザーがインストールすることもできます。DLNAにも対応。

USB-DAC機能 (USB Type-C)、USB/光デジタル出力に対応。ブランド初となるBluetooth 5.0に対応。aptX HD、LDAC両方のハイレゾコーデックもサポート

「KANN ALPHA」と「KANN CUBE」を比較しての違い

従来機の「KANN CUBE」との内容面でのサイズ・重量以外の主な違いとしては、DACチップに据え置きの高級オーディオ機器で使われるESS製の8ch DACチップ「ES9038PRO」を採用していること、「KANN CUBE」が5ピンのミニXLR出力も搭載し、据え置き機としての使用にも対応しやすいこと、連続再生時間は、44.1kHz/16bitのFLAC再生で約8時間と短いことなどが挙げられます。

総じて、「KANN ALPHA」のほうがDAPとしての魅力は高まっているように見えます。一方、「KANN CUBE」のほうが据え置き兼用で使うならより適しているかもしれません。

音質面では、DACチップのグレードとしては「KANN CUBE」の「ES9038PRO」のほうが上なので、DACチップが気になる人にとっては「KANN CUBE」も捨てがたいかもしれません。

「KANN ALPHA」購入者などのレビュー・感想の傾向

「KANN ALPHA」の購入者や試聴におけるレビューや感想は、さすがに安くはないDAPだけあっておおむね良好です。

ただ、少し気になるのは、最近発売された、似たようなコンセプトで価格は「KANN CUBE」に近い税込み実売約18万円の「Kontinum K100」。

K100はAstell&Kernブランドの責任者を務め、アイリバーの元CEOでもあるジェームズ・リー氏が立ち上げた、新しいブランドKontinumの最初の製品であり、まさに「KANN ALPHA」のライバルとも言えるDAP。

「KANN ALPHA」の試聴をする人は「Kontinum K100」も比較試聴する人が多いようで、その人達の意見として、音質は「Kontinum K100」のほうが上というのが目立ちます。ただ、「Kontinum K100」は大きくて重い、使い勝手もそれほど重視していない、などの弱点もあります。価格も少しは違うので、「KANN CUBE」との比較も含め、個々の使い方や価値観によってこれら3モデルは選ばれるべきものなのではないでしょうか(DAP+Astell&Kern)。

「KANN ALPHA」のレビュー・感想をご紹介(ツイッター)

「KANN ALPHA」のレビュー・感想を参照(アマゾン)

Amazon | Astell&Kern AK-KANN-ALPHA-OB KANN ALPHA Onyx Black | ASTELL & KERN | ポータブルオーディオ
Astell&Kern AK-KANN-ALPHA-OB KANN ALPHA Onyx Blackがポータブルオーディオストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました