Campfire Audio SOLARIS 2020 新フラグシップイヤホン!従来SOLARISと比較しての違いは?

イヤホン

Campfire Audio SOLARIS 2020 新フラグシップイヤホン

ミックスウェーブが輸入販売している、米Campfire Audioから、ブランドの新フラグシップイヤホン「SOLARIS 2020」が7月22日に発売されます。オープン価格で税抜きの予想実売価格は171,900円。

従来モデル「SOLARIS」(2018年・価格は同じ)の後継機です。「SOLARIS」と比較しての違いを交えつつ、「SOLARIS 2020」の内容や特徴をご紹介します。

今回、同じ7月22日に「ARA」(129,300円)、「ANDROMEDA 2020」(153,200円)という新モデルも発売。

「SOLARIS」と比較しての最大の違いは新技術「ソリッドボディ設計」

いずれも、Campfire Audioが開発した新技術「ソリッドボディ設計」が採用されているのが特徴です。これは簡単に言うと、筐体内部の構造を合理化して再構成し、しかも1つのパーツとして成型することで、従来よりもコンパクトな筐体にする技術です。とうぜん、従来の「SOLARIS」には使われていない技術ですので、「SOLARIS」と比較しての大きな違いになります。

具体的には、各ユニットに最適化されたアコースティックチェンバーやアコースティックチューブなどの内部パーツを、ひとつのパーツとして3Dプリンター成形。可動部分が少なくなるため耐久性も向上するとしています。また、ドライバーの相互作用をより細かく制御でき、よりチューニング制御も可能になり、音質面でのメリットもあると言います。

「SOLARIS」というと、ダイナミック型ドライバー1基とBAドライバー3基の合計4ドライバーを搭載するハイブリッド型で、ユニット構成がそれなりの規模になることから、筐体がやや大きめなのが(高級多ドライバーイヤホンではよくあることですが)弱点ではありました。

それが、「ソリッドボディ設計」により、従来モデル比で実に20%のコンパクト化に成功したとしています。この小型化により、装着時の快適性、ずれにくさなども向上しています。

小型化しながらも、ドライバーをチャンバー(空気室)に配置してチューニングを最適化し、低域のパフォーマンスを正確に制御する独自技術「Polarity Tuned Chamber」を継続して搭載しているのも、筐体内の容積を使いそうな技術であるだけに驚きです。

ドライバー構成や音響面の技術は同様

ドライバーはLow/Mid用のダイナミック型×1、バランスドアーマチュア(BA)のMid×1、High×2で、合計4ドライバー。この基本構成自体も従来同様

ダイナミック型には、直径10mmのA.D.L.Cコーテッド ダイナミック型ドライバーを採用。ユニットの概要は従来と同じですが、全く同じユニットが使われているかは不明です。

BAドライバーに音導管を使用しない設計で、高周波域のレスポンスを向上させる独自技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」も引き続き採用しています。

筐体ボディ部分はPVD処理アルミニウム、ノズル部分はステンレススチールという素材も従来同様です。

インピーダンスは鳴らしやすいスペックに

「SOLARIS 2020」の再生周波数帯域は5Hz~20kHz。入力感度は115dB、インピーダンスは15.5Ω。

「SOLARIS」の周波数特性は5Hz~20kHz、感度は115dB、インピーダンスは10Ωでしたので、インピーダンスが少し上がって、一般的なイヤホンに近いスペックになっています。少し鳴らしやすくなっている可能性があります。

ケーブルは従来同様、端子部にはベリリウム銅加工を施したMMCXで着脱可能。付属ケーブルは純銅銀メッキ導体を採用した「Smoky Litz Cable」。「SOLARIS」では同じ純銅銀メッキ導体でも「Super Litz Cable」というケーブルが付属していました。

ケーブル長は約122cmでプラグはステレオミニ。イヤーピースはシリコン、フォーム、E-Typeの3種類が付属。

付属ケースには革タイプから新たにコルクを採用。9年に1度コルクオークの木から収穫できるという樹皮が使われていて、心地よい手触りと耐久性を両立し、環境にも配慮したとしています。

イヤホンの製造はオレゴン州ポートランドの自社施設で手作業で行っているとしています。

筐体のサイズと容積が異なる真に新モデル

筐体のサイズと容積が異なるので、マイナーチェンジというより、本当に新モデルと言えるでしょう。マイナーチェンジや限定モデルが多いメーカーだけに、重要なポイントでしょう。

Campfire Audioは、筐体内部の作りが雑(ボンドで接着?)といった噂があったのですが、ユーザーの声を受けて改善したのでしょうか?いずれにしても筐体内部の構造が合理化され、洗練されるのであればよいことです。そのことが音質向上にも寄与していることを期待したいです。

Campfire Audioの今後にも注目

Campfire Audioの「SOLARIS」というと、BAドライバーに中国メーカーのBellsing製ユニットを使用していたことがKnowles社から指摘され、国内でも高級イヤホン愛好家の間でちょっとした騒動?になりました。

その影響なのか?、「SOLARIS」は先ごろ販売終了。このまま「SOLARIS」の後継機もないのかと思われていましたが、しっかりと後継機を出してくれました。

なお、「SOLARIS」には限定特別モデルの「Solaris Special Edition」もありましたが、通常販売モデルではないので、この「SOLARIS 2020」の登場はやはりCampfire Audioのファンにはありがたいでしょう。

Campfire Audioに対して、いろいろと疑いの目を持っている人にとっては、「SOLARIS 2020」のBAユニットのメーカーや型番は何なのかが気になるかもしれませんが(イヤホン+Campfire Audio)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました