オーディオ

DAP

COWON PLENUE R2 個性派DAP?PLENUE Rと比較しての違いは?

韓国のCOWON(コウォン)はハイレゾDAPの新モデル・「PLENUE R2」を2020年1月17日に約7万円で日本発売。2017年の「PLENUE R」の後継機。バランス接続対応ながら、ロングバッテリー、多彩な音質調整機能などが特徴。 
CDプレーヤー

Mark Levinson No5101 約60万円のSACDプレーヤー!

Mark LevinsonはSACDプレーヤー「No5101」を2020年初旬発売。価格は60万円。ネットワークオーディオプレーヤー機能やMQA対応といった各種ハイレゾ再生機能を搭載した最新多機能モデル。No512よりも大幅に安いのも魅力。
Bluetoothイヤホン

SENNHEISER IEN BT IE 80 S、IE 80、IE 8をBluetoothイヤホン化できるケーブル!

ゼンハイザーは、同社イヤホン「IEシリーズ」向けのBluetoothケーブル「IEN BT」を発売。IEシリーズのBluetoothイヤホンとして発売している「IE 80S BT」の、Bluetoothケーブル部分のみを単品発売したもの。 
イヤホン

オウルテック Samu-SE05 リーズナブルなTWSイヤホンの意欲作!

オウルテックの完全ワイヤレスイヤホン・Samu-SE05は6,000円程度というリーズナブルな価格ながら、充電ケースをコンパクトなデザインにまとめ、EDMやJ-POP、アニソンなどにも合うように音質設計したというなかなかの意欲作です。  
イヤホン

FiiO FA5e e☆イヤホンと共同開発したイヤホン!

e☆イヤホンは、FiiOと共同開発したカナル型イヤホン「FA5e」を、11月18日に発売。価格は24,900円(税込)。5とつきますがなぜか3BA構成。Knowles製のBAユニット使用を明言するなど音は期待できそうです。
イヤホン

KZ E10 4BA+1DDの完全ワイヤレスイヤホン!

KZ E10は完全ワイヤレスイヤホンでは珍しいハイブリッド構成で、しかも4BA+1DDという凝った構成。これで国内価格7,500円程度も驚き。耳掛け式の独特な形状もポイント。QCC3020を搭載しているので、実力もまずまずです。 
オーディオ

CHORD ULTIMA3 ペア380万円のモノラルパワーアンプ!

英CHORD Electronicsはモノラルパワーアンプ「Ultima 3」を12月に発売します。価格は380万円(ペア)。同社のフラッグシップシリーズ「Reference Range」新製品で、SPM 1400 MKIIの後継機。
イヤホン

GEO GRFD-SWE04 1,980円の完全ワイヤレスイヤホン!GRFD-SWE03と比較しての違いは?

ゲオは、完全ワイヤレスイヤホン「GRFD-SWE04」を1,980円で発売。「GRFD-SWE03」の後継機。ケース充電時間を2時間から1時間へと短縮。さらに充電ケースサイズをひとまわりコンパクトにしたのが比較しての主な違い。
CDプレーヤー

LUXMAN D-03X SACD非対応のCDP、一方でMQA対応!

ラックスマンはブランドエントリークラスのCDプレーヤーの新モデル・D-03Xを12月下旬に発売。価格は268,000円(税抜)。最新メカ+フルバランス式、MQA対応であることが特徴。ディスク再生はCD専用で、SACDには対応しません。
イヤホン

Campfire Audio C/2019 Q4 3BA構成のイヤホン!

「秋のヘッドフォン祭2019」。ミックスウェーブは同社が取り扱うイヤホンブランド・Campfire Audioの新モデル2つを参考展示。このうち、「C/2019 Q4」は完全新設計の新モデルでブランド初の3BAイヤホン。
タイトルとURLをコピーしました