DAP

DAP

Astell&Kern A&futura SE200 世界初の「マルチDAC」DAP!SE100と比較しての違いは?

Astell&Kernは世界初の「マルチDAC」を搭載したハイレゾDAP「A&futura SE200」を2020年7月17日に税込み約24万円で発売。従来モデル「A&futura SE100」と比較しての違いも交えながら詳しくご紹介。  
DAP

iBasso Audio DX160 ver.2020 発売! 従来・DX160(2019)と比較しての違いは?

iBasso AudioのDAP「DX160 ver.2020」が2020年5月22日に税込み約4万円で発売。Androidで4.4mmバランス接続に対応。同価格の従来機「DX160」(2019)と比較しての違いも交えながら内容をご紹介。 
DAP

SHANLING M6 Pro 高音質化を図ったAndroid DAP! M6と比較しての違いは?

SHANLINGのDAP「M6 Pro」は2020年5月に税込み約8.7万円で発売。Android DAP「M6」をベースに、音質に関わる改良を多数施した上位モデル。両機を比較しての違いを交えながら、「M6 Pro」の内容をご紹介。
DAP

Cayin E02 N6ii用オーディオマザーボード E01と比較しての違いも

コペックジャパンはCayin(カイン)の「E02 オーディオマザーボード」を2020年4月25日に発売。価格は税込み約48,000円。N6ii用交換用マザーボードの第4弾。第3弾の「E01」と比較しながら「E02」の内容や特徴をご紹介。 
DAP

Astell&Kern A&norma SR25 発表!SR15と比較しての違いも!

Astell&KernはDAP「A&norma SR25」を5月22日発売。「A&norma SR15」の後継機。定価はほぼ据え置きながら、最新の内容や音質向上のための設計を新たに盛り込むなど、この価格帯として十分に魅力的なDAPです。
DAP

Creative Sound BlasterX AE-5 Plus Dolby Digital Live/DTS Connect対応サウンドカード

クリエイティブメディアはPC用サウンドカード「Sound BlasterX AE-5 Plus」を4月中旬発売。15,273円。「AE-5」に新たにDolby Digital LiveおよびDTS Connect機能などを追加したモデル。
DAP

SHANLING Q1 レトロなデザインが特徴のコンパクトDAP!

SHANLING Q1は、レトロなデザインが特徴の軽量・コンパクトなポータブルオーディオプレーヤー。約1.6万円。価格と発売時期を考えると機能やスペック面は標準的ですが、おしゃれなDAPが欲しい人には適していそうです。頑丈なのも魅力。
DAP

Astell&Kern AK100・AK T8iE MKIIなど一部製品の修理終了!中古購入は慎重に!

Astell&Kernブランドの一部旧製品「AK100」「AK120」など10製品が修理サービスを終了することに。今後は該当製品の中古を購入する際は、修理不可のリスクも考える必要があります。
DAP

COWON iAUDIO HiFi コンパクトなハイレゾDAP! iAUDIO 9と比較しての違いは?

韓国のCOWONはハイレゾ対応のコンパクトなDAP「iAUDIO HiFi」を2月21日に約2万円で発売。COWONの小型MP3プレーヤーのデザインを踏襲しながら、新たにハイレゾ対応などのスペックアップを果たしたという製品です。
DAP

Cayin N6ii DAP/E01 ES9038PRO搭載DAP!

Cayinは「オーディオマザーボード」が交換可能なDAP・N6iiについて、交換用ボードのE01と、E01付きのN6iiを発売。DACチップに「ES9038PRO」を採用し、A級動作も選択可能なアンバランス専用のヘッドホンアンプ部が特徴。
タイトルとURLをコピーしました