DIATONE DS-V5000 中古・修理情報など(生産終了機器)

DIATONE DS-V5000

生産終了機器情報。DS-V5000はDIATONE(ダイヤトーン)によるスピーカー。

DS-Vシリーズの第2弾としてダイヤトーンの技術を投入して開発された4ウェイフロア型スピーカーシステム。発売1989年 価格:¥550,000(税別・一本)。

B4C(ピュアボロン)振動板ツイーターなどの特徴

4ウェイフロア型の大型密閉型機。低域には32cmコーン型ウーファーを搭載、中低域には18cmコーン型ユニットを搭載。振動板にはスーパー・アラミッド・ハニカム振動板を採用。

中高域には6.0cmドーム型、高域には2.3cmドーム型トゥイーターを搭載。振動板にはB4C(ピュアボロン)振動板を採用。

ピュアボロン振動板の破損が起こりやすいのもまた特徴

B4C(ピュアボロン)振動板で起こりやすい、振動板の破損が見られる中古品もあるのが残念ながら実情です。

ただ、現在では得難い素材と物量の投入による本格スピーカーであり、いろいろと補修しながら使ったり、ショップもエッジを補修するなどして中古販売・流通させたりと、伝説的な名機にふさわしい扱われ方のモデルと言えましょう。

名機だけに中古価格も立派

中古流通は減ってきていますが、ショップだとペアで50万円程度することもあるようです。ヤフオクなどの個人売買ではペア20万円くらいということもありましたが、補修が必要な状態である場合が多いです。いずれにしても相応の知識と経験・技術がないとユーザーになるのは難しいスピーカーに思われます。

中古購入ユーザーによる近年のレビュー記事

DS-V5000を買ってみた
まだ、たいして鳴らしていないので、ファーストインプレッションです。 私はケチなたちで、好きなものはコストパフォーマンスのいいもの。 スピーカーも車も中古が大好きです。 そんな私が、今回はDS-V5000という、定価100万円以上のスピーカー。ちょっとは「社長」らしいことが...

ボロン振動板の修理(交換)情報

ダイヤトーンのボロン振動板の破損とその交換が不可能という実情に困っている人は少なくないようですが、なんと、マグネシウム振動板に交換することでスピーカー自体を蘇らせるという修理工房があります。オリジナル性は失われますが、これはこれでひとつの方法なのではないでしょうか(ダイヤトーンボロン振動板全機種に対応可能。ツィーター、スコーカー、ミッドハイまで対応可能としています)。

ユニットの修理 1 | YOSHIDA Speaker Repair Service
★Western Electric 555 ★凄いやつがやって来ました。70年前ドライバーです。復刻版では御座いません。 鳴らないモノでしたが、正常の音に成るまでには様々なポイン...

DIATONE DS-V5000 おもな仕様

方式 4ウェイ4スピーカー・密閉方式・防磁
使用ユニット
低域用:32cmコーン型
中低域用:18cmコーン型
中高域用:6.0cmドーム型
高域用:2.3cmドーム型
インピーダンス 6Ω
再生周波数帯域 23Hz~80kHz
出力音圧レベル 91dB/W/m
クロスオーバー周波数 320Hz、1.2kHz、4.5kHz
外形寸法 幅510×高さ1,000×奥行420mm
重量 84kg

DS-V5000をヤフオク!で見る

(ピュアボロン振動板を使ったDIATONE現行製品)

コメント

タイトルとURLをコピーしました