FiiO UTWS3 Bluetoothレシーバー!UTWS1と比較しての違いは?

Bluetoothイヤホン

FiiO UTWS3 完全ワイヤレスイヤホン化アダプター新モデル

エミライは、同社が取り扱う中国・FiiOの左右独立型耳掛け式Bluetoothレシーバー「UTWS3」を、2月5日(金)より発売します。オープン価格で税込9,900円前後での実売が予想されます。

MMCX規格リケーブル対応の有線イヤホンに装着することで、完全ワイヤレスイヤホン化することができるアダプター。

従来機「UTWS1」と比較しての違いも交えて「UTWS3」の内容・特徴をご紹介

FiiOからこれまで発売されていた「UTWS1」(2020年発売・税込み実売8,500円程度)の後継モデル。

新たにIPX4準拠の防水性能を獲得したほか、高性能ヘッドホンアンプ専用チップの採用による高音質化、デュアルマイクによる通話ノイズキャンセリング、付属のケースを用いた本体充電などを新たに実現。「UTWS1」と比較しての違いは大きく、しかもそれでいて価格の上昇は大きくないので、これから買うのであれば明らかに「UTWS3」がおすすめです。

充電ケースは4、5回分のフル充電を可能とするほか、イヤーユニットをイヤホンに取り付けた状態で収納できる十分なスペースを確保した設計となっています。

コントロールアプリ「FiiO Control」、音楽プレーヤーアプリ「FiiOMusic」のいずれかを使用し、EQ調整、チャネルバランス調整、その他のオーディオに関する設定を調整可能。なお、ファームウェアアップデートに関してはAndroid OSのみの対応となっていることに留意してください。

また、送信元Bluetoothデバイスのボリュームから独立した26ステップのボリューム調節機能を搭載しており、自由に音量に調節することも可能。設定した音量レベルはラストメモリー機能にて保存され、起動時に逐次設定しなおす必要がありません。

操作はタッチボタンですが、軽いタッチで反応するように変更し、使いやすさの向上を図っています。

テキサスインスツルメンツ製「TPA6140A2」高性能ヘッドホンアンプ専用チップを搭載しており、ノイズを抑えながら、大出力にてマルチドライバーイヤホンを駆動するパフォーマンスを獲得。先述のアナログ音量調節機能によりダイナミックレンジとSN比がさらに改善され、オーディオ性能を向上させたとしています。

BluetoothはVer.5.0、SoCにQualcommの「QCC3020」を引き続き搭載し、左右独立伝送のTWS+に引き続き対応。コーデックはこれも引き続きSBC/AAC/apt Xをサポートし、7時間(付属の充電ケースを用いる事で最大30時間)の連続再生が可能。従来同様、片耳使用も可能です。

なお、0.78mm2ピン仕様モデルを後日発売予定としています。

完全ワイヤレスイヤホン化アダプターとしてかなり完成度は高そう

SoCを変えずに、対応コーデックも変えることなく、コストアップを防ぎながらうまく高音質化と使い勝手の向上を図った印象。現状で選べるMMCX端子タイプの完全ワイヤレスイヤホン化アダプターとしてかなり完成度は高そうです。

今後は、多少価格は高くなっても、aptX Adaptive対応や、送信元機器に左右されない左右独立伝送機能対応といった機能を搭載したモデルもお願いしたいところです。

FiiO UTWS3 UTWS1 比較表

型番 UTWS3 UTWS1
Bluetoothチップ QCC3020 QCC3020
アンプ部 TPA6140A2 なし
ノイズフロア 8uV未満 25uV+
出力(32Ω負荷時) 25mW以下 5mW以下
出力(16Ω負荷時) 38mW以下 14mW以下
SN比 100dB (A) 88dB (A)
連続使用時間 ・TWS+接続時: 7時間/イヤホン1回のフル充電
・TWS接続時: 5.5時間/イヤホン1回のフル充電
・充電ケースの連続使用時間 30時間(イヤホンフル充電4~5回分に相当)
8時間/イヤホン1回のフル充電
対応Bluetoothコーデック SBC/aptX/AAC SBC/aptX/AAC
Bluetooth接続方式 TWS/TWS+ TWS/TWS+
充電方法 充電ケース USBマイクロBケーブル
ケース 充電ケース 収納ケース
コネクタ端子形状 MMCX/0.78mm2ピン(※発売予定) MMCX/0.78mm2ピン
CVC 通話用ノイズキャンセル デュアルマイクによる シングルマイクによる
耐水性 IPX4 なし
音量調節 独立ボリューム(26ステップ) スマートフォンの音量調節による
Bluetoothバージョン BT5.0 BT5.0
アプリコントロール バッテリー残量表示、EQ、音量調節、バランス調整、OTAファームウェア更新(Androidのみ) なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました