ゲオ GH-TV50BG-BK 50型4K対応テレビの最安級!maxzen JU50SK04と比較しての違いもポイント!

4Kテレビ

ゲオの50V型4K対応液晶テレビ「GH-TV50BG-BK」

グリーンハウスは、50V型4K対応液晶テレビ「GH-TV50BG-BK」を、6月18日よりゲオショップ462店舗およびゲオの公式インターネット通販サイトゲオオンラインストアで発売しました。価格は39,800円(税抜き)。

50V型の4K対応液晶テレビとして、2020年6月現在、最安級のモデル

50V型の4K対応液晶テレビとして、2020年6月現在、最安級のモデルです。本機に最も近い価格の既発売品としは、「maxzen JU50SK04」(税込み実売約4.3万円程度)があります。 「JU50SK04」と比較しての違いも交えながら、「GH-TV50BG-BK」の内容をご紹介します。

解像度は4K(3840×2160)に対応。直下型LEDバックライトを搭載。液晶パネルはVA方式。視野角(水平/垂直) 左右178°/上下178°、輝度は290cd、コントラストは4000:1。応答速度は9.5ms(グレー to グレー)。

HDRにもHDR 10に対応。画質はプリセットの7種類に加え、各項目で手動調整も可能です。

地上デジタル、BS/CSデジタル放送対応チューナーを各2基搭載。USB3.0対応端子を搭載しており、USB外付けHDDを接続することで、番組表からの録画予約、視聴中の番組の録画に加え、裏番組の録画も行えます。日本メーカー製最新LSIを採用による高速レスポンスも売りにしています。

4K入力対応のHDMIポートを3系統装備しており、CEC機能にも対応。4K/60p 4:2:0、4K/30p 4:4:4/4:2:2フォーマットに対応。コンポジット入力も搭載。

画面の枠が薄いベゼルレスフレームを採用したスタイリッシュなデザインも特徴。本体サイズ 1112.5×690.5×216.7(mm)、重量 約9.7kgと50V型テレビにしては軽量・コンパクトであるのもポイントです。

「GH-TV50BG-BK」と「maxzen JU50SK04」の比較表

以下に両機の比較表も掲載します。

  GEO
GH-TV50BG-BK
maxzen
JU50SK04
価格 39,800円(税抜)
43,780円(税込)
約43,000円(税込実売)
パネル VA VA
バックライト 直下型LED 直下型LED
輝度 290cd/m2 270cd/㎡ – 290cd/㎡
コントラスト比 4000:1 5000:1
視野角 左右178°/上下178° 左右約176°/上下約 176°
HDR HDR10 HDR10
使用チップ 日本製LSI ソシオネクスト製チップ
応答速度 9.5ms(グレー to グレー) 9.5ms(グレー to グレー)
HDMI端子 3系統(いずれも4K/60pまで対応) 4系統(いずれも4K/60pまで対応)
チューナー 地上デジタル×2
BS・110度CSデジタル×2
地上デジタル×2
BS・110度CSデジタル×2
スピーカー 10W+10W 10W+10W
そのほかの端子 USB 2.0 x1、USB 3.0 x1、ビデオ、ヘッドホン、LAN、光、 USB x2、ビデオ、ヘッドホン、LAN、光、
サイズ 1112.5×690.5×216.7mm 1129.5 × 727 × 295.6mm
重量 約9.7kg 12.1kg
消費電力 105W 135W
保証 1年 3年

両機比較すると、デザイン性、軽量性、コンパクト性では「GH-TV50BG-BK」では優れています。特に、ベゼルレスデザインを重視するなら「GH-TV50BG-BK」でしょう。また、省エネ性にも優れているので、電気代が気になる人にも「GH-TV50BG-BK」がよさそうです(4K対応テレビ+ゲオ)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました