iBasso AMP12 DX300用アンプモジュール

DAP

iBasso AMP12 DX300用アンプモジュール

中国のiBasso Audioは、同社のフラグシップDAP・DX300用の交換用アンプモジュールの新製品として「AMP12」を本国で発表しました。単体で$229.99で販売するとしています。

iBasso AMP12 Fully Balanced 4.4mm Audio Motherboard For DX300 Announced
Last weekend at the Guangzhou Headphone Expo iBasso, unveiled its latest amplifier module for the DX300 flagship Android digital audio player, the AMP12. AMP12 ...

「AMP12」は、フルディスクリートバランス回路構成で、4.4mmヘッドホン端子4.4mmラインアウト端子を備えたモジュール。

ヘッドホン出力の仕様は以下のとおり

最大出力レベル:8.3Vrms
周波数特性 10Hz-45kHz(+/-0.9dB)
THD+N:-113dB(無負荷)、-112dB(300Ω負荷)、-107dB(32Ω負荷)
ダイナミックレンジ: 126dB
S/N比:126dB
クロストーク -115dB

ライン出力の仕様は以下のとおり

最大出力レベル:4.1Vrms
THD+N: -116dB(無負荷)
ダイナミックレンジ 128dB
S/N比:128dB
クロストーク クロストーク: -102dB

付属品が充実しているのも魅力。

DX300は最近増えているDAPの一部の回路を交換可能にしているモジュール式のモデルですが、CayinやAKのような他社ではDACごと交換可能になっているのに対して、本機ではアナログ回路/ヘッドホンアンプ部のみとすることで、価格を抑えることが可能になっています。

もともと、他社でもFiiOなどもアナログ回路/ヘッドホンアンプ部のみ交換できるモジュールを何年も前からDAPで採用していたので、本来はこちらの方式のほうが普通だったと言えるでしょう。

むやみな高額化や巨大化、差別化のための本末転倒的な回路など、DAP市場の爛熟に伴って、さまざまな動きが起きていますが、iBassoの現在の姿勢は、それらとは一線を画した堅実なもののように感じます。AMP12の国内発売も期待されます。

追記:7月2日に国内発売

国内発表されました。7月2日に税込み実売25,300円程度で発売です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました