iBasso Audio DC05 レビュー・音質情報など

DAC

iBasso Audio DC05 小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ

iBasso Audioからバスパワー駆動タイプの小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ、DCシリーズ最新モデルの「DC05」が12月17日に国内発売されました。オープン価格で税込みの実売価格は9千円程度。

ESS製のDACチップ「ES9219C」をデュアル構成で搭載。これにより、384kHz/32bitまでのPCMと、11.2MHzまでのDSDに対応。また、MQA再生も可能。レンダラーとして機能し、「コアデコード機能」をもつソフトウェアと組み合わせて使用することで、16倍まで展開できます。

入力にUSB TypeC端子を備え、USB Audio Class 2.0に対応。USB C to Aアダプタを付属。パソコンとも接続できます。筐体はアルミニウム合金製。ケーブルは銀メッキ銅線を採用。

ヘッドホンアンプの出力レベル(16Ω負荷時)が140mWと強力なのもポイント。ヘッドホン出力は3.5mmステレオミニ1系統を搭載。SN比は121dB。出力インピーダンスは0.5Ω。高感度なイヤホンから大型ヘッドホンまで鳴らせるでしょう。

なお、出力レベルが約2Vrmsと高く、接続機器によっては音量が大きくなりすぎる場合があるため、スマートフォンなどAndroid端末接続時には、64段階のハードウェアボリューム調整ができる専用アプリ「iBasso UAC」の使用を推奨しています。

iBasso Audio DC05 各種レビューなどから読み取れる傾向

このジャンルでは定番中の定番と言える「DCシリーズ」。最新モデルもこれまで同様に税込み実売1万円以下のゾーンに放り込んできました。これまでの実績もあり、購入者は早速多いようで、ネット上にも感想が上がってきています。

これまでもフラット志向の高解像度、高情報量サウンドで手ごろにハイレゾサウンドを楽しめるツールとして幅広く評価されてきたシリーズですが、最新機の本機ではそのサウンドにさらに磨きがかかっているようです。

今日、1万円前後の廉価DACでもバランスヘッドホン端子の装備が要求されている厳しい?状況ですが、本機ではあえて3.5mmステレオミニ端子というハンデ?もものともしないような高品位ぶりのようで、エントリークラスのDACやイヤホンに蔓延る、むやみなほどのバランス接続信仰に一石を投じるかのようです。

もっとも、これまでのDCシリーズではバランス接続モデルもラインナップしてきたので、今後はバランス接続タイプのDC06も予想されるところですが。

iBasso Audioも旭化成のDAC供給不可や世界的な半導体供給の不足などの影響を受けて、既存モデルの早期の生産終了の憂き目に遭ってきていますが、「DC05」は、まるでそれを逆手に取るような会心作のような印象です。

iBasso Audio DC05 レビュー・感想(ツイッターから)

iBasso Audio DC05 レビューサイト情報

iBasso DC05音質レビュー!歴代モデルと比べて圧倒的な高音の伸びが魅力
どうも、スティック型USBポータブルDACが大好きなブロガーのてつです。iBassoから待望の新作が出ましたね!DC05です!!まだ日本国内では未発売(追記:12月17日に発売されましたね!祝)なのですが、海外ではもう販売が開始されておりま
Amazon.co.jp: iBasso Audio DC05 アイバッソ USB DAC オーディオ アダプタ TypeC タイプC Lightning ライトニング コネクタ ポータブル 小型 アンプ スマホ Android iPhone iPad PC 3.5mm イヤホン ヘッドホン ハイレゾ ロスレス MQA HD 32bit 384kHZ ゲーム 音楽 映画 VGP金賞 (Black) : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: iBasso Audio DC05 アイバッソ USB DAC オーディオ アダプタ TypeC タイプC Lightning ライトニング コネクタ ポータブル 小型 アンプ スマホ Android iPhone iPad PC 3.5mm イヤホン ヘッドホン ハイレゾ ロスレス MQA...

コメント

タイトルとURLをコピーしました