JH Audio Jolene 世界初構成を持つカスタムIEM レビュー情報も

イヤホン

JH Audio Jolene カスタムIEM

アユートは、JH Audioブランドより、カスタムインイヤーモニター(IEM)「Jolene(ジョリーン)」を3月25日から受注販売しています。価格は219,980円(税込)。

世界初デュアル対向4DD+8BA構成

  

世界初のデュアル対向4DD+8BA構成、片側4ウェイ12ドライバー搭載ハイブリッド構成が特徴のカナル型イヤホン。

低域(20Hz~400Hz)に9.2mmダイナミックドライバーを2基、中域(400Hz-4kHz)に4.9mmダイナミックドライバーを2基し、中高域(4kHz~10kHz)と高域(10kHz~23kHz)にそれぞれクワッドBAドライバーを採用。

ダイナミックドライバーを対向配置で使用し、位相補正バンドパス型エンクロージャーを再設計した「D.O.M.E Midrange Enclosure テクノロジー」を採用。低域と中域で計4基のダイナミックドライバーをデュアル対向配置。

ケーブルは着脱式で、ドイツ製ミリタリーグレードの7pinコネクターを搭載。ケーブル素材には4N銀メッキ高純度OFCを採用。ユーザー自身で低域 (0 to +15dB)の調整ができる「Variable bass」機能もケーブル上に搭載。

周波数帯域は20Hz~23kHzで、入力感度は114dB @ 1mW、インピーダンスが10Ω。

JH Audioが特許を取得している技術や独自技術が満載

世界初(同社調べ)となるデュアル対向4DD構成が最大の特徴ですが、それ以外にもJH Audioが特許を取得している技術や独自技術が満載。

複雑そうな構成と多くのドライバー構成により、自然な音の質感やまとまりに不安を覚えそうですが、むしろそんなことはなく、「Jerry Harvey がこれまでにデザインしたIEM の中で、最も自然でアナログ的なサウンドのIEMだ」と説明しており、音を追求した結果の構成ということのようです。

カスタムIEMということもあり、外装は2種類から選べ、どちらも個性的。

購入者のレビュー・感想から読み取れる傾向

安くはないイヤホンですが、イヤホン愛好家にとっては普通の?守備範囲の価格(20万円前後はもはや普通です)ということもあり、早速、注文・入手されている国内ユーザーの方々がいます。

また、試聴機も用意されており、試聴感想もいくつも上がってきています。

試聴感想の傾向として、メーカーが謳う通り、複雑な構成からは予想もできないほど自然な出音とまとまりのようです(イヤホン+JH Audio)。

JH Audio Jolene レビュー・感想(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました