Noble Audio FALCON2 高音質TWSイヤホン! FALCONとの比較・違い、レビュー・感想情報も

完全ワイヤレスイヤホン

Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン新モデル「FALCON2」

Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン新モデル「FALCON2」が10月30日に発売されました。
オープン価格で税抜13,900円前後での実売が予想されます。

従来モデル「FALCON」(2019年発売。発売時の税抜き実売価格16,800円、現在の税込み実売1.3万円程度)の後継機。

FALCONで採用された高音質化手法を継承し、さらに進化

FALCONは、高級イヤホンブランドであるNoble Audioが初めて手掛ける完全ワイヤレスイヤホンとして大きな注目を集めたモデル。

FALCONの開発で重視されたのが3つの要素、「接続品質」「音質」「使いやすさ」を高い水準で満たすことでした。

なかでも高音質な高級イヤホンで地位を確立しているブランドだけに、高音質の実現は重要ポイントです。そこで、ブランド創設者のジョン・モールトン氏の手でチューニングするという手法で高音質化を図ります。モールトン氏がハードウェア/ソフトウェア両面でチューニングを実施。Noble Audioの有線イヤホンの音質をベースとしながら、Bluetoothに合わせたチューニングを行っています。

もう少し具体的にはアコースティックダンパーによる物理的な調整とDSPによる再調整を掛け合わせる手法を採用。この手法が功を奏したのか、FALCONは発売するとすぐに高音質な完全ワイヤレスイヤホンの定番機となりました。

FALCON2でもこの「ジョン・モールトン氏の手でチューニング」という方法を受け継いで、今回の使用パーツの違いなどを踏まえていっそうの高音質化を図っているとしています。

FALCON2とFALCONを比較しての違い①Bluetoothチップと接続安定性

完全ワイヤレスイヤホンの音質や接続安定性にも大きく関わるBluetoothチップ、SoCはFALCONの「QCC3020」から、より最新の「QCC3040」に変更になりました。

これにより、Bluetoothのバージョンは5.0から5.2にアップデート、対応コーデックがaptX/AAC/SBCに加え新たに高音質と低遅延を両立するaptX Adaptiveもサポートしているのが大きな違いです。

aptX Adaptiveコーデックに対応した完全ワイヤレスイヤホンはまだ少なく、大手ではほとんどないという状況なだけに、送信対応機器を持っている人にとっては大きなポイントです。

また、FALCONではクアルコムのBluetooth接続方式「TWS+」をサポートしていましたが、FALCON2では新たにクアルコムの左右同時接続技術「True Wireless Mirroring」に対応。複数のワイヤレスイヤホンを1台の送信機器に接続した際に素早く切り替えられるといったメリットがあります。

接続安定性に関しては、アンテナの配置をBluetooth通信の帯域に最適化する設計技術「High Precision Connect Technology」をFALCONでは採用していましたが、FALCON2ではアンテナ設計技術に改良を加えた「High Precision Connect Technology 2」により、従来の2倍の電波強度を実現。さらなる接続の途切れにくさを備えています。

ドライバーは引き続き「Dual-Layered Carbon Driver(D.L.C.Driver)」を搭載

ドライバーは従来モデルから引き続き、6mm径ダイナミック型の「Dual-Layered Carbon Driver(D.L.C.Driver)」を搭載。PET素材の上からカーボン繊維を貼り付けた2層振動板を採用し、同じカーボン系素材を用いるグラフェンドライバーよりも歪や高域特性で優れるというドライバーです。

なお、ドライバーは同じながら、SoCチップの変更により、再生周波数帯域が20Hz~24kHzへ拡張しています(従来は20kHzまで)。

FALCON2とFALCONを比較しての違い②外音取り込みなどの機能面

操作系は従来の物理ボタンからタッチ式に変更。また、外音取り込み機能に新対応。タッチボタンからオン/オフが可能なので屋外での急な話しかけやアナウンスの確認に即座に対応できます。

FALCON2とFALCONを比較しての違い③専用アプリにゲイン切替機能追加

専用アプリ「Noble Sound Suite」からは、従来どおりバッテリー残量の確認、10バンドのイコライザー機能、ボタンで呼び出す機能のカスタマイズやファームウェアアップデート等が利用可能。今回、さらに、イヤホンのゲインを切り替えられる「Master Gain Setting機能」も追加。好みの音質を追求できる余地が広がっています。

FALCON2とFALCONを比較しての違い④バッテリー持続時間などバッテリー関連

連続再生時間はイヤホン単体で約10時間(音量70%時)/約5.5時間(最大音量時)で、ケース充電併用で最大約50時間。

なお、FALCONのバッテリー駆動時間は、イヤホン単体で約10時間、充電ケースを併用すると最大40時間としていました。

新たにFALCON2で採用した充電ケースは軽量さを維持しつつバッテリー容量を20%増加、さらにワイヤレス充電にも対応と、使い勝手が向上しています。

ただ、充電ケースは従来はイヤホンが取り出しにくい場合もあったというユーザーの意見を反映し、取り出しやすさを重視。サイズ自体はFALCONよりも大きくなっています。

FALCON2とFALCONを比較しての違い⑤「紛失安心補償サービス」も向上

イヤホン本体(LまたはR)ならびに充電ケースのいずれか1つを紛失した場合、新品一式と有償交換できるという「紛失安心補償サービス」もFALCONの特徴でした。FALCON2ではこのサービスも改善。FALCON2では、イヤホン本体のどちらか一方を紛失した場合は新品のイヤホン本体と有償交換、充電ケースを紛失した場合はケース単体を購入できるようになり、よりユーザーに配慮した内容になっています。

デザインや防水性

FALCONでは、人間工学デザインによる「シェル設計」により長時間の装着でも耳への負担が少ないのもメリットでしたが、FALCON2でも外観に大きな変化はなく、装着性の良さは継承されているようです。

IPX7の防水性能も引き続き搭載。屋外やスポーツ時の使用にも対応できます。音質と装着性優先のため、装着時は人によっては耳から飛び出たように見える面はあるようです。

なお、本体の一部がつるつるだったために滑りやすいと言われていたFALCONですが2ではマット感を高めており、滑りにくくなっています。

ピエール瀧さんとコラボした動画でFALCON2をアピール

なお、本機についてメーカーは電気グルーヴのピエール瀧さんとコラボした動画でもアピール。知名度の高いアーティストの起用により、幅広い層への本機の浸透を図っています。

FALCON2へのレビュー・感想の傾向

さて、高音質で鳴らしたFALCONの後継機だけにFALCON2は発売後すぐに多くの人のレビュー・感想がネット上に上がってきています。

基本的に音質が売りのモデルなだけに、多くの感想では音に関する内容が主たるものになっています。やはり、音質に関しては賞賛するものが多く、さすがと言えましょう。それも、FALCONと比べても向上しているということで良いようです。

音質傾向としては正統派のフラットバランスを基調にしたモニター系というのが基本のようです。FALCONよりもその傾向は顕著なようです。イコライザーとゲイン切替もあるので、あとは自分の好みの音質に調整できるので多少好みと外れても対応はできそうです。

音質重視タイプの完全ワイヤレスイヤホンで気になりやすい無音時のホワイトノイズについては、FALCONよりも減っているという感想があります。これについては発売されたばかりでもあり、もう少し多くのユーザーの声を見てみたいところです。

そのほか、操作性や装着性などについてはあまり感想はありません。ざっくりとしたものとしては、利便性ではさすがにAirPodsとは比較できない、という感じで、本機は音質最優先で買おう、しかも高額すぎないというのが重要なようです(完全ワイヤレスイヤホン+Noble Audio)。

FALCON2のレビュー・感想(ツイッター)

FALCON2のレビュー・感想を参照(価格コム)

Noble Audio FALCON 2 NOB-FALCON 2 レビュー評価・評判
■最安価格(税込):6,600円 ■店頭参考価格帯:6,600円〜6,600円 ■価格.com売れ筋ランキング:65位 ■満足度レビュー:4.31(26人) ■クチコミ:126件 (※1月23日時点)

FALCON2のレビュー・感想を参照(アマゾン)

Amazon.co.jp : Noble Audio FALCON2

コメント

タイトルとURLをコピーしました