東芝 REGZA C350XシリーズとC340Xシリーズを比較しての違いは?

C350XシリーズとC340Xシリーズの違い

東芝の4Kテレビ・C350Xシリーズは、東芝の4K液晶テレビとしてはもっともベーシックなクラスのモデルです。

C350Xシリーズは旧来のC340Xシリーズの後継機です。どちらも手頃な価格で東芝の4K液晶テレビを楽しめるのが魅力ですが、この2シリーズには比較するとそれなりに違いがあります。その違いは単に新しいC350Xシリーズが全てにおいて優れているとも言えない点があるので、この両シリーズの違いを見極めて、自分のニーズに合ったモデルを見つけるのに役立ててみてください。

C350Xシリーズの概要

C350Xシリーズは2020年11月13日に発売。展開サイズは43、50、55型の3種類。実売価格は55型で税込み約9万円、50型で約8万円、43型で7.8万円(2021年現在)と、国内大手メーカー製の4Kチューナー内蔵液晶テレビとしてはリーズナブルなのが特徴です。

パネルはVA型でLEDバックライトは直下型。部分駆動には非対応。駆動も等速。このあたりは4K液晶テレビのベーシックモデルとしては順当な内容です。HDRは、HDR10とHLGをサポート。

テレビの画質を大きく左右する映像処理エンジンは、高速グラフィック処理が可能な「レグザエンジン Power Drive」を新搭載。また、ネット動画を高画質化する「ネット動画ビューティLE」を新搭載。「地デジビューティX」、「美肌リアライザー」といった従来からの高画質化回路は引き続き搭載。

放送だけでなく、インターネット動画配信サービス(VOD)も視聴の大きな部分を占めるようになった現状を反映しています。

対応する動画配信サービスは、Netflix、Amazon Prime Video、YouTube、dTV、ABEMA、Hulu、TSUTAYA TV、DMM.com、U-NEXT、DAZN、Paravi、スカパー! オンデマンド、Rakuten TVの全13種類で、国内の主要なサービスを網羅。リモコンにも主要VODサービスへのダイレクトボタンを搭載しています。

チューナーは、地上/BS/110度CSデジタル×2、BS/CS 4Kデジタル×1。別売のUSB HDDを接続すれば、2K、4K放送共に裏番組のシングル録画が行なえますが、W録画には対応しません。HDMI入力は3系統。

音声については、自然で明瞭な音を再現する「レグザパワーオーディオシステム」を採用。

C350XシリーズとC340Xシリーズを比較しての違い

C340Xシリーズの搭載する映像エンジンは「レグザエンジンG」で、C350Xシリーズの「レグザエンジン Power Drive」よりも旧タイプとなります。また、ネット動画を高画質化する「ネット動画ビューティLE」も搭載されていません。パネルの基本内容やHDR対応規格などは同じ。

チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2、BS/CS 4Kデジタル×2。C340XはC350Xよりも2Kチューナーが1基多いので、テレビだけでの録画は視聴中の番組以外に2番組同時録画ができます。また、C340XはSeeQVault対応となっていますが、C350Xにはその表記がありません。テレビでの録画機能を重視するならC340Xのほうが上回っている印象です。

ただ、東芝のレグザタイムシフトマシン(DBR-M4008/M3009)や、タイムシフトマシンハードディスク(D-M210)などと接続すればC350Xでも録画を存分に楽しめます。

C350XはHDMI入力は3系統ですが、C340Xは4系統。テレビに直接接続したいHDMI出力を搭載した映像機器を多く持っている方にはC340Xが適しているかもしれません。

4Kダイレクトモーション120、ダブルウィンドウ、レグザリンク・シェア対応、タイムシフトリンク対応、ゲームモード対応などといった便利な機能は同様。

そのほか、本体重量、消費電力に関してはいずれもC350Xが軽量化、省電力化を果たしています。設置しやすく、電気代のランニングコストが安いのは新モデルのC350Xと言えるでしょう。

どちらを選ぶ?

どちらも4K液晶テレビのベーシックモデルとしては十分な画質、機能を備えた優秀機と言えそうです。画質面では新しいC350Xに分がありそうです。特にネット動画を重視する人にとっては「ネット動画ビューティLE」の分C350Xにアドバンテージがあるでしょう

一方、テレビ本体での録画機能やSeeQVault対応、HDMI入力の多さを重視するのであればC340Xに分があるでしょう

C340Xシリーズは安いものの販売終了が懸念材料

そもそも、旧モデルであるC340XシリーズはC350Xシリーズよりもかなり実売価格が安く、55型で約8.8万円、50型で7.5万円、43型で6.3万円程度となっています(2021年1月現在)。ただし、C340Xシリーズはいわゆる型落ちのため、2021年の前半期間には市場在庫が無くなり、このように安くは買えなくはなりそうです。C340Xシリーズをあえて買いたいのであれば急いだほうがよさそうです(4K液晶テレビ+東芝)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました