SONY WF-1000XM4 / Bose QuietComfort Earbuds 比較・レビュー情報 その違いは?

完全ワイヤレスイヤホン

SONY WF-1000XM4のANC性能でのライバルはBoseのQuietComfort Earbuds?

全部入りとも称されるソニーの完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000XM4が6月25日に税込み実売約3.3万円で発売。業界最高水準を謳う強力なアクティブノイズキャンセリング(ANC)性能も売りですが、ANC性能の高い完全ワイヤレスイヤホンというと、BoseのQuietComfort Earbudsです。

当然、ANC性能に注目するユーザーの間では両機を比較しての結果についていろいろな感想や意見が交わされています。

両機のそれぞれの内容を踏まえた上で、購入者の比較レビュー・感想や、ニュースサイトなどの比較記事などを参考に、両機の違いに迫りたいと思います。

SONY WF-1000XM4の内容

「WF-1000XM4」の詳しい内容についてはこちらでもご紹介済み。

SONY WF-1000XM4とWF-1000XM3を比較しての違いは?
ソニーのノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」が6月25日に税込み実売価格約33,000円で発売。従来機「WF-1000XM3」と比較しての違いも交えて「WF-1000XM4」の内容・特徴をご紹介。

ポイントとしては完全ワイヤレスイヤホンとしてはじめてLDACコーデックに対応したこと。そのほか、SBC/AACコーデックをサポート。AI技術を活用してリアルタイムで音楽を解析し、最適なハイレゾアップスケーリングを行う「DSEE Extreme」にも対応。また、Hi-Res Audio Wirelessロゴ認証の取得に加え、立体音響「360 Reality Audio」の認定モデルになっています。専用アプリでの音質調整も細かく可能。また、アプリでは装着状態の最適化も可能。

ドライバーユニットには、専用設計の6mmダイナミックドライバーを採用。スピークトゥチャット機能(話し始めると自分の声に反応して外音取り込みモードに切り替わる)も新搭載。

電池持続時間(連続音声再生時間)は、イヤホン単体で最大8時間(NCオン)/12時間(NCオフ)、ケース併用時で最大24時間(NCオン)/36時間(NCオフ)。

Bose QuietComfort Earbudsの内容

Bose QuietComfort Earbuds 価格比較 - 価格.com
11段階のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。Bluetooth 5.1に対応し、機器から9m以内の範囲で使用可能。Bose QuietComfort Earbudsの最安値を見つけよう!全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあり...

一方のBose QuietComfort Earbudsは2020年10月に税別3万円で発売。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。「周囲のノイズを完全にシャットアウト」するという「フルノイズキャンセリング」を謳う、強力な騒音低減能力が売り。

11段階のノイズコントロール機能を装備。「トランスペアレンシー」と呼ぶ外音取り込み機能を搭載。

Bluetoothはバージョン5.1。対応コーデックはSBC・AAC。イヤホン本体はIPX4相当の防滴・防汗性能を装備。操作はタッチ式。

バッテリー駆動時間はイヤホン本体で最大6時間、充電ケースとの併用で合計最大18時間の利用が可能。15分のクイックチャージで最大2時間の連続再生が可能。充電ケースは、Qi規格のワイヤレス充電マットに対応。

ソフトシリコン製イヤーチップ「StayHear Maxチップ」も付属。ボディカラーは、トリプルブラック、ソープストーン。

内容をおおまかに見てみると、ソニーの多機能性や高音質志向は明らか。BoseはANC機能の開発メーカーであり、常に業界最高水準のANC性能を持つ機器を販売し続けてきただけに、この点ではソニーであっても譲れないように見えます。

両機を比較した内容を含むニュース記事

ソニー「WF-1000XM4」をさっそく聴いた。音やNC性能の実力は? (2)
ソニーが発表した新たな完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」。ひと足早く実機を試し、ファーストインプレッションをお届けします。
ソニーの「WF-1000XM4」は、ワイヤレスイヤフォンの新たな頂点に立った:製品レヴュー
ソニーがワイヤレスイヤフォンの新モデル「WF-1000XM4」を発表した。極めて優れたノイズキャンセリング性能と高い音質のバランスが際立っていた旧モデルは王座に君臨し続けたが、その優れた点を新型は受け継ぎ、着実に進化させている──。『WIRED』UK版によるレヴュー。
Sony WF-1000XM4 vs Bose QuietComfort Earbuds: which are better?
Two pairs of brilliant noise-cancelling earbuds battle it out

両機を比較した内容を含む個人レベルの記事

『QuietComfort Earbudsとの比較』 SONY WF-1000XM4 (B) [ブラック] cat666さんのレビュー評価・評判 - 価格.com
『QuietComfort Earbudsとの比較』 SONY WF-1000XM4 (B) cat666さんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。

両機を比較した内容を含むレビュー・感想(ツイッター)

両機の比較記事、レビューなどを総合的に判断すると

以上の両機の比較記事、レビューなどを総合的に判断すると、ANC性能の絶対値のようなものはQuietComfort Earbudsが上回っている印象。とにかく騒々しいところで、より騒音を低減したいならBoseが適しているようです。

ただ、ANCを強めたときに耳に感じる違和感はBoseのほうが大きいと感じる場合はあるようです。調整は可能ですが。

屋外で完全ワイヤレスイヤホンを使用する際に重視される「外音取り込み機能」についてはQuietComfort Earbudsが上回っているようです。どうもWF-1000XM4はBoseに限らず、外音取り込みの品位が他のイヤホンよりも劣っていると言われることが多いようです。

音楽再生の音質についてはWF-1000XM4が優れているようです。WF-1000XM4は好みの音質にアプリで細かく調節できるのもアドバンテージでしょう。ハイレゾ対応、ハイレゾ化アップコンバートなど、高音質のための装備、機能も満載です。

フィット性については、WF-1000XM4のほうが汎用的なイヤーピースも使え、フィット感を適切に調整できるアプリもあるので、WF-1000XM4のほうが有利のようです。

ただ、QuietComfort Earbudsは密閉度のやや低いインナーイヤー的設計であり、WF-1000XM4は密閉度の高いカナル型。となると、ランニングなどの動きのある状態で振動が耳に伝わりやすいのは密閉度の高いWF-1000XM4になりかねません。スポーツ時に使用する場合はBoseのほうがいいかもしれません。もともと、Boseはスポーツ時にも快適に使えるイヤホンの設計に長けており、このあたりではアドバンテージがあるようです。

本体、充電ケースを含めた携帯性はWF-1000XM4のほうが有利のようです。QuietComfort Earbudsはややこの要素を犠牲にしてもANC性能やスポーツ時の使いやすさを優先しているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました