audio-technica ATH-TWX9 レビュー・音質情報

イヤホン

audio-technica ATH-TWX9 約3.3万円の新フラグシップ完全ワイヤレスイヤホン

オーディオテクニカ(audio-technica)は、完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデル「ATH-TWX9」を、202年9月3日に発売。オープン価格で税込みの実売価格は33,000円前後。

自社で一から新規設計5.8mm口径ドライバー

妥協のない音質を極限まで追い込んだというドライバーを、自社で一から新規設計。口径は比較的コンパクトな5.8mmで、「静寂空間の中で、伸びやかな高域や粒立ちの良い繊細な音の鳴りを体験できる」としています。小型ドライバーでも豊かな音を奏でられるように、外磁型の磁気回路とエッジマウント方式を採用。

ドライバーの出力を高める磁気回路と、ステンレス製の薄型プレートで振動板を固定することで、振動板の駆動面積を極限まで広げ、「同口径のドライバーサイズを超えた、エネルギーに満ちた量感あふれる音を再生する」としています。

振動板は3層マルチレイヤーで、高い剛性と振動抑制能力により過渡特性に優れ、不要な付帯音をまとわず雑味のない、キレの良い低域と伸びやかな高域を表現。

再生周波数帯域は10Hz~40kHzと完全ワイヤレスイヤホンとしては文句なしのワイドレンジ。

「Snapdragon Sound」に対応 最大96kHz/24bitまでの伝送に対応

Qualcommの最新サウンドプラットフォーム「Snapdragon Sound」に対応。対応機器と連携させることで、最大96kHz/24bitまでの伝送ができます。

Bluetooth 5.2準拠で、コーデックはSBC、AACのほか、aptX、aptX Adaptiveをサポート。aptX Adaptiveでは最大96kHz/24bitまでの伝送ができます(「Snapdragon Sound」対応でないaptX Adaptive送信機器では48kHz/24bit)。

通話品質を高めるaptX Voiceにも対応。ソニーの立体音響技術「360 Reality Audio」認定も取得、音声アシスタントのAmazon Alexaも利用可能。

マルチポイント機能や多機能な専用アプリ

そのほか、左右独立伝送の「Qualcomm TrueWireless Mirroring」や、音と映像のズレを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)、2台のBluetooth機器に同時接続できるマルチポイント機能にも対応。操作系はタッチと物理ボタンを併用。音質調整や操作カスタマイズなども可能な専用アプリ「Connect」も用意。専用アプリでは、使用環境に合わせたノイズキャンセリング効果を設定、接続端末の変更、コーデックの変更、低遅延モードへの変更、音量調整のピッチを変更なども可能。左右バランスも200段階で調整が可能。

ボリュームステップはAndroidやiOSデフォルトの16ステップからアプリで64ステップまで拡張可能。

■タッチ操作
===右タッチ===
・1回 なし
・2回 なし
・2秒長タッチ 音声コントロール
===左タッチ===
・1回 なし
・2回 モード切替
・3秒長タッチ ノイキャンの最適化
■ボタン操作
===右ボタン===
・1回 再生/停止
・2回 曲送り
・3回 曲戻し
===左ボタン===
・1回 音量増
・2回 音量減
・3回 クイックヒアスルー

ハイブリッド方式のデジタルノイズキャンセリング技術も多機能

ハイブリッド方式のデジタルノイズキャンセリング技術を採用し、左右のイヤホンにノイズキャンセリング用小型MEMSマイクをそれぞれ2基ずつ搭載。

また、装着時にイヤホンから検査音を出力し、内蔵マイクで音の密閉度を集音。その集音した音の特性から、イヤホンを使用する人に最適なノイズキャンセリングフィルターが適用される「パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステム」も採用。

装着時、イヤホンを長押しするだけで周囲環境の騒音レベルを計測し、自動的に最適なノイズキャンセリング特性が適用される「オプティマイズ・ノイズキャンセリングシステム」も利用可能。プリセットのノイズキャンセリングモードとして「Airplane」「On The Go」「Office/Study」「Home」「Train」の5種類も用意。

通話とヒアスルー機能

イヤホンには通話用のMEMSマイクも2箇所に配置。ビームフォーミングマイク技術により、雑音が多い環境でも相手に明瞭な声を届けられる。自分の声をイヤホンに戻すことで話しやすくなるサイドトーン機能も搭載。

音楽再生中・通話中ともに外の音を自然に取り込むヒアスルー機能(外音取り込み機能)を搭載。専用アプリから取り込みレベルを5段階で調整できる。ワンアクションで外音を取り込むクイックヒアスルー機能も搭載。

付属のイヤーピースは、小型で耳のくぼみへ滑り込むような形状で耳に収まり、自然に装着できる人間工学に基づいた設計で、異なる硬度のシリコンを使ったハイブリッド構造。導管の長さが異なる3種類(Short/Standard/Long)のイヤピースがサイズごと(XS/S/M/L)、計12種類付属。

充電ケースに深紫外線除菌システムを搭載しているのも大きな特徴

充電ケースには深紫外線除菌システムを搭載しているのも大きな特徴。イヤホンを収納すると、細菌やウイルスを除菌する深紫外線LEDが照射され、イヤーピースの表面除菌が行なわれます。イヤーピース表面に付着する細菌やウイルスを約70秒間の照射で除菌すると謳っています。

バッテリー持続時間はイヤホン単体で最大約6時間。ケース併用で最大約18.5時間。充電時間はイヤホンが約2.5時間。充電ケースはUSB充電時で約3.5時間。充電ケースはQi規格のワイヤレス充電にも対応。ワイヤレス充電時で約5時間。

イヤホン本体のみIPX4の防滴仕様。重さはイヤホン片側約5.4g、充電ケース約55.9g。充電用USBケーブルなどが付属。

audio-technica ATH-TWX9 レビューサイト情報

オーディオテクニカ ATH-TWX9 レビュー評価・評判 - 価格.com
オーディオテクニカ ATH-TWX9を、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。
オーディオテクニカ「ATH-TWX9」速攻レビュー!これは“最高音質”の傑作完全ワイヤレスだ (1/2) - PHILE WEB
オーディオテクニカ「ATH-TWX9」速攻レビュー!これは“最高音質”の傑作完全ワイヤレスだ
ATH-TWX9 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
オーディオテクニカ「ATH-TWX9」実機レビュー!ほぼ最強のフラッグシップ無線イヤホン爆誕
「aptX Adaptive」コーデックや「Snapdragon Sound」、ノイキャン・ヒアスルー等に対応した完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」を購入しました。 以下、レビューをお届けしま
独自のデザイン、機能が盛り込まれた完全ワイヤレスイヤホン オーディオテクニカ ATH-TWX9 レビュー
オーディオテクニカ ATH-TWX9をレビューしました。独自のデザインですし、除菌機能やタッチ操作と物理ボタンでの操作の併用のような他にあまりない機能が盛り込まれていながらも、基本の機能も損なわれておらず、非常に使い勝手の良い完全ワイヤレスイヤホンだと思います。
【音質レビュー】audio-technica ATH-TWX9は欲しい音質と機能を実現したノイキャンワイヤレスイヤホン
オーディオテクニカの最新完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」は、厚みのあるサウンドとノイキャンなど豊富な機能に加え、除菌システムを搭載した充電ケースなど欲しかった!を実現したイヤホンです。音質レビューを交えながら紹介します。

audio-technica ATH-TWX9 各種レビューから読み取れる傾向

これまで、オーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホンというと、何か突き抜けていないような完成度の低さというか、ソニーのような機能性にいまひとつ欠ける印象でした。また、ハイレゾコーデックへの対応もパナソニックあたりどころか、アンカーのような海外メーカーにも置いて行かれているようなイメージでした。

しかし、本機はこれまでのイメージを一気に一新できるような充実した内容に思えます。充電ケースには深紫外線除菌システムを搭載しているというなかなか他にはない(フィリップスに同様の機能のモデルがあるようです)特徴も持ち合わせています。

とにかく、高音質を謳う完全ワイヤレスイヤホンの装備として、96kHz/24bit伝送対応はもはや必須であり、「Snapdragon Sound」対応としてこのレベルを実現していることは大きいでしょう。

ANCについても、まるでソニーのようにきめ細かい動作の最適化が可能なようで、国内メーカーでは随一の充実ぶりに感じます。

各種レビューでの音質などの評価を見ると、高解像度や情報量、ワイドレンジを押し出したような、いかにもハイレゾ、というサウンドではなく、中低音よりで聴き疲れしにくい自然なバランスにまとめているようです。このあたりは、いかにもハイファイなハイレゾサウンドを求めて本機を買おうという向きには注意が必要かもしれません。ある程度は専用アプリの音質調整で好みの音に寄せられるかもしれませんが。

ANC性能は十分高いようですが、外音取り込みの品位がソニーやアップルなどのライバルに及ばないという意見が多く見られます。風切り音もやや強いという感想が見られます。通話性能は十分高いようです。

高性能・高音質機ながら小型・軽量であることはメリット。この点ではソニーやアップルなどのライバルを凌駕しているようです。小型ボディによる装着感の良さもポイント。

3万円で全部入りの完全ワイヤレスイヤホン

総じて、価格と内容のバランスが充実している総合力に優れた完全ワイヤレスイヤホンと言えるようです。海外メーカーではもっと高額でANCも付いていないモデルもあるだけに、コスパも高いと言えるようです。3万円で全部入りの完全ワイヤレスイヤホン、といったところでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました