JVC HA-A50T ハイコスパなNC搭載TWSイヤホン!レビュー・感想情報も

完全ワイヤレスイヤホン

JVCブランドのアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「HA-A50T」

JVCケンウッドはJVCブランドのアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「HA-A50T」を11月12日に発売しました。オープン価格で実売価格は税込み9,900円程度。

大手メーカー製ANC搭載TWSイヤホンとしてこれまでで最も安価な製品

大手メーカー製のANC搭載完全ワイヤレスイヤホンは珍しくありませんが、本機は国内外の大手メーカーとしてはじめて税込みの実売価格で1万円を切る安さが最大の特徴であり魅力となるモデル。

それでいて内容にも手抜かりはなく、かなりのハイコスパモデルとなっています

音質の要であるドライバーは内容充実

イヤホン部は高磁力ネオジウムマグネット採用の口径10mmダイナミックドライバーを搭載。本機よりも高価な完全ワイヤレスイヤホンでも10mm径よりも小型のユニットを採用しているモデルが少なくないなか、本機のユニットはその点だけでも有利です。音質面では低音や音のスケール感の点でのメリットが考えられます。

このようにやや大きめのユニットを採用している背景としては、やや高額機では音質だけでなく、本体の小型・軽量化にも腐心していることから小口径気味のユニットを採用しがちという最近の傾向もあるようです。

本機は高額機のようなコストをかけてまでの小型化には注力しない分、大口径のユニットを採用できたのかもしれません。イヤーピースはシリコン3サイズ、ウレタン2サイズと豊富に付属。

ANC機能と外音取り込み機能など

ANC機能についても、他社の高額機のようなイヤホンの内外に1つづつ収音マイクを搭載する凝った構成ではなく、1つのマイクのみで収音するタイプ。といっても、他社の比較的高額なANC機でもマイクは1つというのも珍しくないので(ゼンハイザーやオーディオテクニカなど)、これも単に低価格だからだ協したというほどでもありません。

ワンタッチで音量を下げてマイクで外音を取り込み、装着したまま会話も可能な「タッチ&トーク機能」も装備。いわゆる外音取り込み機能で、ANC機能の有無に関わらず便利な機能なので、利便性の高さを確保しています。

通話用マイクも搭載し、ハンズフリー通話やテレワーク使用も可能。ペアリングしたデバイスの音声アシスタント起動にも対応。

操作関係も充実

本体での操作系はタッチ式。電源のオン/オフ、ボリューム調整、再生/一時停止/曲送り/曲戻しなど基本操作のほか、ノイズキャンセリング機能のオンオフ、タッチ&トーク機能操作も可能な多機能さを備えています。低価格モデルではボリューム調整には対応していないモデルもあるだけに、操作の利便性もしっかり確保しています。

専用充電ケースへの出し入れにより自動で電源のON/OFFやワイヤレス接続ができる、オートオン/オフ&オートコネクト機能も搭載。

対応コーデック、再生時間

Bluetoothはバージョン5.0。コーデックはSBC/AACをサポート。これも大手メーカー製の安価なベーシッククラスのモデルではAACコーデックに対応しないことも多いだけに、AACへの対応はありがたいところです。

イヤホン本体の連続再生時間は、ノイズキャンセリングONの状態で約6時間、付属の専用充電ケースと併用して最大約24時間の使用が可能(ノイズキャンセリングOFFではイヤホン単体が約8時間、ケース併用で最大約32時間)。充電端子はUSB-C。本体の防水性はIPX4。これはそこそこのレベルで、雨の中や汗だくになってのスポーツ時の使用には向かないでしょう。普通の日常的な利用に適しています。

デザイン・カラーはオーソドックスもブランドバリューは武器

本体カラーはブラック/ブルー/トープの3色。デザインも特に奇を衒ったところのないオーソドックスなもの。強いて言えば女性向けのおしゃれさやポップさは少なく、実用性を重視した外見と言えそうです。本体も充電ケースも見た目はプラスチックそのもので、特に高級感はありません。

ただ、JVCというロゴはしっかり入っているので、いわゆる知名度の低い(怪しい?)中華メーカー品とはアピールできるネームバリューは比較にならないでしょう。

購入者のレビュー・感想はかなりの高評価が中心

価格面とメーカーのバリュー面の両方から発売前から注目されており、また、幅広いライトユーザーにもアピールできる要素も多く、家電量販店での店頭展示も期待できることなどが重なっており、発売直後から多くのユーザーが購入し、その感想・レビューをネット上に上げています。

総じて、価格を考慮すると大変に満足度が高いという感想が多いようです。ライトユーザー層にとっては特に不満のない大変優れたイヤホンのようです。

ライトユーザーよりも的確で、時には厳しい評価も下すことが少なくないイヤホン愛好家と思われるユーザーから見ても、ノイズキャンセリング性能は価格を考慮すると優秀ということでいいようです。

音質についての感想の傾向

ただ、音質については厳しく見ると高音の伸びが足りないとか、音の情報量に価格なりの限界を感じるといった意見はあります。といってもこれもかなりイヤホンに高いものを求めるマニアレベルの注文であり、やはり普通のユーザーレベルであればこれ以上は要らないのではないかという音質に巧みにまとめられているようです。低音やスケール感はさすがに10mmの大口径のためか良好なようです

音については音質を変えられる専用アプリはありませんが、汎用アプリでイコライザーを効かせることで好みの音に近づけているユーザーもいました。

サイズの割に装着感も良好

装着感や使用感については、サイズは結構大きいものの、全体の設計が巧みなためか、それほど大きくは感じず、装着感も良好という意見が多いようです。本体重量は片側7.1gですが、これもあまり重さを感じないという意見が多いようです。

付属イヤーピースが合うか合わないかは個人差は大きいようです。この点は他のイヤーピースを使うことで改善できるでしょう。なお、JVCは11月に発売した完全ワイヤレスイヤホン3モデルにも最適という単売イヤーピース「スパイラルドットSF EP-FX11」も発売。こちらを使用して装着感を高めることもできるでしょう。

本体で電源オン・オフできるのは便利

本体で電源のオン・オフができることをアドバンテージとしている人もいます。これにより、いわゆるケースレス運用ができるため、重視する人いるからです。その本体電源オンについても、5秒長押しのため、簡単に誤動作しないように配慮されています。

あえて気になる点は

それでもあえて気になる点として、「タッチ&トーク機能」を使うと再生中の音楽の音量はかなり小さくなること、本体のLEDが5秒に一回光ること(このような点滅をホタルといって嫌う向きもあります)をマイナス点として挙げる人もいます。もっともLEDの点滅は下向きのためあまり目立たないようですが。aptX非対応を弱点とする人もいますが、さすがにこの価格と内容では無くても評価を大きく下げる要因にはならないでしょう。

総じて、2020年に発売されたすべてのANC搭載完全ワイヤレスイヤホンのなかでも、特にコスパの高さにおいてあるいは最も高い評価を受けられる名機と言えるのではないでしょうか。

JVC HA-A50T 購入者などのレビュー・感想(ツイッター)

JVC HA-A50T 購入者などのレビュー・感想(2chまとめ)

HA-A50T 発売!購入者の感想は?NC性能は意外に高い! : 音響のまとめ
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワントンキン MM62-xOwc) 2020/11/08(日) 17:38:14.68 ID:1jdZhXfcM 今週はノイキャンTWS新製品が4つ(5つ?)も発売だ JVC A50T オーテクCKR70TW JBL CLUB PRO+ TWS Jabra 85t ...

JVC HA-A50T 購入者などのレビュー・感想を参照(価格コム)

JVC HA-A50T レビュー評価・評判
■最安価格(税込):9,484円 ■店頭参考価格帯:9,590円〜9,801円 ■価格.com売れ筋ランキング:124位 ■満足度レビュー:4.01(21人) ■クチコミ:41件 (※9月30日時点)

JVC HA-A50T 購入者などのレビュー・感想を参照(アマゾン)

Amazon.co.jp: JVC HA-A50T-B 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング 最大32時間再生 生活防水仕様 低反発イヤーピース付属 Bluetooth Ver5.0対応 ブラック : 家電&カメラ
Amazon.co.jp: JVC HA-A50T-B 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング 最大32時間再生 生活防水仕様 低反発イヤーピース付属 Bluetooth Ver5.0対応 ブラック : 家電&カメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました