qdc TIGER レビュー・音質情報

イヤホン

qdc TIGER 6BA+2EST構成の高級ユニバーサルイヤホン 約27万円

アユートは、qdcの有線イヤホン「TIGER」を2022年10月8日に発売しました。価格は269,980円(税込)。

2022年の干支が寅年であることから“TIGER”と名付けられたという高級ユニバーサルモデル。同ブランドのハイブリッド型フラグシップ機「Anole V14」の下位モデルにもなります。

片側にBAドライバー6基(低域、中域、高域2基ずつ)と2基の静電ドライバーを搭載する6BA+2ESTのハイブリッド構成。4wayクロスオーバーを採用。

筐体は、ダークグレーカラーのチタンメタルを特殊加工し形成。人間工学に基づいたIDデザインを採用。

フェイスプレート部デザインは、中空彫刻工芸を用いることで立体的な虎模様を表現。ローズゴールドの内層によって「王者の風格」を表すデザインを施したとしています。虎ということで、モデル名とも合致したデザインとなっています。

再生周波数帯域は10Hz – 70kHz、感度は105dB(SPL/mW)、インピーダンスは15Ω、外音遮断は26dB。

付属ケーブル長は約120cm。イヤホン側プラグはqdc独自の2ピン構造を採用。プレイヤー側プラグは2.5/3.5/4.4mmをスイッチできるL字のモジュラープラグを装備。さらに、3.5mm to 6.3mm変換プラグも同梱されるので、追加オプションなどを買うことなく、幅広いイヤホン端子と接続できます。

付属品として通常のシリコンイヤーピースとダブルフランジタイプをそれぞれ3ペア(S/M/L)、フライトアダプター、3.5mm to 6.3mm変換プラグ、クリーニングツール、キャリングケースを同梱。

qdc TIGER レビューサイト情報

qdc TIGER 【QDC-TIGER-S】 レビュー一覧 / e☆イヤホン

qdc TIGER レビュー・感想(ツイッターから 試聴感想含む)

qdc TIGER 各種レビューから読み取れる傾向

6BA+2ESTという構成や、上級機の「Anole V14」から想像されるように、やはり、解像度の高い情報量豊富なサウンドで、音抜けやキレのよさも特徴のようです。楽音の分離に優れており、とくにポップス系の電子楽器を整然と分解して聴けるような凄みがあるようです。

一方、低音は弱くはなく必要十分なようで、また、気になりそうな高域のきつさも抑えられているようで、音楽を聴くのにうまくバランスを取っているような印象です。

この価格ですから、リファレンス的な優等生というよりも、好き好きの出るある程度個性のある音作りにはなっているでしょうが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました