YAMAHA RX-A2A/RX-V4A/RX-V6A 無償基板交換 4K/120Hz入力不具合に対応

AVアンプ

YAMAHA RX-A2A/RX-V4A/RX-V6A 無償基板交換 4K/120Hz入力不具合に対応

ヤマハは、同社のAVアンプ「RX-A2A」「RX-V4A」「RX-V6A」が、一部の次世代型ゲーム機およびグラフィックボードから4K/120Hz信号を入力した際、映像や音声が出力されない問題が明らかになっている不具合について、今後無償の基板交換対応を行うことで対応すると発表しました。

上記3モデルではもともと、後日のファームウェアアップデートによりHDMI 2.1の機能のうち4K/120Hz入力への対応を予定していたものですが、ファームウェアアップデートでは対応しきれない機器が出たために物理的に基板を交換しての対応となるものです。

具体的には次世代ゲーム機「Xbox Series X」、およびグラフィックボード「NVIDIA GeForce RTX30シリーズ」から4K/120Hz信号を入力した場合に、映像や音声が出力されない不具合があるとのことです。

基板交換対応の申込方法等詳細については、2021年9月頃に同社WEBサイト等にて改めて告知するとのこと。また、基板交換対応は開始月から24カ月間に渡り無償で実施するとしています。

なお、5月13日に発表した「RX-A8A」「RX-A6A」「RX-A4A」の3モデルについてはすでに対策済みのため、今後基板交換の必要はなく、後日のファームウェアアップデートにより4K/120Hz入力が問題なく使用できる予定となっています。

いま、ヤマハのAVアンプを買うのであれば、最初から対策済みの「RX-A8A」「RX-A6A」「RX-A4A」にしたいところですが、内容や価格が違うので、一概に言えません。予算や使い方によっては、「RX-A2A」「RX-V4A」「RX-V6A」を選ぶ場合も大いにあり得ます。その場合でも基板交換にはなることに留意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました