HiBy WH3 / WH2 世界初のLDACコーデック対応完全ワイヤレスイヤホン!

完全ワイヤレスイヤホン

HiBy WH3 世界初のLDACコーデック対応完全ワイヤレスイヤホン

DAPやBluetoothレシーバー、そして音楽再生用スマホアプリで有名な中国・HiByから、世界初と思われる、LDACコーデック対応完全ワイヤレスイヤホン「WH3」が発表されました。

本国での価格は1,098人民元(約17,000円)。

LDAC以外にも注目の特徴

BluetoothチップにはQualcomm 「QCC5121」を採用し、TWS Plusにも対応。接続安定性の向上も狙います。Bluetoothのバージョンは5.0。

対応コーデックはSBC・aptX・AAC・LDACに加え、HiBy独自で、ハイレゾ相当伝送が可能なUATに対応するのも大きな特徴です。UATはLDACをも超える最大192kHzまでの伝送が可能な高品位コーデック。送信にも対応機器が必要ですが、HiByのスマホ用アプリを導入することで送信可能にできるなどの方法があり、こちらもLDAC同様に注目です。

なお、本機での伝送ビットレートはLDACが最大990kbps、UATは最大550kbpsとなっており、ともに最大96kHz/24bitまでの伝送となっています。

イヤホン自体もかなり意欲的な内容

また、HiByはDAP、Bluetoothレシーバーいずれにおいても、ハイコスパであると同時に高音質にもこだわっていて、本機もイヤホンそのものとしてもかなりの高音質を狙っています。

まず、完全ワイヤレスイヤホンとしては現在でもあまり採用例のないBA型とダイナミック型のハイブリッド構成を採用。音質向上は見込めますが、バッテリー消費が大きい、本体サイズが大きくなるといった理由で、大手メーカーではまだ及び腰の構成です。

本機では1BA+1DDの構成を採用。さらに、DSPによりクロスオーバーが可変、アンプは各ドライバーごとに独立のバイアンプ駆動と、Bluetoothイヤホンでここまで凝った内容のものはほかに見当たらないほどです。イヤホンの重量は片側6g。

バッテリー持ちは健闘

相当音質に凝っていますが、こうなると心配なバッテリー持ちですが、これは5時間と健闘。また、充電の利便性を大きく向上できるワイヤレス充電(Qi)に対応しています。付属の充電ケースの使用で最大24時間の再生が可能。付属充電ケースの重量は53gです。

本体と充電ケースのカラーは白。イヤホンのデザインはAirPodsに類似していて、いわゆるうどん形状。AirPodsに見た目は似ていますが、形式は遮音性の高いカナル型です。

なお、じつは同時に下位モデルとなるLDAC対応の完全ワイヤレスイヤホン「W2」も898人民元(約14,000円)で発表されていました。対応コーデックなどは同じですが、ユニット構成がダイナミック型1基とごく普通になっています。また、デザインもかなり違います。Qiにも非対応。この価格差でこの内容の違いであれば、「W3」を選びたいところです。

とにかく、大注目の新製品。日本でも発売されることを期待します。

初のLDAC対応完全ワイヤレスイヤホンはソニー以外でした

LDACコーデックはソニーが開発したものですから、LDAC対応完全ワイヤレスイヤホンはソニーに期待が集まっていたと思いますが、中国の新興オーディオメーカー、しかも、ポータブル機中心のメーカーに持っていかれるのは、まさに現在の世界の工業界の状況を示しているようです。

いずれにせよ、技術的な困難をクリアして、ソニーも含めた多くのメーカーからLDAC対応完全ワイヤレスイヤホンが出てくることも期待したいところです(完全ワイヤレスイヤホン+HiBy)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました