KBEAR ST1 低価格1DDイヤホン レビュー・音質情報など

中華イヤホン

KBEAR ST1 1DD構成の低価格中華イヤホン

KBEAR ST1は中国KBEARブランドによる低価格な有線カナル型イヤホン。ダイナミック型1基構成。国内アマゾン価格は1,599円(マイクなし)で、セール時には千円台前半になるほどリーズナブルな価格帯のモデル。

ケーブル下出し型のオーソドックスなタイプ

安いとは言ってもこの価格帯のイヤホンも増えていますが、本機はイヤホン全体でも少なくなっている、ケーブル下出し型のオーソドックスな円筒形タイプで、いわゆる耳掛け型ではありません。

ハイコスパなイヤホンを得意にしているKBEARブランドということもあって、この価格とは思えない贅沢な振動板と立派な金属筐体が魅力。

「KBEAR ST1」は高分子ポリマー(PET)振動版を採用した8.7mmサイズのダイナミックドライバーをシングルで搭載。イヤホン本体はCNC加工されたアルミニウム合金製で金属製ハウジングを採用。本体は片側5g。イヤホン本体の左右の見分けがつきやすい様に赤(右)と青(左)のラインが入っています。ステムノズルにはメッシュフィルターがあり異物混入による故障を防げます。

リケーブルはできませんが、3ボタン仕様のリモコンマイク付きモデルを100円増しで選択することもできます。イヤーピース(S/M/Lサイズ)、布製ポーチも付属。

耳掛け型は苦手というようなイヤホン初心者の方や、耳掛けではないタイプのカナル型イヤホンのベーシックなモデルを求めている方に適していそうです。

レビューから読み取れる音質傾向

音質は著名レビュアーの方によると一言で「明瞭感のあるドンシャリ」とのこと。低価格イヤホンはいわゆるドンシャリ傾向は多いものの、一方で、音のクリアさ、明瞭さに欠けることが多く(なんとなくモヤモヤしている感じ)、そのことがイヤホンに詳しくない人にも安いイヤホンの弱点として認識されがちです。

本機ではさすがにブランドのノウハウや振動板、金属ハウジングの効果などにより、そうした、低価格イヤホンにありがちな音質的弱点をうまく払拭しているようです。

低音をあまり多くしていないチューニングらしく、明瞭さの背景にはこうした音域バランスの取り方もあるのかもしれません。

非耳掛けカナル型イヤホンの低価格モデルとして価値がありそう

千円台前半のほかの実力機「KBEAR KS1」や「KZ EDX」などのほうがリケーブル可能な面も含めて音質的ポテンシャルが高いようですが、これらはいずれも耳掛けタイプ。

本機はケーブル下出しタイプでオーソドックスかつ品位も確保した低価格カナル型イヤホンという点ではなかなか価値のあるイヤホンと言えるのではないでしょうか。

KBEAR ST1 レビューサイトの情報

「KBEAR ST1」 千円台で買えるお手軽カナル型も「良い音」で楽しみたい。様々な用途で楽しめる金属ハウジングの低価格中華イヤホン【レビュー】 : bisonicr keep walking.
こんにちは。今回は「KBEAR ST1」です。最近の中華イヤホン界隈はハイスペック化やハイグレード化は進むなかで、一部のノーブランド品を除くと耳掛けタイプが主流になっていますね。しかしマニア以外の方からするとむしろ「ちょっと敷居が高い」印象を持つかもしれません。低

KBEAR ST1 レビュー・感想を参照(アマゾン)

Amazon.co.jp: 【2021進化版】有線イヤホン 高音質 カナル型イヤホン 重低音 超軽量 金属イヤホン インナーイヤー型 音漏れ防止 音量調整 クリア 通勤 ゲーミング 通話ステレオ Android/PC多機種対応 3.5mm有線オンイヤーヘッドホン 収納ポーチ付き(シルバー・マイク付き): 家電・カメラ
Amazon.co.jp: 【2021進化版】有線イヤホン 高音質 カナル型イヤホン 重低音 超軽量 金属イヤホン インナーイヤー型 音漏れ防止 音量調整 クリア 通勤 ゲーミング 通話ステレオ Android/PC多機種対応 3.5mm有線オンイヤーヘッドホン 収納ポーチ付き(シルバー・マイク付き): 家電・カメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました