SONY SA-RS5 レビュー・音質情報 SA-RS3Sとの比較・違いも

スピーカー

ソニーのワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」

ソニーは、ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」を2022年5月21日に発売しました。オープン価格で、税込75,000円前後(ペア)での実売価格となっています。

同社のサウンドバー「HT-A7000」と組み合わせて「360 Spatial Sound Mapping」に対応

同社のサウンドバー「HT-A7000」と組み合わせることで、独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応するワイヤレスリアスピーカー。現状ではHT-A7000専用となりますが、今後360 Spatial Sound Mappingに対応するサウンドバーが登場すれば、それらの機種とも接続できるようになるとしています。

360 Spatial Sound Mapping

360 Spatial Sound Mappingは、独自のモノポールシンセシス技術と音場最適化技術によってファントムスピーカーを理想的な位置に自動で生成し、サラウンド空間を創出するという技術。また、「SA-RS5」は左右ともにマイク2基を備え、サウンドバーとリアスピーカーの両方でキャリブレーションを実施。「SA-RS5」本体を移動して設置した場合でも、本体天面にあるオプティマイズボタンを押すだけで、簡単に音場を最適化できます。

これまではソニーのホームシアターシステムで、4本のワイヤレススピーカーで構成された「HT-A9」でしか利用できなかった技術ですが、「HT-A7000」とワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」、あるいは同じくワイヤレスリアスピーカー「SA-RS3S」との組み合わせでも利用できるようになったものです。

SA-RS5の内容

「SA-RS5」は、正面にツイーターとウーファー、天面にイネーブルドスピーカーを搭載。低音再生能力を高めるパッシブラジエーターも搭載。

さらに、バッテリーを内蔵し、フル充電で最大10時間の再生に対応。10分の充電で最大90分使用できます。充電用のACアダプター2つが付属し、もちろんACアダプターで電源に接続しながらの使用も行えます。

本体サイズは1台あたり145(幅)×250(高さ)×134(奥行)mm、重量は2.4kg。

SA-RS5とSA-RS3Sの比較・違い

ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS3S」は、「HT-A7000」と同時に発売(2021年8月)されたモデル。税込み実売価格は約4.4万円。「SA-RS5」同様に「HT-A7000」専用のワイヤレスリアスピーカーで、360 Spatial Sound Mappingにも対応していますが、「SA-RS5」とはいくらか違いがあります。

「SA-RS3S」は本体サイズは1台あたり100×187×100mm、重量は1.1kgと、「SA-RS5」よりも小型・軽量。設置性は優れているかもしれません。

ただ、スピーカーの構成は「SA-RS5」のように立体音響効果を高めるイネーブルドスピーカーは搭載していません。また、低音再生能力を高めるパッシブラジエーターも搭載していません。ツイーターとウーファーはどちらも搭載していますが、「SA-RS5」のツイーターは14mm口径のソフトドーム型、「SA-RS3S」は16mm口径のソフトドーム型となっています。

さらに、「SA-RS5」のようにバッテリーは内蔵しておらず、AC電源専用です。

立体音響効果、スピーカーとしての基本的な再生能力、ワイヤレスの利便性の追求の3つの点で「SA-RS5」は「SA-RS3S」よりも優れている点で違いがあると言えるでしょう。

SA-RS5 SA-RS3S 比較表

『SA-RS5』 『SA-RS3S』
ソニーストア販売価格 74,800 円(税込) 52,800 円(税込)
ツイーター 搭載(14mm ソフトドーム) 搭載(16mm ソフトドーム
ウーファー 搭載(パッシブラジエーター 搭載(バスレフレックス)
イネーブルドスピーカー 搭載 非搭載
内蔵バッテリー 対応 非対応
チャンネル数 6ch(L:3ch+R:3ch) 2ch(L:1ch+R:1ch)
ACアダプター 対応 対応
壁掛け 対応 対応
外形寸法(幅x高さx奥行き) 145mm×250mm×134mm 100mm×187mm×100mm
質量 2.4kg/個 1.1kg/個

SONY SA-RS5 レビューサイト情報

ソニー「SA-RS5」実力チェック! 独自の立体音響技術で「部屋の広さを遥かに超えた音空間」を実現 (1/3) - PHILE WEB
ソニー「SA-RS5」実力チェック! 独自の立体音響技術で「部屋の広さを遥かに超えた音空間」を実現
【レビュー】完全ワイヤレスで使えるリアスピーカー『SA-RS5』ショールーム実機レポート - ソニーの新商品レビューを随時更新! ソニーストアのお買い物なら正規e-Sony Shop テックスタッフへ
5月21日発売の新製品「SA-RS5」をソニーストア銀座で試聴させてもらってきました。 この製品は今のところサウンドバー「HT-A7000」でしか使えないアクセサリー製品になるのですが「HT-A7000」の本体ソフトウェ
360立体音響を楽しめるリアスピーカー『SA-RS5』海外のレビュー
HT-A7000と組み合わせて360立体音響ソニーは、「HT-A7000」と組み合わせることで、独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応するワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」を5月21日に発売。ソ
『実際に試してきました。』 SONY SA-RS5 [ペア] のクチコミ掲示板 - 価格.com
SONY SA-RS5 『実際に試してきました。』のクチコミ掲示板。SONY SA-RS5 についての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル!
Amazon.co.jp: ソニー リアスピーカー SA-RS5 バッテリー内蔵 HT-A7000対応モデル ブラック : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ソニー リアスピーカー SA-RS5 バッテリー内蔵 HT-A7000対応モデル ブラックを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました