clariar i640 国内新イヤホンブランド第一号機 購入者などのレビューも 

イヤホン

clariar i640 国内新イヤホンブランド第一号機

ミックスウェーブは、国産の新IEMブランド「clariar(クラリア)」の取扱いを開始。ブランド第一弾モデル「i640(アイロクヨンレイ)」を、6月25日に発売しました。オープン価格で、税込みの実売価格は135,000円前後。

clariarは、長年カスタムインイヤーモニターの製造と開発に携わってきたエンジニアが立ち上げたという国内ブランド(くみたてLabでカスタムIEMを手掛けていた方との情報)。

ブランド名は「clarity」(明瞭、鮮明、透明という意味)の英語から取ったそうで、応答性のよい低音から、明瞭な中高域を両立させたサウンドを志向しているとのこと。デザインの上質さにもこだわりたいとしています。

clariar i640 6BA構成などの内容・特徴

ブランド第一弾のユニバーサルイヤホン「i640」はバランスド・アーマチュア(BA)型×6基という構成。音域構成はLow×2、Low/Mid×1、Mid×1、High×2。

低域の再生能力に優れるKnowles製のベントホール付きデュアルBAドライバーをLow用に採用。

中域には質感に優れるSonion製BAドライバーと、カスタマイズされたKnowles製BAドライバーを採用。高域には伸びが良く空気感に優れるという、Knowles製デュアルBAドライバーを使用。何度もテストを繰り返し決定したというクロスオーバーネットワークを採用。位相特性や他の帯域のドライバーに影響を与えずに、中域への被りを抑えたというローパスフィルターの採用も特徴。

各帯域のBAドライバーの設置は高精度な3Dプリンターによって作成。制振シリコンと組み合わせて筐体内部に固定することで、クリアなサウンドの再生に寄与しています。

筐体は、CNCによる切削加工とサンドブラスト処理を施したアルミ合金を採用。2つの筐体パーツをアングル形状のアクセントパーツで繋ぎとめる構造とすることで、軽量ながら高い強度を持つのも特徴。

オフィスチェアや音響製品などを手掛けてきた工業デザイナーが外観の設計に参加。円と直線を組み合わせた形状とツートーンのマットカラーで仕上げ。表面はサンドブラスト加工。

clariar i640 おもな仕様

ドライバー:バランスド・アーマチュア(BA)型×6
ドライバー構成:低域×2、中低域×1、中域×1、高域×2
周波数特性:5Hz~25kHz
感度:97dB
インピーダンス:14.2Ω
ケーブル長:約120cm
コネクター:ベリリウム銅MMCX
プラグ:3.5mmステレオミニ
付属品:レザーキャリングケース、4コアOFCケーブル、イヤーピース(acoustune AET07/AET02)、保証書

clariar i640 レビュー・感想など(ツイッターから)

clariar i640 レビュー・感想から読み取れる傾向

新規ブランドのいきなりの10万円超のイヤホンながらも、実績のあるエンジニアが関与しているからなのか、日本製造の日本ブランドという点が評価されているのか、イヤホン愛好家の注目を集め、実際に発売日から購入している方が多数いるようです。

試聴も含め、その音質評価はかなり高い印象。音のバランスの良さと、音場空間の広がりに特徴があるようです。ホール録音のクラシックあたりが向いているのでしょうか。低音はやや強めであるという意見は目につきます。

一方、メーカーも認めているように、筐体は大きめ。装着感も個人差があるようです。

デザインや質感のよさをアピールしており、実際にモノとしてのよさも備えているようです。ただ、雰囲気的に高級イヤホンの雄明ブランドであるCampfire Audioの製品を想起させる面はあるようです。意図しているのかはわかりませんが。

総じて、この価格として音質面では十分な実力があるようです。一方、大きな筐体が苦手な方は実際に試聴機で装着感を確かめたほうがよさそうです。

この価格であえてハイレゾ対応相当のスペックを意識せず、各種バランス接続にも標準で対応しないなど(ユーザー自身で簡単に対応できますが)、なかなかこだわりがあるようで、初心者向けではない印象です(いまやイヤホン初心者でもいきなり10万円超のモデルを買うこともあるようですし、それだけ大手メーカーからも製品も出ています)。

ブランド2号機以降がどのような価格でどのような内容になるのかも注視したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました