FiiO FA7s レビュー・音質情報など

イヤホン

FiiO FA7s 6BA構成の有線イヤホン

FiiOは、6BA構成の有線カナル型イヤホン「FA7S」を1月21日より発売しました。オープン価格で、店頭予想価格は税抜き44,550円前後。

同社のBAドライバー搭載機「FAシリーズ」の中核を成すモデルとして開発されたというユニバーサルイヤホン。これまでのシリーズ機と異なり、円筒形の新しいシェルデザインを採用することで、高域、中域、低域で各2基、合計6基のBAドライバーを搭載できるようになったとしています。

Knowles製のドライバーを搭載

低域用と高域用ドライバーには信頼性の高いKnowles製のドライバーを搭載。低域は高いドライブ力を持つ「HODVTEC-31618」を用いることで、強靭かつ制動されたサウンドを実現させているほか、高域は非常に高い分解能を持つ「RAD-33518」によって繊細な表現を可能にするとしています。

中音域については、同社が独自にチューニングを行ったカスタムウェイ仕様のKnowles製ドライバーを採用。リッチなボーカル表現と純度の高い自然な音色を獲得したとしています。

各帯域は、ドライバーの物理設計による帯域調整に加え、内蔵された3ウェイ・クロスオーバーネットワークによって正確にコントロール。マルチドライバーでは難しくなる帯域間の自然なつながりや音色の統一感、音場感や定位感の改善を図っています。

風車をイメージしたという立体的なY字型デザイン

風車をイメージしたという立体的なY字型デザインを施した同社の第3世代シェルデザインを採用。シェルハウジング部は、医療グレードの316Lサージカル・ステンレスを用い、粉末冶金工法で全体を形成。さらに、PVD(Physicall Vapor Deposition=物理的蒸着法)コーティング処理を行うことで、高い耐久性と金属アレルギーに配慮した仕上げを施しているとしています。

コネクターはスラント構造を採用した改良型のMMCXコネクターを搭載。

スペック・付属品

周波数帯域は10Hz~40kHz。インピーダンスは18Ω(@1kHz)。感度は111dB/mW(@1kHz)。最大入力は100mW。重量は8.4g。

8本編み銀メッキ高純度単結晶銅線を導体とする付属ケーブルは、個別に絶縁された芯線を撚り合わせたリッツ線構成を採用。

ケーブル長は約120cm。イヤホン側端子はMMCX。プラグも交換可能で、2.5mmバランス、3.5mmアンバランス、4.4mmバランスのプラグが付属。

バランス重視イヤーピース(S/M/L)や、低音重視イヤーピース(S/M/L)、ボーカル重視イヤーピース(S/M/L)、メモリーフォーム・イヤーピース(M×3ペア)、ダブルフランジ・イヤーピース(M)、クリーニングブラシ、キャリングケースなどを付属。

FiiO FA7s レビュー(ツイッターから)

FiiO FA7s レビューサイト情報

FiiO FA7S FIO-IEM-FA7Sのクチコミ - 価格.com
FiiO FA7S FIO-IEM-FA7Sについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル!
FiiO FA7s Silver 【FIO-IEM-FA7S-S】 レビュー一覧 / e☆イヤホン
FiiO FA7Sの海外レビューまとめ - audio-sound @ hatena
FiiOの新作フラッグシップIEM「FiiO FA7S」の海外レビューをまとめて紹介します。日本では1/21発売が決定され、国内販売価格は44,550円程度を見込んでいるとのことです。

FiiO FA7s レビューから読み取れる音質傾向など

6BAというマルチBA構成と、華やかな外見から、個性的なサウンドを予想しそうですが、購入者の方々のレビューを見ると、全くそうではなく、むしろ、極めて無個性的なリファレンス的傾向のイヤホンのようです。といっても面白味がないということではなく、ワイドレンジ性や情報量、空間表現力など、オーディオ的な項目をハイレベルに満たしたうえでのオーソドックスでニュートラルなバランスということのようです。

何か突出した個性を求める向きには適していないかもしれませんが、これ一本あれば幅広い音楽を破綻なく(録音状態がわかるほどのレベルで)聴けるという方向性では有力なイヤホンになりそうです。こうしたイヤホンを5万円程度で探していたという人には注目のモデルかもしれません。

モニター系とも言えるのでしょうが、モニター系イヤホンはダイナミック型1基構成が多く、マルチBAタイプは少ないとも言われているので、その点でも興味深いモデルです。

FiiOはダイナミック型1基構成の最上位・FD7でもリファレンス的サウンドと評されているので、どのような構成を採っても、こうした傾向のサウンドを意図的に狙っているのでしょう。まさに、イヤホン界のリファレンス的メーカーを目指しているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました