iBasso DX300MAX 国内発表 試聴会での感想・レビューも紹介

DAP

iBasso Audio DX300Max 2021年度中に発売

MUSINは、同社が取り扱うiBasso Audioのオーディオプレーヤー「DX300Max」を2021年度中に発売すると発表しました。詳細な発売日および価格は未定(30万円クラス?)。世界限定500台の限定生産。

ハイエンドDAP最新モデル Android 9を採用

OSにAndroid 9を採用した汎用性の高いDAP。内蔵ストレージは128GBで、メモリは6GB、SoCはSnapdragon 660。音質的優位性を持つ「Mango OS」での再生にもこれまでのiBaasoのDAP同様に対応予定。

DACチップには旭化成エレクトロニクスのAK4499EQをデュアルで採用。バッテリーは合計5つの独立した設計で、これによりクリーンな電源供給が行えるとしているのが特徴。

デジタルの処理機能は「DX300」と同構成になっており、FPGA-Masterテクノロジーも採用。アンプには、iBasso Super Class A トランジスタアンプを搭載。

世界限定500台の限定生産としていますが、工場火災の影響で供給が止まっている「AK4499EQ」が製造再開した場合には、少量の再生産を行う可能性があるとしています。

製品試聴会での感想を紹介(ツイッター)

なお、6月26日にe☆イヤホン梅田EST店、27日にe☆イヤホン名古屋大須店で実施されるMUSIN取り扱い製品試聴会において、DX300Maxが出展されました。

そこでの試聴会参加者の感想をツイッターからご紹介します。

従来機に当たる「DX220MAX」でも十分、あるいはそちらのほうが好みという感想が一部あるのは気になります。

「DX220MAX」は20万円クラス。30万円クラスと思われる「DX300MAX」もどちらも高いですが、どちらにしろ好みの差というところなのでしょうか?

個人ブログでの試聴会の感想

【雑記】「iBasso Audio」「SHANLING」新製品試聴会に行ってきました
緊急事態宣言も解除された事もあり、昨日は久しぶりに梅田のeイヤホンに行ってきました。 梅田のeイヤホンに行った理由は 「iBasso Audio」「SHANLING」新製品試聴会 が行われていた事。 特に「iBasso Audio DX30
DX220MAX
DX220MAX

コメント

タイトルとURLをコピーしました