JBL 4305P スタジオモニターシリーズ初のアクティブスピーカー

スピーカー

JBL 4305P スタジオモニターシリーズ初のアクティブスピーカー

JBLはCES 2022において、アクティブスピーカー「4305P」を発表。海外での価格は2200ドル。

JBLブランドのコンシューマー向けスタジオモニターシリーズ初となるアクティブタイプ。カラバリはナチュラルウォルナット/ブルーグリル、ブラックウォルナット/ブラックグリルを用意。

JBL伝統のスピーカー設計技術を投入

1インチコンプレッションドライバー「2410H-2」と5.25インチのキャストフレーム・ファイバーコンポジットコーンウーファーによる2ウェイ構造で、同シリーズの大型モデルと同様に特許取得済みトランスデューサー技術を採用。

キャビネットは、内部にブレーシングを施した3/4インチのMDFを採用。デザインはリアルウッド化粧板仕上げ。

使用ユニット、デザイン、カラーリングの総合的な雰囲気はJBLのスタジオモニターシリーズそのもの。

クラスDアンプを内蔵し、各ドライバーに25W、各ウーファーに125Wを出力と強力なアンプを搭載。デスクトップはもちろん、本格的なオーディオ用としてパワフルな再生が期待できます。

スピーカーの設置や環境などによる音響的な違いを補正するための低音コントロールや、外付けパワードサブウーファーに接続するための出力端子も搭載。低音の増強も可能。

最新のデジタル機能を満載した多機能性

多様なデジタル信号を含む豊富な入力も魅力。

USBや光デジタル、3.5mmアナログなど、6系統の入力を備え、さまざまなデジタル/アナログオーディオソースを接続可能。XLR/1/4インチTRSフォノコネクターと入力感度切替スイッチを備えたアナログ入力も搭載。DTM用をはじめとするプロ用機器との組み合わせも可能です。

最大192kHz/24bit対応のDACを内蔵し、Bluetooth、Chromecast Built-in、AirPlay 2といったワイヤレス再生、MQAのデコードやRoon Readyなどネットワークオーディオ再生にも対応。

左右スピーカー間をワイヤレスで接続する場合は、最大96kHzで再生が可能。付属の2mデジタルリンクケーブルを使用した場合は最大192kHzで再生可能。設置自由度も高まっています。

片側チャンネルにボリューム、ミュート、入力選択、Bluetoothペアリング用のコントローラーとリアパネルに入力を装備。本体での操作を集約して行えます。

Google HomeもしくはApple AirPlay経由での操作にも対応。

見た目はレトロなほどのJBLスピーカーながら、中身は最新のデジタル機能を満載した多機能機です。

アクティブスピーカー市場で一気に存在感を高められそう?

最新のスピーカー事情として、伝統的なパッシブスピーカーから、PC向けのアクティブスピーカーの隆盛を経て、一台でデジタル系ソースを何でも再生できるネットワークオーディオプレーヤー内蔵型のアクティブスピーカーが求められる時代になったようです。この分野、とくにやや高額なゾーン(20-30万円程度)ではKEFが先を走っていますが、JBLもブランド力を生かせればアクティブスピーカー市場で一気に存在感を高められそうな気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました