KENWOOD DPF-7002 中古・レビュー情報(生産終了機器)

CDプレーヤー

KENWOOD DPF-7002 CDプレーヤー

生産終了機器情報。「DPF-7002」はKENWOOD(ケンウッド)によるCDプレーヤー。1997年に税別58,000円で発売されました。

ミニコンサイズながら、32fs Fine D.R.I.V.E.と呼ばれる当時最高水準のDA変換分解能を持ち大変注目されました。各種オーディオ賞も多数受賞。

また、デジタル入力を持ち、DACとしても使えるので、CD部分が壊れても使い続けることができます(当然最大16bit/48kHz対応まで)。アナログ出力は可変。ライン出力レベルはリモコン操作なので、リモコンがないと、出力レベルを変更できなくなるので注意してください。

ケンウッドが独自に開発したD.R.I.V.E.システムをさらに改良し、D.R.I.V.E.に32fs 22bitというデジタルフィルターを組合わせた32fs Fine D.R.I.V.E.システムを搭載。従来の4倍の32fs 1.4MHzのサンプリング周波数で22bit相当の解像度を獲得。また120dBの高SN比を達成。DACチップにはバーブラウンの「PCM1702」をchあたり4個、合計8個使用していました。

当時としては画期的な性能、しかもミニコン、さらに意外な低価格で業界を驚かせました。すぐにデノンがAL24プロセッシングで分解能を追い越しますが。

本機をいまわざわざ取り上げたのには、本機で使用しているDACチップ「PCM1702」をはじめとするマルチビット型DACに一部で再脚光が浴びているからです。とくにポータブルオーディオメーカーのHIFIMANが「PCM1702」を搭載したDAPやポタアンを発表したことから注目されています。

KENWOOD DPF-7002 レビュー情報など

当時から価格やサイズを超える高音質、とずいぶん騒がれましたが、かなり時間が経っていますし、今日の目から見たらそれなりのレベルに留まるようです

当時のミニコンとしては珍しく、デジタル入力があるため、たとえCD部が壊れても使い続けられる点ではしぶとく使い続けられる機器と言えるでしょう。その点はメリットです。

相当不古い機器ですが、幅広いユーザーにたくさん売れたためか、近年になって中古購入した人のレビューがいくつか見られます。アマゾンにも複数のレビューがあります。

KENWOOD DPF-7002 の音を聴いた - なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??
「KENWOODDPF-7002」というCDデッキを入手した。世間的には高音質ということで、相応に人気のあるCDデッキです。改造素材としても人気あるそうです。私の中では、KenwoodのK'sということなので縁があれば聴いてみたいと思っていたのだ。ちなみに、私が聴いたKENWOODのデッキで音が良いと感じたのは、DP-...
|PCオーディオ云々
PCオーディオに関する徒然日記||PCオーディオ云々
KENWOOD ケンウッド K's DPF-7002 CDプレーヤー : 家電&カメラ
KENWOOD ケンウッド K's DPF-7002 CDプレーヤーがディスクプレーヤー・レコーダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

KENWOOD DPF-7002 中古購入の展望

これはミニコンとしてかなり売れたので、中古も多く、買いやすい機器のひとつでしょう。中古相場としてはリモコン付きの動作品で1万円台半ば程度まで。

KENWOOD DPF-7002 おもな仕様

D/Aコンバーター 22ビット 32倍オーバーサンプリング
周波数特性  4Hz~20kHz(EIAJ)
SN比  120dB 以上(EIAJ)
ダイナミックレンジ  100dB 以上(EIAJ)
チャンネルセパレーション  100dB 以上(EIAJ、1kHz)
出力レベル /インピーダンス  可変出力:2V/0.3kΩ
デジタル入出力 コアキシャル:0.5Vp-p/7Ω
オプティカル:-15dBm~-21dBm(発光波長660nm)
定格消費電力 13W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅270× 高さ133×奥行315mm
重量 5.6kg

KENWOOD DPF-7002をヤフオク!で見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました