qdc Dmagic Solo レビュー・音質情報 TIGER 比較・違いは?

イヤホン

qdc Dmagic Solo 約3万円の1DDイヤホン

アユートは、中国「qdc (キューディーシー)」のユニバーサルイヤホン『Dmagic Solo』(ディーマジック・ソロ)を、2022年10月8日に税込み29,800円で発売。

イヤホン愛好家にはおなじみのメーカーが放つ、シングルダイナミックドライバー構成の有線カナル型イヤホン。意外にもqdcとしてはシングルDD構成は初。

8mmのフルレンジ・ダイナミックドライバー1基を搭載。高感度なユニットで、qdcならではのチューニングにより、パワフルかつ繊細なディテールを表現できるとしています。

qdcカスタムIEMの誇る人間工学に基づいたというライトブルーのクリア仕上げの3Dプリント筐体を採用。高額なカスタムIEMに用いられる筐体作成技術をこの価格のイヤホンに活用できるのはqdcの強みでしょう。

筐体内の音響キャビティが一般的な1つではなく、2つの空間となる独自のDmagic Turboテクノロジーを採用。アクティブ(ドライバーと振動板)とパッシブ(振動板のみ)の二重構造設計により、ディテールの強化、低域の補強、サウンドステージの拡大といった、シングルDD構成ではすべてを高度に満たすのは難しい音質的課題に果敢に挑戦しています。

フェイスプレートはディーブブルークラック塗装。こちらもクリア仕様で、スタイリッシュな高級感を演出しています。フェイスプレートには、ゴールドで模様やqdcのロゴもあしらわれています。

再生周波数帯域は10Hz~30kHz。入力感度は98dB SPL/mW、インピーダンスは18Ω。

他社でも使われているおなじみのqdc 2pinコネクターでケーブルは着脱可能。標準ケーブルには、取り回しがしやすい設計の銀メッキ銅ケーブルを使用。

プラグは交換可能な形態で、3.5mm3極アンバランス、2.5mm4極バランス、4.4mm5極バランスの切替を抜き差しのみで簡単に変更可能。別売りケーブルを買うことなく、主要なイヤホン端子3つに対応できます。

qdc Dmagic Solo レビューサイト情報

【レビュー】 バランス/アンバラも1本で。超ナチュラルqdc「TIGER」と迫力の「Dmagic Solo」
何度か書いているが、「オススメのイヤフォンある?」と聞かれた時に、qdcのイヤフォンを挙げる事が多い。個人的に「Neptune」というイヤフォンのファンだというのもあるが、それ以外のモデルも、音質とデザイン、そして価格のバランスに優れていて、「良く出来てるなぁ」と感じる事が多いからだ。
qdc Dmagic Solo【QDC-DMAGIC-SOLO】 レビュー一覧 / e☆イヤホン
Dmagic Solo【QDC-DMAGIC-SOLO】 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー

qdc Dmagic Solo レビュー(ツイッターから)

同日発売で価格は相当違う6BA+2ESTの「TIGER」との比較も興味深いところ

qdcは同日に6BA+2ESTのハイブリッド構成の高級ユニバーサルイヤホン「TIGER」も約27万円で発売。「TIGER」の内容はこちらでご紹介しています。

qdc TIGER レビュー・音質情報
qdcの高級有線イヤホン「TIGER」が2022年10月8日に約27万円で発売。6BA+2ESTのハイブリッド構成、寅年にちなんだデザインなど、本機の内容とレビュー・音質情報をお届け。

同じメーカーから同時に発売されるということで、両機を比較している感想や記事もあります。

価格から構成からかなり異なりますが、意外にも「TIGER」と比較しても「Dmagic Solo」は健闘しているとか、むしろこちらのほうが好みかもしれないといった感想もあり、「Dmagic Solo」のハイコスパぶりが浮かび上がってきそうです。

さすがに解像度や空間の広さなどに差はあるようですが、こうしたオーディオ的項目にそれほどこだわりがないなら「Dmagic Solo」でも十分ということもあり得そうです。

両方あると楽しそう、という感想には困ってしまいますが。

qdc Dmagic Solo 各種レビューから読み取れる傾向

「Dmagic Solo」単体では、8mmのフルレンジ・ダイナミックドライバー1基とは思えないほどの深く量感のある低音が聴こえるのが特徴のようで、充実した低音には大口径ユニットという先入観を打ち破るようです。

一方、中高音は低音にかき消されずにクリアに聴こえるようで、このあたりは高級イヤホンにノウハウの豊富なqdcならではなのでしょう。

高感度ということもあり、高級イヤホンのような接続機器を選ぶところも少ないようで、いわゆるUSBドングル型DACヘッドホンアンプでもうまく鳴らせるというのもありがたいポイントでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました