ヘッドホンアンプ

DAC

Questyle Q-Link USB Type-C接続の超小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ!

ポタ研2020冬。純A級動作ヘッドホンアンプを積んだDAPでおなじみのQuestyleから、超コンパクトなUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「Q-Link」が参考展示。約1万円でQuestyleサウンドが楽しめるのが魅力。
Bluetoothレシーバー

beyerdynamic CC XELENTO WL MMCX対応Bluetoothリケーブル!

beyerdynamicからBluetoothレシーバー内蔵ケーブル「CC XELENTO WL」が約3万円で発売。XELENTO用オプションですが、MMCX対応なので、幅広いイヤホンで使用できます。競合機との違いや選択ポイントも解説。  
DAC

Zorloo Ztella MQAレンダラー対応のスティック型USB-DAC/ヘッドホンアンプ!

Zorlooという香港のメーカーが開発したスティック型のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「Ztella」というモデルが、国内のクラウドファンディングサイト・Kibidangoで扱われる形で国内上陸。MQAレンダラー対応で安いのが特徴です。
Bluetoothレシーバー

TaoTronics TT-BA09 Pro aptX-LL対応Bluetoothレシーバー!TT-BA09と比較しての違いは?

TaoTronics TT-BA09 ProはaptX-LL送信対応のBluetoothトランスミッター/レシーバー。約4千円と手頃ながら、2台同時送信可能や光デジタル入出力など、ハイコスパな多機能機。24時間使用のロングバッテリーも魅力。 
Bluetoothレシーバー

FiiO BTR5 と SHANLING UP4 比較しての違いは?

注目のBluetoothレシーバー2モデルが同時期に発売されます。SHANLING UP4(1月31日発売・税込み実売1.4万円程度)と、FiiO BTR5(1月28日発売・税抜き1.4万円程度)。比較しての違いはどうなのかを解説します。 
ヘッドホンアンプ

KORG Nu:tekt HA-S ポタアン界の救世主?

KORGは、次世代真空管・Nutubeを使ったポータブルヘッドホンアンプのキット「Nu:tekt HA-S」を2月下旬に約2.5万円で発売。はんだ付け不要のため、初心者でもすぐに組み立てられ、真空管サウンドを手軽かつ気軽に楽しめます。  
Bluetoothレシーバー

HiBy W3 業界初の192kHz伝送対応Bluetoothレシーバー!

HiByのBluetoothレシーバー・W3は約7,000円の安さながら、業界初の192kHz伝送に対応するUATコーデックに対応するなど価格を超えたハイスペック。スマホアプリでの機能性・利便性も魅力。ポップなカラーリングもポイント。
DAC

IKKO Zerda ITM03 超小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ!

ikkoAudioの超小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ「Zerda ITM03」が12月15日に発売。USB Type-CとLightningの2タイプを用意し、それぞれ税込11,000円前後での実売が予想。特徴と競合製品との比較も。 
DAC

Xduoo Link コンパクトなUSB-DAC/ヘッドホンアンプ!iBasso DC02と比較しての違いは?

ポタフェス2019でxDuooのUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「Link」が展示。約8,000円程度で国内発売予定。384kHz/32bitとDSD256にネイティブ対応。競合機のiBasso DC02と比較しての違いも気になるところ。
DAC

Lotoo PAW S1 USB DAC dongle USB-C接続対応の超小型DAC!

Lotooは、USBメモリサイズの超小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ・「PAW S1 USB DAC dongle」を参考展示しました。価格は未定ですが、2020年初頭発売としています。USB-C接続と、4.4m径バランス端子が特徴。
タイトルとURLをコピーしました