※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。
※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

FiiO K11 レビュー・音質情報

DAC

FiiO K11 据置型USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ 約2.4万円

FiiOは2023年11月3日に据置型USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「K11」を発売しました。 オープン価格で、税込23,650円での実売が予想。 – カラーバリエーションはブラック/シルバーの2色。

「FiiO K11」は、従来機「K5 Pro」に替わり、FiiOのUSB-DAC「Kシリーズ」の新たなエントリーモデルとして位置づけられています。そのため、初めて据え置き型のDACヘッドホンアンプを利用する方や、予算に制約のある方でも手軽に高音質な音楽を楽しむことができるように配慮されています。

ACアダプター電源型の小型の据え置き型USB-DAC/ヘッドホンアンプであり、147×133×32.3mm。重量は約407gとスリムなボディながら、豊富な入出力端子と高出力なフルバランス構成のヘッドホンアンプ回路を備えています。

「Kシリーズ」として全く新しいボディデザインを採用しており、スタイリッシュで高級感のある仕上がりとなっています。また、耐久性と軽量化を両立させるために、アルミニウム合金が使用されています。

Cirrus Logic製DACチップ「CS43198」の採用と対応スペック

FiiO K11は、高品質な音声再生を実現するために、Cirrus Logic製の高性能DACチップ「CS43198」を採用しています。このDACチップにより、384kHz/32bitまでのPCMやDSD256ネイティブ再生に対応しています。デジタルフィルターの切り替えも可能です。

フルバランス設計のヘッドホンアンプ回路部

K11は、フルバランス設計のヘッドホンアンプ回路部を搭載しています。フルバランス設計により、左右のチャンネル間の音の漏れ(クロストーク)を抑え、音場の見通しがクリアで広がりのある音楽体験を提供します。

バランス出力で最大1400mWの出力というハイパワー

K11は、4.4mmバランス・ヘッドホン出力で最大1400mWの出力を実現しています。このハイパワーな出力により、ハイインピーダンスのヘッドホンやマルチドライバーで低能率なイヤホンもより力強く駆動し、細部まで精密な音を再現します。

3段階のゲイン設定

K11には、利用環境に合わせて設定できる3段階のゲイン設定があります。これにより、ヘッドホンやイヤホンのインピーダンスや能率に合わせて、最適な出力レベルを選択することができます。

入出力と接続性について

「FiiO K11」は、豊富な入出力端子を備えており、様々な機器との接続が可能です。

K11は、USB入力端子を搭載しています。これにより、パソコンやスマートフォンなどのデジタル音源を直接接続することができます。USB接続により、DSDをはじめ高品質なデジタル信号の伝送が可能となり、音源のクリアな再生が実現します。Windows 10以降ではドライバー不要でUSB入力を使用できるのも簡便で初心者向けです。USB入力はSwitchやPS5に対応しているのも汎用性の点からうれしい点でしょう。

また、K11にはさまざまな入出力端子も装備されています。RCAアナログ出力端子を備えており、アナログ機器との接続も容易です。さらに、光・同軸デジタル入力端子も装備しており、従来型の単体DACとしても活躍できます。同軸デジタル出力端子も装備しており、デジタル音源を別のDACやレシーバーに接続することも可能です。

ディスプレイや上面RGB照明

「FiiO K11」は、前面に液晶ディスプレイとノブを搭載しています。このディスプレイとノブは直感的な視認性と操作を可能とし、ユーザーに快適な操作性を提供します。このノブだけですべての操作と設定が可能です。

また、上面にはRGB照明も備えられており、サンプリングレート情報を提示するとともに、華やかな雰囲気を演出します。

FiiO K11 仕様

| 項目 | 仕様 |
| DACチップ | Cirrus Logic CS43198 |
| アンプテクノロジー | フルバランス構成ヘッドホンアンプ回路 |
| デジタル入力 | USB Type C ×1, RCA同軸 ×1, TOS光 ×1 |
| デジタル出力 | RCA同軸×1(RCA同軸入力と排他) |
| ヘッドホン出力 | 4.4mmバランス ×1, 6.35mmシングルエンド ×1 |
| 対応サンプリングレート | USB:PCM 384kHz/32bit, DSD 256 (Native) |
| ヘッドホン推奨インピーダンス | 16~300Ω |
| 出力 |
| シングルエンド | 520mW (32Ω負荷時 / THD+N1% / ハイゲイン時) |
| バランス | 1400mW (32Ω負荷時 / THD+N1% / ハイゲイン時) |
| 周波数応答 | 20Hz~50kHz |
| S/N比 | 123dB以上 ( A-weighted) |
| THD+N | 0.00035%未満 (ライン出力時 / 1kHz / 10kΩ) |
| ノイズフロア | 2.8uV未満 (シングルエンド, A-weighted), 4.9uV未満 (バランス, A-weighted) |
| 寸法 | 147x133x32.3mm |
| 重量 | 約407g |
| 付属品 | ACアダプタ, 電源ケーブル, USB Type A to Cケーブル, 6.3mm to 3.5mm変換アダプタ, クイックスタートガイド, 保証書 |

FiiO K11 レビューサイト(海外含む)

机が狭くてもあきらめない! FIIO「K11」で省スペース・ピュアオーディオ[Sponsored]
据え置き用ヘッドフォンアンプといえば、大きな筐体で、前面に大きなボリュームノブを備えた無骨な製品が多い。そうした本格的な製品にあこがれるが、高価な製品にはなかなか手が出ないし、そもそも机の上に置くスペースが無い。アクティブスピーカーを使ったデスクトップオーディオにも挑戦したいが、同様の理由で諦めているという、私のような...
FIIO K11レビュー 〜コンパクトで機能が充実したエントリーモデル – EARLのライフスタイルDX ブログ
FIIO K11はK5PROの後継機で、エントリークラスのデスクトップ型DACアンプです。FIIO K11はエントリーモデルながら、豊富な機能とバランス接続を搭載しています。またFIIO K11はゲームシーンにも使いやすい機能も備えています。
K11 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
FiiO K11 - Review | ThePhonograph.net
FiiO K11  | Headphone Amplifier | DAC | 1400mW | DSD256 | FiiO K11, the brand new DAC/headphone amplifier from FiiO. The FiiO K11 belongs to the K series of DAC...
FiiO K11 Review • AudioAI
FiiO K11 Review - 1400W Balanced Desktop DAC & Headphone AMP
Amazon.co.jp

FiiO K11 レビュー(X)

x.com

FiiO K11 各種レビュー・評価から読み取れる評価のまとめと考察

FiiO K11は、小型の据え置き型USB-DAC/ヘッドホンアンプとして、高性能な音質と豊富な機能を兼ね備えたモデルです。このセクションでは、FiiO K11に関する様々なレビューと評価をまとめ、そのまとめと考察を行います。

FiiO K11の評判を知るためには、一般ユーザーと専門家の意見の両方を確認する必要があります。まず、一般ユーザーの評価について見てみましょう。

一般ユーザーからの評価

FiiO K11に対する一般ユーザーの評価は非常に高いものがあります。特に音質面での評価が高く、多くのユーザーがそのクリアで豊かな音質に満足しています。K11に搭載されている高性能DACチップのおかげで、音楽をより鮮明な音で楽しむことができるとも判断されています。

また、K11の使い勝手面にも好評を得ています。FiiOの既存機にもない液晶画面を備えているため、サンプリングレートや音量、ゲイン、出力モードなどの情報を一目で確認することができます。また、ノブを使用して直感的な操作も可能であり、使いやすさにも高評価が寄せられています。

FiiO K11のコストパフォーマンスについても、一般ユーザーからは称賛が寄せられています。その音質・性能に比べてリーズナブルな価格設定であることから、多くのユーザーがコストパフォーマンスに満足していると言えます。

さらに、同価格帯の競合機、あるいは同クラスの既存モデルに当たるK5 Proあたりと比較しても、FiiO K11は優れたパフォーマンスを発揮していると評価されています。他のモデルと比べてもその高品質な音質と豊富な機能が際立っており、ユーザーから高い評価を受けています。

他社の競合機だとiFi audio ZEN Air DAC(実売約1.9万円)だとバランス接続不可、iFi audio ZEN DAC(実売3万円程度)だとバランス接続はあるもののやや高いという向きにも価格・内容的にも絶妙な内容と言えそうです。

専門家からの評価

オーディオ評論家や専門ショップ店員など、専門家からの評価も、一般ユーザーと同様に高評価を受けています。特に音質面においては、正確でクリアな音質が実現されていると評価されています。また、ヘッドホンアンプ回路のフルバランス構成により、高出力を実現していることも高く評価されています。

さらに、専門家はK11の電源供給回路設計に注目しています。とくにUSB接続で問題になりやすいノイズを効果的に抑制することで、高品質な音楽再生を実現しているとされています。この設計により、ユーザーはクリアでノイズの少ない音楽体験を楽しむことができます。

専門家からの評価は、一般ユーザーと同様にK11の使い勝手とコストパフォーマンスにも高評価が寄せられています。液晶画面やノブによる操作性の良さ、さらにリーズナブルな価格設定などが評価されています。

FiiO K11の惜しい点やネガティブな評価は?

FiiO K11は、多くのユーザー・専門家に高評価されていますが、一部の欠点や改善点も指摘されています。まず、ネガティブな評価の一つとして、外観やデザインについての意見があります。FiiO K11はシンプルなデザインとカラーリングですが、一部のユーザーからは外観が少し物足りないという声が挙がっています。改善点としては、より洗練されたデザインやカラーバリエーションの追加が期待されています。もともとFiiOはシンプルなデザインの分コスパが高いという志向のメーカーなので、ここはあまり要求するポイントではないかもしれませんが。

また、音質面においても改善の余地があります。一部のユーザーからは、高音域の解像度がやや低い、空間表現力もやや弱い、楽器や声の質感が平板という指摘があります。特に、高音の細かな表現や奥行きが求められるジャンルの音楽やゲームを楽しむ方には、改善が望まれる点です。これも価格を考えると限界があるのは当たり前ですので、不満を感じたらもっと高価格の上級機(FiiOならK7 BTやK9など)に替えるくらいしか方法はないかもしれません。

さらに、操作性や使いやすさに関しても改善点が指摘されています。一部のユーザーからは、ユーザーインターフェースがシンプルすぎてかえってわかりにくいという意見があります。特に初めて利用する方やテクノロジーに不慣れな方にとって、わかりやすい操作性が求められています。

以上のような欠点や改善点が挙げられますが、FiiO K11は総合的なネガティブな評価は少なく、多くのユーザーに喜ばれている製品です。将来のモデルでこれらの点が改善されることを期待しています(無理に改善する必要はないかもしれませんが)。

FiiO K11の各種レビュー・評価から読み取れるまとめ

FiiO K11の各種レビュー・評価から読み取れるまとめは、価格に対して、高音質と豊富な機能を持つ小型のUSB-DAC/ヘッドホンアンプの優秀機であるということです。一般ユーザーと専門家による評価の両方から、その優れた性能と使いやすさ、コストパフォーマンスの良さが伺えます。

FiiO K11は、小型ながら高性能な据え置き型ヘッドホンアンプを2万円台でお求めの方にとって、非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

コメント