Cayin R01 レビュー・音質情報も

DAP

CayinのDAP「N6ii」用オーディオマザーボード単品の「R01」が発売

CayinのDAP「N6ii」用オーディオマザーボード単品の「R01」が7月3日に発売。価格は77,770円。

「R01」を搭載した「N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション」も同日に237,930円で発売されました。

「R01」はマルチビット型DAC方式であるR-2Rラダー型のDA変換回路を、台湾に特注した抵抗を使用して作り上げたディスクリート回路で搭載しているという凝った内容。

最大32bit/384kHzまでのPCMとDSD再生に対応。すべてのデジタルオーディオ信号を24bit/768kHzに変換するオーバーサンプリング補間フィルターも備えています。

ヘッドホン出力は4.4mmバランスと、3.5mmステレオミニのアンバランスを装備。

Cayin R01 単品購入者の感想(ツイッター)

購入者の感想がツイッターなどに上がってきています。ここでは基本的に「R01」を単品で購入した(つまり、従来型の「N6ii」をすでに所有しているユーザー)方の感想をご紹介しています。

Cayin R01 単品購入者の感想から読み取れる傾向

音質への評価はおしなべて高く、その音質傾向としては楽器のリアリティーの高さや解像度の高さの両立、腰のある低音といった感じでしょうか。最近のDAPでは得難い音質傾向という印象。

DAC/ヘッドホンアンプの総合的な出来も良いようで、単体の高級ヘッドホンアンプ「C9」が不要と思えるほどという人もいます。「C9」の価格・内容、評価を考えると、これは相当な実力と魅力と言えそうです。

このような音質傾向は、マルチビット型DACの特徴であるように感じます。かつてはCDプレーヤーやDACでは当たり前に使われていましたが、製造のしやすさやコスト面から現在はデルタシグマ型のDACチップが主流になっていることが、このサウンドへの驚きとなっている背景にあるのではないでしょうか。

マルチビット型DACはDSDをネイティブ変換できない弱点があり、DSD音源を重視するポータブルオーディオ愛好家には適さない面もあります。

ただ、急速に一般化しているハイレゾストリーミングはPCMであり、ハイレゾ音源がPCM主流が強まる傾向が続けば、マルチビット型DACの復権もあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました