Campfire Audio Trifecta 試聴レビュー情報

イヤホン

Campfire Audio Trifecta 3DDイヤホンが「秋のヘッドフォン祭 2022」にて試聴機展示

「秋のヘッドフォン祭 2022」が9月18日に中野サンプラザで開催されました。

ミックスウェーブは、同社が取り扱うCampfire Audioのハイエンド・ユニバーサルイヤホン「Trifecta」の試聴機を展示しました。世界限定333台、日本では50台を販売予定。国内での実売予想価格は429,000円前後。

ドライバーは、フルレンジ 10mm A.D.L.C ダイナミックドライバー×3を搭載。イヤホン業界でいうところの「3DD」イヤホン。

イヤホン筐体はナイロン製。ノズルにはステンレススチールを使用。

金メッキドライバーケースやNewデザインの銀メッキ銅リボンケーブルを採用していることによる、個性的なデザインも特徴的。

Campfire Audio Trifecta 試聴レビュー「秋のヘッドフォン祭 2022」(ツイッター)

Campfire Audio Trifecta 試聴レビューから読み取れる傾向

海外発表時から、テトラポッドを思わせる筐体デザインに、キ〇タマ?を想起させる全体の雰囲気にイヤホン愛好家が驚愕したモデル。

どんな外観だろうと音が良ければ問題はないでしょう。そして、今回、試聴機が展示されましたが、音質的には高級イヤホンとして納得できる水準にはあるようです。中域・低域がやや優勢な迫力重視サウンドのような傾向なのでしょうか。

ただ、実機の展示を見ても、独特なデザインに驚くということはあるようで、見た目のインパクトは強烈なようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました