Cayin A02 DAP「N6ii」専用オプション レビュー・感想情報も

DAP

Cayin A02 DAP「N6ii」専用オーディオマザーボード

中国のCayin(カイン)は、DAP「N6ii」用オーディオマザーボード「A02」を10月30日から47,960円(税込)にて発売を開始。

DAC/アンプ基板が交換可能な設計となっているN6ii専用のオプション品。N6ii専用に、DA変換とアナログプリアンプ機能を司るボードとなっています。

そのため、ヘッドホン出力を搭載せず、ラインアウト/プリアウト(切替え)のみを搭載。端子は3.5mmアンバランスと4.4mmバランスを別々に搭載。ヘッドホン/イヤホンを使う場合は、他のアンプと接続する必要があります。イヤホン、ヘッドホンで使用することが前提のポータブル機としては思い切った仕様です。

DACチップは、フラグシップDAP「N8」と同等のAK4497EQデュアル構成を採用と、ポテンシャルは十分。

アナログポタアン「C9」など、ポタアンとの併用を想定

Cayinは本機を「秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE」において紹介するとともに、本機との組み合わせも想定するアナログポタアン「C9」(価格未定・年末発売予定)を発表。Nutube真空管を採用した真空管/半導体切替可能なポタアンで、バランス入出力、A級/AB級切替、バッテリー交換可能など、非常に興味深い内容が満載された注目機です。

C9は当然、単体運用できますが、A02との組み合わせをCayinは想定・推奨するとのこと。そうなるとなかなかポータブルというには大掛かりになりそうですが。

ただ、音は良さそうです。音質の追求は大変です。

プリアウトも活用したいところ

「A02」は単体ではイヤホン、ヘッドホンに繋げませんが、プリアウトを活用すれば、パワーアンプやアクティブスピーカーに接続すれば活躍させられます。現実的には高品位なアクティブスピーカーのアナログ入力に接続して活用したいところです。

Cayin A02 購入者などのレビュー・感想の傾向

10月30日の発売直後から、ツイッターを中心に購入ユーザーの方々のレビュー・感想が上がってきています。あまり一般的な機器でもなく、購入者はポータブルオーディオの結構な愛好者に限られると思いますが、みなさん音質には満足しているようです。ライン/プリ出力を生かしてスピーカー再生を楽しんでいるユーザーもいて、その再生音も高音質であると満足しています。

ただ、今のところは、他社製のアナログ入力対応ポタアンと組み合わせてイヤホンやヘッドホンで聴くことになります。本機のメーカーが想定する真価は、やはり上記のC9が発売され、両機を組み合わせてからでしょうか(ポータブルヘッドホンアンプ+Cayin)。

Cayin A02の購入者などのレビュー・感想など(ツイッター)

Cayin A02オーディオマザーボード AK4497EQデュアルDAC搭載
【Cayin カイン A02オーディオマザーボード AK4497EQデュアルDAC搭載】の商品紹介レビューと販売、中古価格のご案内ページです。日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店【e☆イヤホン】の通販サイト!おすすめのイヤホン・ヘッドホンの感想や口コミなどコンテンツが盛り沢山!東京秋葉原・名古屋大須・大阪日本橋・梅田...

コメント

タイトルとURLをコピーしました