FiiO M17 次期ブランドフラッグシップDAP

DAP

FiiOの新フラグシップDAP・M17の情報

FiiOの新フラグシップDAP・M17の情報が本国で発表されました。

FiiO M17 (Dual ESS9038Pro, THX788PRO amplifier, at least 1200 mW, 6.3 mm headphone jack, expected release after July 2021 )
Taken from PortaFi Facebook post: In an unexpected reveal, the FiiO M17 made its appearance to the world when the iF Design Award 2021 disclosed the finalists ...

M17は、現行最上位DAP・M15のさらに上を行く新フラグシップDAPであり、2019年から製品構想が始まりました。そして、2020年内の発売を目指していましたが、そこに旭化成の火事があり、2021年に発売がずれ込んだということだそうです。つまり、本当は旭化成のDACチップを使う予定であったということです。

FiiOはくじけずに?DACチップをESSの「ESS9038Pro」2基に変更し、2021年7月以降の発売を目指しているのだそうです。価格は1万元(16万円)以上とのこと。

現時点で分かっている内容としては、ヘッドホンアンプはデスクトップ用の「THX788PRO」を採用 (32Ω 1200mW + 1200mW以上、300Ω 350mW + 350mW以上)。ヘッドホン端子は標準で6.3mm標準、3.5mmステレオミニ、そして4.4mmバランスを装備。

プロトタイプのデザイン写真も公開されており、DAPとしては大きめのサイズ感でデザインはゴツい印象。重量は600g程度とのこと。それでも、片手で持って操作できるように配慮しているそうです。デザインについては、側面に特徴があり、しかも発光するそうで、真空管の発光というか、ゲーミングデバイス的な発光も感じさせるようで、ちょっとこのデザインについては日本国内での反応は賛否両論の感じです。

FiiO M17 次期ブランドフラグシップDAPか?デザインに賛否両論! : 音響のまとめ
中国のFiiOがかねてから計画していた新フラグシップDAP・M17の最新情報を発表したようです。どうやら例の旭化成の火事でDACチップの変更を余儀なくされ、開発と発売の計画が遅れているようですが、今年の7月以降に1万元以上(16万円)程度での発売を目指しているそうです。DA

高級DAPもいろいろ出尽くした感もあり、なかなか差別化というか、常に新しいアピールポイントを盛り込み続けるのも難しくなっている印象もあります。

その中で本機は、ヘッドホンアンプにはデスクトップ用の「THX788PRO」を採用しているのが差別化ポイントでしょうか。THXのヘッドホンアンプは高音質なヘッドホンアンプの代名詞となりつつありますが、DAPではポータブル向けのバージョンの使用が普通なので、据え置き用を使用となると、ヘッドホンアンプの音質が最大のアピールポイントであるべきDAPとしてはユーザーの心に響きそうです。

ただ、FiiOではヘッドホンアンプのパワーにもこだわり、本機でもなんと2000mWの出力も目指すかも、としています。ポータブルヘッドホンアンプであまりパワーが大きいと、イヤホンのなかには音が大きすぎるといった問題も起こりかねません。実際、ハイパワーが特徴のひとつであるiFi Audioのヘッドホンアンプなど、ハイパワーすぎてイヤホン使用に支障があるという声もあります。

もっとも、FiiOもそのあたりはわかっていて、ゲインの調節や高精度で細かく調節できるボリュームといった機構でうまくそのあたりはかわしてくれるのでしょう。

いすれにしても、正式発表に大いに期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました