JPRiDE TWS-5 ANC 発売直後のレビュー情報

完全ワイヤレスイヤホン

JPRiDE TWS-5 国内ブランドによるリーズナブルなANC搭載TWSイヤホン

エムピートレーディングは、オーディオブランドのJPRiDEより、ブランド初のノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「TWS-5 ANC」を、6月21日に発売しました。税込みの実売価格は5,600円前後。

6月22日の23時59分まで開催されるAmazonプライム会員大感謝祭「プライムデー」のセール対象になっており、期間中は4,680円で購入できるセールを行っていました。

「ハイブランドの音質を低価格で」をコンセプトに、「ハイブランドに見劣りしないパフォーマンス」を追求するブランドとして、後発ながらも納得のいくレベルまでアクティブノイズキャンセリング(ANC)性能と音質の完成度を高めたというモデル。

低価格ながら左右のイヤホンに2基ずつ、合計4基搭載したマイクによるフィードバック方式とフィードフォワード方式をかけ合わせたハイブリッド式ANCを採用。

最大-28dBというクラス最高レベルの静寂性を達成したと謳っています。

ANCはオン/オフと、ヒアスルーの3種類あるモードを本体のタッチ操作で切替可能。

通話時に周囲の騒音を抑え、クリアな音声を届ける通話用ノイズキャンセリング機能も搭載。

タッチ操作では曲や音量の操作、音声ガイダンスの起動などが可能。

音質も妥協せず、密閉カナル型形状としては大型の12mmの大口径ドライバーを搭載。音響エンジニアによるチューニングを施すことで、ANCを有効にした際に音質面で課題となる“音痩せ”問題を解消。大口径ドライバーならではの広がりのある音場感と弾力感のある重低音、キレがありながらも嫌味のない中高音を楽しめると謳っています。

Bluetooth 5.0準拠で、コーデックはAACとSBC、プロファイルはHFP、HSP、A2DP、AVRCPをサポート。

ケースを開けるだけで自動で接続する「自動ペアリング機能」も搭載。自動で親機を切り替えて接続の安定性とバッテリー持続時間を改善する「マスター・スレーブスイッチ機能」も採用。イヤホンは片耳使用も可能。イヤホン本体はIPX5の防水仕様。

最大連続再生時間はイヤホン単体で12時間。ANCオン時は8時間。充電時間は約90分。付属充電ケースの充電用端子はUSB Type-C。

デバイスと接続する親機を切り替えられる「マスター・スレーブスイッチ機能」も採用し、周囲の電波状況などに合わせて自動で切り替えることで接続の安定性が向上する。また左右イヤホンどちらも単独で使用できる。ケースを開けるだけで自動で接続する「自動ペアリング機能」も備えた。

外形寸法はイヤホンが18×21×25mm(幅×奥行き×高さ)、充電ケースが68×28×43mm(幅×奥行き×高さ)。重さはイヤホン片側約5.3g、ケースのみで約36g。S/M/Lのイヤーピースなどが付属。

発売2日間のセール価格で購入した方のレビュー・感想は大好評

ざっと内容・仕様を見ても、日本メーカーでこの価格ということを考えると、音がどうでもハイコスパというくらいのものです。

発売日からいきなり2日間、アマゾンで4,680円でセール価格で販売されたこともあり、相当売れたようで、ネット上には多数のレビュー・感想が上がっています。

いずれもそのコスパの高さを高く評価するものばかりで、4,680円という価格であればまず後悔することのない品位のようです。

購入者の感想などから読み取れる傾向

具体的にはANC性能については、価格を考えるとかなり優秀なようで、さすがにAirPods Proには及ばないにしても、実用上は相当使えるレベルのようです。外音取り込み(ヒアスルー)も優秀なようです。

再生音質については、低音がやや多めの自然なバランスといった印象で、ドンシャリで不自然なバランスになりやすいこの価格帯としては、かなり頑張っているようです。解像度はそこそこのようです。

なお、いわゆるホワイトノイズはあるようで、静かなところでピアニッシモの多いクラシック音楽を再生するのは苦手かもしれません。

ANC機能もあることですから、多少うるさい場所でポピュラー系ミュージックを聴くのに適していそうです。

通話用ヘッドセットとしては、マイク品位も良好という意見も多い一方、やや相手から聞き取りにくいと言われたという意見もあり、もしかしてヘッドセット用途メインで使うのは少し考えたほうがいい可能性もあります。

タッチ操作については、この価格で音量操作に対応しているのはポイントでしょう。

さすがに専用アプリはありませんが、総じて、この価格(4,680円)であれば極めてコスパの高いANC搭載完全ワイヤレスイヤホンと言えるようです。

ツイッターの紹介に関しては発売2日間で、アマゾンから4,680円で購入した方々のレビューということを念頭に参考にしてみてください。

定価でのレビューはアマゾンの販売ページが参考になっていくと思います。

アマゾンのレビューで参考になると思ったのは、音漏れはやや大きいということで、人前での大音量再生は気を付けたほうがいいかもしれません。もっとも、ANCを効かせれば音漏れしないような音量で音楽を楽しめるでしょう。

ANC、外音取り込みの切り替えはタッチ操作で行いますが、ANCオフ→ANCオン→外音取り込み→ANCオフということで、外音取り込みからANCオンまで2ステップの操作が必要になることには留意してください。

Amazon.co.jp: 【 U-10,000 最高レベルのノイズキャンセリング 】 外音取込モード搭載 (JPRiDE) Bluetooth ワイヤレスイヤホン T-5 ANC 完全ワイヤレスイヤホン 防水IPX5 長時間再生 AAC 対応 ENCノイズリダクション : 家電&カメラ
Amazon.co.jp: 【 U-10,000 最高レベルのノイズキャンセリング 】 外音取込モード搭載 (JPRiDE) Bluetooth ワイヤレスイヤホン T-5 ANC 完全ワイヤレスイヤホン 防水IPX5 長時間再生 AAC 対応 ENCノイズリダクション : 家電&カメラ

JPRiDE TWS-5 ANC 発売直後2日間のレビュー情報(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました