JVC HA-A8T レビュー・感想情報も

完全ワイヤレスイヤホン

JVCの開放型完全ワイヤレスイヤホン「HA-A8T」

JVCケンウッドは、JVCブランドより、開放型の完全ワイヤレスイヤホン「HA-A8T」を4月下旬から発売しています。オープン価格で、税込5,500円前後での実売が想定。「ホワイト」「ブラック」「レッド」の3色のカラバリ。

耳への圧迫感が少ないとする開放型(インナーイヤー型)の完全ワイヤレスイヤホン。小型・軽量化を図りながら、利便性と高音質も備えたとアピールしています。

ドライバーユニットには口径10mmのダイナミック型ユニットに高磁力ネオジウムマグネットを採用。低域から高域までバランスよく、パワフルでクリアな高音質サウンドを楽しめるとしています。

また、低音を増強できるバスポートを配置することで、低音がカナル型に比べて弱くなりがちな開放型ながら迫力のある低音を実現するとしています。

イヤホン本体は、角度をつけた新形状のハウジングを採用。これもカナル型よりも耳へのフィット感は劣りがちな開放型ながら、耳にフィットしやすい構造となっているほか、片側5.0gという軽量さとあわせて高い装着感を実現したと謳っています。

Bluetoothバージョンは、5.0/Power Class1に対応、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPをサポート、コーデックはSBCに対応。

イヤホンはIPX4相当の生活防水仕様。そのほか内蔵マイクを備えており、ハンズフリー通話も可能。音声アシスタント機能起動も行えます。操作系は物理ボタン式。

オートオン&オフおよびオートコネクト機能を搭載。一度ペアリングすれば、充電ケースから取り出すだけで自動的に電源オンとペアリングし、ケースにしまうと自動で電源オフとなります。また、充電ケースは小型設計で持ちやすく、マグネット内蔵でイヤホンの落下防止を図っています。

再生時間はイヤホン本体のみで約6時間、ケースとの併用で合計約15時間。また、15分の充電で約1時間の連続再生ができるクイック充電にも対応。

機能面ではまさにベーシックといった印象


出典:amazon

エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホンとして、機能面ではまさにベーシックな最低限度といった印象。内容に比しての価格は、中国系メーカー製(といっても今やAnkerやらタオトロニクスやら、QCYあたりは国内メーカーなみの実力があると言っていいでしょう)のコスパに全く及んでいません。対応コーデックがSBCのみという点だけで選択肢に入らない、という人もいるようです。

メーカーとしては、AirPodsライクなインナーイヤー型で国内メーカーでは安い、といったところを狙っているようです。

購入者のレビュー・感想を見ると


出典:amazon

購入者のレビュー・感想を見ると、インナーイヤー型ながら遮音性やフィット感に優れているという、意外な特徴が強く出ているようです。

反面、インナーイヤー型に一般的に期待される軽快な装着感(これは動いた時の取れやすさと反比例するので難しいところもありますが)や、適度に外の音が聴こえること(これはメリット・デメリット両方ありましょうが、そこをわかったうえで使う前提)が弱いことにもつながります。

ただ、装着感や遮音性については個人差も大きいですので、ネット上の意見をうのみにせず、量販店で実物を装着してみるのがよさそうです(耳から落ちやすいという声もありますし)。量販店で試聴しやすいことは国内大手メーカー品の強みでしょう。

一方、音質についてはインナーイヤー型らしい軽快な方向性のようで、これはイヤホン入門機としては万人向け的な傾向であり、悪くはないでしょうが、わかりやすい高音質というほどでもないようです。

ボタン式による確実な操作性やヘッドセット利用も含めた、実用性が高い汎用的なイヤホンという色合いも強いようです(完全ワイヤレスイヤホン+JVC)。

JVC HA-A8T レビュー・感想(ツイッター)

JVC HA-A8T レビュー・感想を参照(amazon)

Amazon | JVCケンウッド HA-A8T-B 完全ワイヤレスイヤホン 開放型 本体質量5.0g小型軽量ボディ最大15時間再生 生活防水仕様 Bluetooth Ver5.0対応 ブラック | 楽器・音響機器 | 楽器・音響機器
JVCケンウッド HA-A8T-B 完全ワイヤレスイヤホン 開放型 本体質量5.0g小型軽量ボディ最大15時間再生 生活防水仕様 Bluetooth Ver5.0対応 ブラックが楽器・音響機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました