SENNHEISER HD 560S レビュー・音質情報など

未分類

SENNHEISER HD 560Sが国内発売

ゼンハイザーのオーバーイヤー開放型のヘッドホン「HD 560S」が4月28日に発売されました。オープン価格で予想実売価格は税込み27,500円程度。カラーはブラック。

従来モデル「HD 599」(現在の税込み実売価格は約2万円)の後継機で、上位クラスとなる「HD 660S」(税込み実売価格約5.3万円)のモニターサウンドを取り入れたという新モデル。

「HD 560S」の内容についてはこちらでご紹介済みです。

SENNHEISER HD 560S 新開放型HP HD 599 / HD 599 SE と比較しての違いは?
ゼンハイザーはオーバーイヤー開放型のヘッドホン「HD 560S」を2021年4月28日に税込み実売約2.75万円で発売。従来機「HD 599」(およびSE)と比較しての違いを交えながら内容・特徴をご紹介。

さて、4月28日に国内発売されたため、国内正規購入者の方々(や店頭試聴機を聴いた方も含め)のレビューや感想がネット上に上がってきています。

購入者などの感想・レビューから読み取れる音質などの傾向

その感想から見えてくる傾向ですが、上記の記事でもご紹介していた従来機「HD 599」との違いが音質にも反映されているような印象です。

音量は取りにくくなっている?

まずはインピーダンスが50Ωから120Ωに上がっていることの影響で、やはり、聴感上の音量は取りにくくなっているようで、「HD 599」よりもポータブル機器での鳴らしやすさは後退しているようです。

全体としてはモニター系サウンド?

振動板(口径は38mmで同じ)とマグネットも変更になっていますが、この新構成による音質傾向としては、「HD 599」との比較では中高音が張り出し、低音は伸びてはいるものの、量感が感じにくいという感想が見られます。

ただ、これは「HD 599」との比較での話であり、単体としてみれば味付けが少なめのモニターライクなサウンドであるという感想も多く、決して悪くないどころか、好みに合えばかなり優秀なヘッドホンとして捉えることもできるようです。

また、これはゼンハイザーのヘッドホン全般に見られる傾向ですが、解像度は高いうえで、音は硬質には傾きすぎない美点を備えているので、リスニング向けにも十分に対応できるようです。

装着感は「HD 599」でも快適と言われていましたが、それを継承、あるいはもっと軽快なくらいなようです。ただ、人によっては若干、側圧が強めに感じられるのはゼンハイザー全般に共通している傾向です。また、開放型構造による盛大な音漏れは避けられません。

SENNHEISER HD 560S レビューサイト情報(国内)

ゼンハイザー HD 560S レビュー評価・評判 - 価格.com
ゼンハイザー HD 560Sを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。
【試聴レビュー】老舗SENNHEISER(ゼンハイザー)から開放型の新型モデル・HD 560S登場!ポータブルプレイヤーでも気軽に使いたいヘッドホン
ヘッドホン好きなら誰もが知るブランド・ゼンハイザーから開放型ヘッドホンの新型モデル・HD 560Sが登場!さっそく実機を入手しましたのでご紹介します。

SENNHEISER HD 560S レビュー・感想(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました