Shure AONIC 40 レビュー・感想情報

Bluetoothヘッドホン

ANC機能搭載のBluetoothヘッドホン・Shure AONIC 40

シュア(Shure)はアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載のBluetoothワイヤレス接続対応の密閉型ヘッドホン・AONIC 40を1月21日に発売しました。

AONIC 50の弟機としてモバイル向けの面を強化

従来モデルAONIC 50(税込み実売価格約3.6万円)の弟機としてラインナップ。室内使用前提の大型オーバーイヤー型だったAONIC 50から小型・軽量化と、新たに折りたたみ機構を備えるなど、屋外での使用も意識した新モデルです。

AONIC 40の内容と、AONIC 50と比較しての違いはこちらの記事でご紹介済みです。参考にしてみてください。

Shure AONIC 40 新発売 AONIC 50と比較しての違いは?
シュアがアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載のBluetoothワイヤレス接続対応の密閉型ヘッドホン・AONIC 40を1月21日に発売。上位モデルのAONIC 50と比較しての違いも交えて内容をご紹介。

AONIC 50でも実現していた高音質再生と、ANC、Bluetooth、アナログ有線、USB有線対応という多彩な機能を継承しつつ、モバイル性の高い高品位ヘッドホンという位置づけ。

性能、機能を細かく見ていくとAONIC 50から劣っている点もありますが(ユニット口径が50から40mmへ小型化、LDAC、aptX LL非対応、USB接続時にハイレゾ非対応など)、一方、ANCの向上(アナログ方式からデジタル方式に)バッテリー性能の向上(最大20時間から25時間)、USB接続時のヘッドセット使用可能などの向上ポイントもあり、より新しいモデルであることによるアドバンテージも感じさせます。

Shure AONIC 40 レビューサイト情報

使いやすくて実力派! Shure「AONIC 40」の実力をチェック【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】
Shureと言えば今も続く高級イヤフォンブームの立役者であり、今もなおワイヤードのイヤフォンで人気の高いメーカーだ。一方ヘッドフォンは永らくプロ向けのスタジオモニターを作り続けており、価格も手頃なところから、ホームユースでも広く使われている。
SHURE AONIC 40 SBH1DY レビュー評価・評判
■最安価格(税込):25,717円 ■店頭参考価格帯:29,300円〜32,780円 ■価格.com売れ筋ランキング:193位 ■満足度レビュー:4.62(2人) ■クチコミ:0件 (※7月28日時点)
【試聴レビュー】SHURE AONIC 40 ノイキャンワイヤレスヘッドホンが本日発売!
アメリカを代表する音響機器メーカー「SHURE」のワイヤレスヘッドホン「AONIC 40」が本日発売です。ノイズキャンセリング機能、外部音取り込み、イコライザー設定など充実の機能性とハイレゾ音質に対応したサウンドも詳しくレビューします。

Shure AONIC 40 レビュー・感想(ツイッターから 非購入者による製品への感想も含む)

Shure AONIC 40 各種レビューから読み取れる傾向

各レビューによれば、AONIC 40のサウンドはAONIC 50とは結構異なるようです。AONIC 50はフラット傾向でワイドレンジなモニター系サウンドと評されていましたが、AONIC 40は低音と高音をやや持ち上げたうえで、やや華やかな傾向も持つ、コンシューマーよりのサウンドと呼ばれるもののようです。

もっとも、本機の場合、専用アプリにて、7種類のプリセットに加え、マニュアルでパラメトリックEQによる詳細な音質調整ができるので、自分の好みのサウンドに追い込むこともできるでしょう。

ANC性能に関しては、AONIC 50よりは確実に向上しているものの、他社の競合機としてよく引き合いに出されるBoseのQC45やソニーのWH-1000XM4よりは劣っているという(ある程度予想されることですが)ことのようです。ANCをかけない状態での遮音性自体もそれほど強くないことも関係しているようです。むやみに遮音性が高いことによる閉塞感は感じにくいのかもしれません。

外音取り込み、ヘッドセットとしての性能については十分に実用的(テレワークなどにも対応できる)なレベルのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました