Shure SE846 第2世代 レビュー・音質は?

イヤホン

Shure SE846 第2世代が発売

Shureは、バランスド・アーマチュア(BA)ドライバー4基搭載の有線カナル型イヤホン「SE846(第2世代)」を2022年9月30日より発売します。オープン価格で税込みの実売価格は約13万円程度。

型番からもわかる通り、2013年に発売されたシュア有線イヤホンの最上位モデル「SE846」(2022年9月現在の実売価格は10.5万円程度)の後継機。

「SE846(第2世代)」の内容と、従来の「SE846 無印(第1世代)」と比較しての違いは以下の記事で解説しています。

Shure SE846 第2世代は従来機・SE846 無印(第1世代)と比較しての違いは?
Shureは、4BA構成の有線カナル型イヤホン「SE846(第2世代)」を2022年9月30日より約13万円で発売。本機の内容・特徴を従来モデル「SE846 無印(第1世代)」と比較しての違いも交えつつご紹介。

Shure SE846 第2世代の第1世代機とのおもな違い

じつのところ、新モデルになって大幅な設計変更は行われていません。イヤホンの基本構造(各ドライバーと筐体)は従来と同様。

音質を調整できる付属ノズルに「エクステンド」という新しいパターンを追加、付属イヤーピースにComply製ソフトフォームのXSサイズとComply製P-Seriesソフト・フレックス・スリーブ(S/M/L)を新たに付属されるというのが従来との違い。

そのほか、音質には関係ないカラバリの変更がある程度です。

「SE846(第2世代)」のレビュー記事は「エクステンド」ノズルの音質評価が重要

このようなことですので、「SE846(第2世代)」の音質に関するレビュー記事は、従来機との音質差に直接かつ唯一関わる、「エクステンド」ノズルを装着した状態での音質評価が中心となっています。「エクステンド」ノズルを装着した状態での音質は、うまい具合に従来から付属している3つのノズルとは住み分けできるサウンドになっているようです。

逆に言うと、「エクステンド」ノズル以外の3つのノズルを使用したときの音質は、従来機「SE846 無印(第1世代)」と同様と見なすことができそうです。

このような点を意識しながら「SE846(第2世代)」のレビュー記事を見るとよさそうです。

「SE846(第2世代)」のレビュー記事情報

Shureの旗艦イヤホン「SE846」第2世代を速攻レビュー!進化した“十年名機”、新サウンドの魅力に迫る (1/4) - Phile-web
Shureの旗艦イヤホン「SE846」第2世代を速攻レビュー!進化した“十年名機”、新サウンドの魅力に迫る
SE846 (第2世代)【11/1まで!SE846 (第2世代)買い替えキャンペーン!】 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
https://www.soundhouse.co.jp/contents/staff-blog/index?post=2762

コメント

タイトルとURLをコピーしました