TempoTec V6 AK4493SEQ搭載DAP レビュー・音質情報も

DAP

TempoTec V6 AK4493SEQ搭載DAP

中国のTempoTec「V6」というモデル名のAndroid OS搭載DAP(ポータブルオーディオプレーヤー)を発表しました。海外での価格もまだ未定。海外では9月ごろに発売になりそうです。

Access denied

DACチップの旭化成エレクトロニクスの「AK4493SEQ」を2基、ヘッドホン端子は3.5mm + 4.4mmの構成。オペアンプ : OPA1612 x2 + OPA1688 x4の構成で32Ω@610mW/4.4mmの出力。最新DACチップになかなかのアナログ段・ヘッドホンアンプという印象。

OS : Android 8.1にSnapdragon 425、RAM : 2GBとAndroid DAPとしては、価格を抑えようという意識を感じる構成。

総じて、ミドルクラス以下のゾーンで勝負しようというイメージのようです。TempoTecというと、国内ではUSBドングル型DACヘッドホンアンプでポータブル愛好家には知られています。DAPではどんなパフォーマンスなのか注目です。

メーカー提供品かもしれませんが、国内で有名レビュアーの方が「V6」の実機レビューを公開しています。それによると、音の情報量やレンジ感、解像度よりも、自然であたたかみのあるナチュラルサウンドに振ったDAPのような感じでしょうか。

「AK4493SEQ」を採用した製品のShanling UA3(ドングル型DAC/ヘッドホンアンプ)も、約1.5万円という価格ながら、自然なサウンドで高い評価を得ているところですので、このDACチップによる音質傾向がうまく設計とマッチすると、ハイコスパな好モデルが生まれるような気がします。

TempoTec V6 おもな仕様

DAC : AKM AK4493SEQ x2
SoC : Snapdragon 425
OS : Android 8.1
RAM : 2GB
内蔵メモリ : 16GB
外部メモリ:microSD 1スロット(Max 1TB)
オペアンプ : OPA1612 x2 + OPA1688 x4
出力 : 2VRMS/3.5mm、4VRMS/4.4mm
32Ω@330mW/3.5mm、32Ω@610mW/4.4mm
ディスプレイ : 4.2インチ 1280×768
ヘッドホン端子 : 3.5mm + 4.4mm
ラインアウト端子 : 3.5mm + 4.4mm
連続再生時間:3.5mm(Hi Gain) 15時間、4.4mm(Hi Gain) 12時間
バッテリー:4500mAh
高速充電:2時間
AirPlay、HiBy Link対応、

TempoTec V6 レビュー(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました