※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。
※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

HIFIMAN Edition XS レビュー情報、ANANDA・Aryaとの比較では?

ヘッドホン

HIFIMANの平面駆動型ヘッドホンの新モデル「Edition XS」

HIFIMANの平面駆動型ヘッドホンの新モデル「Edition XS」が2月11日に税込み59,500円で国内発売されました。従来機「Edition X V2」から8万円以上安くなりながら、内容を向上させたというハイコスパモデルとしてヘッドホン愛好家に大いに注目されています。

「Edition XS」の内容はこちらで紹介しています。

HIFIMAN Edition XS 約6万円で国内発売 海外からの購入者のレビューも
HIFIMANの平面駆動型ヘッドホンの新モデル「Edition XS」が2月11日に発売。価格は59,950円。従来機「Edition X V2」から8万円以上安くなりながら、最新技術を投入したことによる内容の向上が特徴のハイコスパモデルです。

HIFIMAN Edition XS 国内レビューサイト情報

HiFiMAN Edition XS レビュー評価・評判
■最安価格(税込):52,156円 ■店頭参考価格帯:59,950円〜59,950円 ■価格.com売れ筋ランキング:300位 ■満足度レビュー:4.78(13人) ■クチコミ:35件 (※5月23日時点)
高いコストパフォーマンスの平面型、HIFIMAN Edition XSレビュー: Music TO GO!
HIFIMAN EditionXSはHIFIMAN得意の平面磁界型ヘッドフォンで、2015年に発売されて性能の高さで話題となったEdition Xのアップグレードモデルです。 開放型の平面磁界型のヘッドフォンで、静電型ではないので独自の静電型ドライバーのようなヘッドフォンアンプは必要ありません。ただし後に述べるようにか...

HIFIMAN Edition XS レビュー(ツイッターから)

HIFIMAN Edition XS 各種レビューから読み取れる傾向

「Edition XS」は単体でも注目のヘッドホンですが、ヘッドホン愛好家の間では、HIFIMANの既存モデル、「ANANDA」(実売7.7万円)、さらには「Arya」(実売14.5万円)と比較しての違いも注目されています。

「ANANDA」は価格が近いので比較対象になるのはわかりますが、「Arya」は2倍以上の価格なので、普通は比較対象にはなりそうにないところですが、「Edition X V2」の後継機という流れを見ると対象になり得るという話のようです。

国内発売と同時に多くのヘッドホン愛好家が購入しており、なかには「ANANDA」や「Arya」との音質比較にも言及したレビューが出てきています。

「Edition XS」の音質については、海外からの購入者のレビューも含めて、ワイドレンジでフラット、情報量も豊富というオーディオ的な要素を高次元に満たしているのを基本に、傾向としてはモニター的な色付けの少ない方向性のようです。

「ANANDA」や「Arya」との比較では、両機とも「Edition XS」に比べると、いわゆるリスニング寄りと言えるようで、音の艶やかさや美感は「ANANDA」や「Arya」が優れているようです。

ただ、「Edition XS」は、ヘッドホン自体の色やキャラクターが薄いので、使用するヘッドホンアンプの音質傾向を反映させやすいという面もあり、ヘッドホンアンプやDACでヘッドホンの音質を作りたい向きには適しているとも言えるようです。

「Edition XS」のコスパの高さはやはり特筆できるようで、これからHIFIMANの平面駆動型ヘッドホンを買うというのであれば、音質の無難さも含めておすすめできる優秀機のようです。

HIFIMAN Edition XS アマゾンのレビュー

https://amzn.to/3stByM2

コメント