JBL Bar 5.0 MultiBeam レビュー・感想情報も

スピーカー

JBLブランドのサウンドバー Bar 5.0 MultiBeam

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのサウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam(バー 5.0 マルチビーム)」を2月5日より発売しています。価格は税込み39,800円。ボディカラーはブラック。

幅709mmのコンパクトな筐体にスピーカー5基と75mm径パッシブラジエーター4基を搭載したサウンドバー。本体サイズは709(幅)×61(高さ)×101(奥行)mm、重量は約2.8kg。

ハイブリッド方式による立体的な音響空間

JBL独自のMultiBeam技術による「リアルサラウンド」と、Dolby Atmosによる「バーチャルハイト」とのハイブリッド方式を採用し、前方スピーカーのみの配置となる制約のあるサウンドバータイプながら「立体的な音響空間を創出する」と謳っているのが特徴。

Dolby Atmosのバーチャルハイト技術は、DSPでデコード・ポストプロセッシング処理されたDolby Atmos信号を正確にレンダリングし、サラウンドサウンドに高さ方向の空間表現が可能なもの。

MultiBeam技術はビームフォーミングスピーカーから、「音のビーム」を放射し、壁に反射させることで、実際に左右後方からサラウンドの音声成分を再現するサラウンド再現方法。他社で有名なのはヤマハのビームスピーカー技術「YSP」があります。

本体から壁までの距離を測定し、自動で音の調整をする「AMC(Automatic Multibeam Calibration)」機能も搭載。これも似たような技術は他社の多くが採用しています。

スピーカーやアンプの内容

限られた筐体の中で、最大の振動板面積を獲得することができるレーストラック型ドライバーを採用しているのも特徴。振動板素材にはJBL伝統のペーパーコーンを採用しているとも謳っていますが、振動板は外から見えにくい構造なのは残念です。センタースピーカーを独立搭載しており、声の再現性を高めているのもポイントです。

内蔵アンプの最大出力が250W。アンプはD級。周波数特性が50Hz~20kHz。

入出力・対応フォーマットなど

HDMI入出力を各1系統搭載。HDMIはバージョン2.0bに準拠。HDRのDolby VisionとHDR10+のパススルーにも対応。HDMI出力はテレビの音声をHDMIケーブル1本で伝送可能なARC上位機能「eARC」に対応。

無線通信はIEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2に対応。

対応フォーマットはドルビーTrueHD、ドルビーデジタルプラス、ドルビーデジタル、Dolby Atmos、AAC、PCM(2.0-7.1ch) 。DTS系には対応していません。DTS系はプレーヤー側で、マルチch PCMに変換出力できれば本機でもサラウンド再生できます。

AppleのAirPlay2や、GoogleのChromecast Built-in、Amazonの新機能「Alexa MRM(Multi-Room Music)」などをサポート。GoogleアシスタントやAlexa(Alexa対応デバイスが必要)による音声操作にも対応可能。

4K対応HDMIケーブル(1.2m)や、壁掛け設置のための壁掛け専用セットも付属。

フロントサラウンドスピーカーとしてハイレベルな印象

内容を見ると、とくにサラウンド面に関しては最新のフロントサラウンドスピーカーとしてハイレベルな印象です。いわゆるフロントスピーカーだけによるバーチャルサラウンドと、ビームスピーカーによる壁反射を利用したリアルサラウンドの混合(ハイブリッド)という構成が効果的なようです。

サウンドバー愛好家の注目も集めており、購入後のユーザーによるレビューや感想もネットに上がってきています。

JBL BAR 5.0 MultiBeam レビュー評価・評判
■最安価格(税込):35,820円 ■店頭参考価格帯:35,820円〜35,820円 ■価格.com売れ筋ランキング:1位 ■満足度レビュー:4.25(5人) ■クチコミ:63件 (※2月22日時点)
JBL Bar 5.0 MultiBeam 売れているはずなのにレビューが少ない? : 音響のまとめ
ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドより、サウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam(バー 5.0 マルチビーム)」を2月5日より発売。JBLオンラインストアでの販売価格は39,800円。ボディカラーはブラック。幅709mmのコンパクトな筐体に、レーストラック型スピーカー5基と7

ユーザーを中心としたレビュー・感想から見える傾向や留意したい点

ユーザーのレビューを見ると、サラウンド感はフロントのみのサウンドバーとしてはかなりの立体感を表現できており、サラウンド重視なら高く評価できるモデルのようです。

また、コンパクトなサウンドバー1本タイプながら低音もかなり出ており、低音再生が心配な方にもすすめられるようです。もちろん、形状や容積からくる限界はあるようですが。

サラウンドについてはかなりハイレベルということでいいようですが、気になるのは設置環境を整える必要があること。設置環境を選ぶとも言えることでしょうか。

つまり、音のビームを壁に反射させてサラウンドを作り出す原理上(本機の場合、それだけでなく、フロントスピーカーによるバーチャルサラウンドも加わっていますが)、左右の壁がそれなりの面積空いている必要があります。

また、壁までの距離も短すぎても遠すぎてもサラウンド感がうまくならないこともあるようで、6畳の部屋や10畳の部屋でうまく聴こえなかったという人もいます。ただ、同じような広さでもうまく聴こえたという人もいて、環境の個人差や、自動音場補正がうまく聴く場合もあるでしょうし、一概に言えない感じもします。

上記の製品紹介でも触れていますが、対応サラウンドフォーマットはドルビー系中心でDTS系には非対応。それでもサラウンドを楽しむには、マルチch PCM HDMI出力に対応した機器と組み合わせる必要があることも注意点です。

オーディオ系ニュースサイトによる製品レビュー

なお、いわゆるメーカー提供を前提としたオーディオ系ニュースサイトによる製品レビューもいくつかあります。この場合はレビュー内容の全てをうのみにはできない面もありましょうが、機能面での詳細な説明などは参考になるでしょう(サウンドバー+JBL)。

音のビームとAtmosで圧巻の完成度。JBL新世代サウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」[sponsored]
外出しにくい昨今、テレビをよく見るようになった、ゲームに熱中! 、Netflixなどの配信でテレビを活用している、という人も多いだろう。同時に、薄型テレビのイマイチな音に「もうちょっとどうにかならないか?」、「けれど大きなスピーカーとかAVアンプ置けないし」「そもそも高いし……」と考えている人もいるはず。結論から言うと...
映画館にどこまで迫れる? JBLサウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」は“聖地”の音がする (1/2) - Phile-web
映画館にどこまで迫れる? JBLサウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」は“聖地”の音がする
[PR]シネマサウンドを追求したJBLの本格サラウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」で極上のエンタメ体験 - 価格.comマガジン
小型ボディでも抜群の臨場感! 自宅でも映画館さながらの極上のサラウンドを体験できるJBLの本格サラウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」の魅力を徹底解剖します。

JBL Bar 5.0 MultiBeam レビュー・感想を参照(アマゾン)

JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー/Dolby Atmos対応/パッシブラジエーター搭載/ホームシアター/2021年モデル ブラック JBLBAR50MBBLKJN 【国内正規品/メーカー1年保証付き】
JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー/Dolby Atmos対応/パッシブラジエーター搭載/ホームシアター/2021年モデル ブラック JBLBAR50MBBLKJN 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

コメント

タイトルとURLをコピーしました