Padmate PaMu Quiet 業界最高水準を謳うANC搭載TWSイヤホン レビュー・感想情報も

完全ワイヤレスイヤホン

業界最高水準の騒音低減性能を謳う完全ワイヤレスイヤホンPadmate「PaMu Quiet」

-40dBという業界最高水準の騒音低減性能を謳う完全ワイヤレスイヤホン、Padmateの「PaMu Quiet」が12月7日に18,480円(税込)で一般発売されました。

-40dBという騒音低減性能は現時点で完全ワイヤレスイヤホンとしては世界一の数値ということで、注目されていたモデルです。すでにクラウドファンディング(11,748円(税+送料込)から)が行われており、その購入者の間でも高い実力を評価されているモデルでもあります。

世界で初めてクアルコムの「QCC5124」とamsの「AS3460」をデュアルで搭載

世界で初めて、クアルコムの「QCC5124」とamsの「AS3460」をデュアルで搭載することによりこの数値性能を実現しているとしています。ただし、-40dBという数値はチップの性能値のことであって、実際の使用状況ではどの程度の騒音低減能力があるのかは一概に言えないのではないか、という指摘もあります

また、騒音低減性能の高さや売れ行き面で定評の高いかのAirPods ProやソニーのWF-1000XM3やそのほか大手メーカー製の有名モデルが、いずれもこうした数値を発表していないことも、実際の使用状況での数値化の難しさを表しているのかもしれません。

とはいえ、「PaMu Quiet」は、ゼンハイザーのような大手メーカーでさえクアルコムのチップ内蔵のANC機能を使っているだけというのが珍しくない状況で、さらに強力なANC機能の追求のためにamsの「AS3460」を追加しているのは確かで、少なくともクアルコムの5100番台のチップだけでANCを搭載しているイヤホンを超える性能はあるでしょう。このあたり、アップルやソニーは自社開発ないしメーカー共同開発のチップと推測されるので、「PaMu Quiet」だけが有利というわけでもありませんが。

また、騒音低減のためのマイク方式も、イヤホンの外側にのみ収音マイクを設けるフィードフォワード方式ではなく、フィードフォワード方式とイヤホンの内側にもマイクを設置するフィードバック方式のふたつを採用したハイブリッド方式を採用しています。これもANC効果の高さを謳うアップル、ソニー、パナソニック系では同様ですが。

使用部品の高品位さと使用メーカー名を押し出し

本機の場合は、大手メーカーではあまりアピール例のない、使用部品の高品位とメーカー名を押し出しているのも特徴です。マイクはKnowles、コネクタはヒロセ電機、水晶振動子には村田製作所、プラスチック部品はGE Plastics製の部品が採用というように。このあたりは、大手メーカーはたとえ同様の製品を使っていてもあまり他社の名前は出しませんから、戦略的なうまさも感じますし、宣伝行為に制約の少ないと思われる中小メーカーならではの作戦なのかもしれません。

ダイナミックドライバー振動板はPENとチタン素材を使ったもの

10mm径のダイナミックドライバーを採用。振動板には、軽量で高強度なPEN(ポリエチレンナフタレート)に加え、ドーム部には高音域の再現性に優れたチタン素材を採用と、これはかなり凝っています。

デザインはAirPods Proに類似のタイプ

イヤホンのデザインは、ANC効果を最大限に発揮でき、かつ長時間使用でも疲労の少ない形状として、AirPods Proに似たスティック型のデザインとなっています。やはりアップルが採用するあの形は理に適っているということでしょうか。イヤホン本体はIPX4の防滴仕様。重さは片側約5g。ANCに加え、外音取り込みモードも搭載

イヤホンとしての機能・仕様

Bluetooth 5.0準拠で、コーデックはaptX、AAC、SBC、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。インピーダンスは32Ω。このあたりの機能やスペックは価格を考慮すると標準的。

操作はタッチ式。音楽の再生/停止や通話、ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの切り替えが可能。

通話用には通話時の騒音を低減できると謳うcVc 8.0対応で、クリアな音声通話ができるとしています。通話性能に関してはそれほど凝っていない印象です。

イヤホン単体での最大再生・通話可能時間は約4時間。付属の専用充電ケースはイヤホンを2回満充電でき、併用すると最大約12時間使用できるとしています。このバッテリー性能は最新のANC搭載イヤホンとしては短め。騒音低減性能を優先させたための結果なのでしょうか。充電ケースはQiワイヤレス充電にも対応しているのは便利。

充電ケースの外形寸法は83×32.7×70mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約82g。充電ケース用ストラップやイヤーチップ(S/M/L)などが付属。

Padmate PaMu Quietのレビュー・感想の傾向

とにかく、ANC機能による騒音低減性能の高さを謳っているTWSイヤホンなので、評価のポイントもそれが中心

その騒音低減性能については、「業界最高峰、-40dB」の性能に関しては、さすがにそこまでとは感じないというのが大勢なようです。数値はともかくとしても業界最高水準の体感かについても、かなり頑張っているが、AirPods ProやWF-1000XM3以上とまでは言えないようです。音域ごとの低減性能も異なるようで、低い音のカットは得意だけれど、高い音はそうでもないといったところもあるようです。

そもそもイヤホンの構造として、遮音性が高い密閉型なのかということ自体明確ではないという指摘もあります。マイクの側面にはベント(通気孔)があるとメーカーも発表しており、密閉性はそれほど高くない可能性もあります。

音質については、フラットではなく低音が多め、ANCなしの完全ワイヤレス機の1万円未満機に負ける程度(具体例としてSOUNDPEATS Truengine 3SEなど)の絶対的実力、など、それなりのようです。ただ、イコライザー調整やイヤーピースの選択である程度は何とかなるようです。

バッテリー持ちが悪いのは、それを承知で買うアイテムということでしょう。デザインは優れているという声も多いようです。

購入価格の影響も無視できません。クラウドファンディングで購入した1万円台前半なら満足できるが、一般価格の2万円近くでは不満、という声もあります。大手メーカーの高性能品は2万円以上しますが、1万円台前半で本機の内容ならかなり満足できるような印象です。今後の実売価格の推移にも注目です(完全ワイヤレスイヤホン+Padmate)。

Padmate PaMu Quietのレビュー・感想(ツイッター)

Padmate PaMu Quietのレビュー・感想の2chまとめ

PaMu Quiet クラウドファンディング組のレビュー・感想をご紹介! : 音響のまとめ
-40dBものアクティブノイズキャンセリング機能を備えると謳う完全ワイヤレスイヤホン、Padmate「PaMu Quiet」のクラウドファンディング分がユーザーのもとに届き始めています。なお、一般販売は12月7日を予定しており、予価は18,480円です。

Padmate PaMu Quietのレビューを参照(アマゾン)

Amazon.co.jp: Padmate ノイズキャンセリング 完全ワイヤレスイヤホン PaMu Quiet [ Bluetooth 5.0 IPX4防水 cVc8.0 マイク付き ワイヤレス充電 Qi対応 aptX AAC 対応 超軽量 5g ] PM20297【国内正規品】, ブラック, 小: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Padmate ノイズキャンセリング 完全ワイヤレスイヤホン PaMu Quiet PM20297【国内正規品】, ブラック, 小: 家電・カメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました