ゲオ ハイセンス 50E65Gは50A6Gや50E6Gと比較しての違いは?

4Kテレビ

ハイセンス 50E65G ゲオ専売の4Kチューナー内蔵液晶テレビ

ゲオストアは、ハイセンスの50型4Kチューナー内蔵液晶テレビ「50E65G」を直販サイト「ゲオオンラインストア」と全国のゲオショップ店舗にて発売開始しました。価格は税込み57,900円。

直販サイトでは8月26日までに購入すると送料が無料になるキャンペーンも実施。店頭では、テレビ用2.1chウーファー内蔵スピーカー「GRND-TVSPK03」(6,999円)と同時購入で1,000円引きになります。

既存モデル「50A6G」や「50E6G」と酷似した内容

3,840×2,160ドットでVA方式の4K液晶パネルを採用する等速駆動の直下型LEDバックライト搭載機など、ハイセンスのベーシッククラスの4K液晶テレビ「50A6G」や「50E6G」と酷似した内容となっています。

実際、各種ニュースサイトや公式ページを見ると、おそらく「50A6G」や「50E6G」と同じ内容と思われます(この両機もテレビとしての内容は同じ)。

どうやら販路の違いだけ?

どうやら、「50A6G」と「50E6G」が販路の違いによって名前が異なるというの同じ理由で、「50E65G」もベースモデル(全国でもっとも広く販売される)の「50A6G」と同等内容と思われます。

ですので、「50E65G」の内容・特徴・機能については、「50A6G」を含む「A6G」シリーズを紹介した記事を参照することでわかると思います。

ハイセンス A6GシリーズとU7Fシリーズを比較しての違いは?
ハイセンスの4K液晶テレビのエントリーラインの2021年モデルが「A6G」シリーズ。先に発売され、少しだけ上位に当たる「U7F」と比較しての違いを交えながら「A6G」シリーズをご紹介。

価格については、販路が広い「50A6G」の実売価格はとほぼ同じ税込み5.8万円程度。一部の家電量販店のみの「50E65G」は約6.6万円程度となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました