東芝 REGZA 4K/120p VRR対応アップデート 対象モデル・シリーズ一覧は

4Kテレビ

REGZA 4K/120p VRR対応アップデート

TVS REGZAは9月9日、4K/120p(4K/120Hz)入力やVRRなどに対応するソフトウェアアップデートを開始しました。対象は、4K有機ELレグザ「X8900K」シリーズ、および4K液晶レグザ「Z670K」「M550K」シリーズ。

いずれもAndroid TV搭載の4Kチューナー内蔵テレビ。

2021年秋に実施するとアナウンスしていたアップデートがこの時期に実行されたものです。HDMI2.1機能の4K/120p入力やVRRに対応することで、PS5などの最新ゲーム機や高性能グラフィックカードのスペックをそのまま生かした入力と高画質での映示が可能になります。4K/120p入力、VRR下においても、約0.83msecの表示遅延時間を実現しているのもポイントです。

また、今回のアップデートでは、画質面でもチューニングが施されており、さらに明るく高コントラストな映像が楽しめるようになっているとしています。

BSデジタル放送波またはインターネット経由で自動的にアップデートされます。

なお、より新しい「Z570K」シリーズについては、設置時に最新ソフトウェアにアップデートすることで4K/120p入力やVRRに対応できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました