Panasonic LZ2000 発表 JZ2000と比較しての違いは?

4Kテレビ

Panasonic LZ2000 有機ELテレビ CES 2022で発表

パナソニックは、米国時間の1月4日にスタートしたCES 2022において、有機ELテレビの最新モデル「LZ2000」を海外発表しました。サイズラインナップは77型、65型、55型。

既存モデルで2021年発売の「JZ2000」の後継機。

新搭載機能を中心に「LZ2000」を簡単にご紹介

「JZ2000」にはない新搭載機能を中心に「LZ2000」をご紹介。

ハリウッドのノウハウを活かした画質チューニング「Master OLED Pro」を新搭載

ハリウッドのノウハウを活かした画質チューニング「Master OLED Pro」を新たに搭載。「美女と野獣」や「ワンダーウーマン」、「ジュラシック・ワールド」といったハリウッド大作を手がけてきたCompany3の創設者兼CEOであるStefan Sonnenfeld(ステファン・ゾネンフェルド)氏のカラーチューニングが生かされており、「映画や高品質のTVシリーズを視聴するのに最適」としています。中間レベルの明るさを向上し、画質処理レベルを高めるとともに、HDRからより多くの情報を引き出し、より細部まで再現できるとしています。

AIによる画質と音質の両方を自動的に最適化する機能が追加

映像エンジンは引き続き「HCX Pro AIプロセッサー」を搭載。AIを活用し、映画、スポーツ、音楽、ニュースなど、ユーザーが視聴しているコンテンツの種類を正確に検出した上で、コンテンツに合わせた画質に自動調整してくれます。

周囲の部屋の光の色温度を検出するセンサーを内蔵し、AIが再生中のコンテンツをリアルタイムで識別し、画質と音質の両方を自動的に最適化する機能が追加されているようです。

HDRフォーマットは、Dolby Vision IQ、Dolby Vision、Filmmaker Mode、HDR10+ ADAPTIVE、HLG PHOTOを引き続きサポート。

アレイスピーカーが追加

Technicsのエンジニアが開発した「TunedbyTechnics」サウンドシステムを引き続き備えており、Dolby Atmosに引き続き対応。

アレイスピーカー(点音源再生を担うスピーカー)が従来から追加され、音を特定の1点に向けるピンポイントモード、特定エリアの人々にサウンドをシフトするエリアモード、特定のスポットで音量を上げるスポットモードなども利用可能になっています。

60Hzリフレッシュモードや「Game Control Board」

4K/120Hzのハイフレームレート(HFR)や可変リフレッシュレート(VRR)などの主要なHDMI 2.1機能を引き続きサポート。「60Hzリフレッシュモード」によって60Hzゲームの入力ラグを遅延する機能が追加されているようです。

NVIDIAとの協業で開発した新機能「Game Control Board」を搭載。コンテンツ再生時に映像のフレームレートやHDRメタデータ、クロマサブサンプリングデータなどソースの情報を表示することもできます。

ゲーム向けの機能も強化されています。

より詳しい情報は、国内発表による詳細がわかってから追加、あるいは別記事で書き直す予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました