※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。
※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

TCL C636 レビュー情報 C635と比較しての違いも

4Kテレビ

TCL C635シリーズとC636シリーズ 4K液晶テレビ 違いは?

TCLの4Kテレビ「C635」シリーズと「C636」シリーズ。型番が近いだけに、似たような内容なのかと思う向きもあるでしょう。

では、実際に「C635」シリーズと「C636」シリーズを比較しての違いは何でしょうか。それはズバリ販路の違いのみです。

「C635」シリーズは家電量販店中心に実店舗で販売するモデルという位置づけ、「C636」シリーズは基本的にアマゾン専売モデルで、ネット通販専用モデルという位置づけです。いずれもラインナップは43V型、50V型、55V型、65V型を展開。発売当初の税込み実売価格(定価に近い感覚)は43型から順に79,800円、89,800円、99,800円、119,800円。実際の実売価格はそれらから2万円から2.5万円ほど安いのが実情です。

そのほか、テレビとしての内容・特徴は両シリーズとも同一です。

「C635」シリーズと「C636」シリーズに共通の内容

「C635」シリーズと「C636」シリーズに共通の内容・特徴をご紹介。

『Algoエンジン』を採用

画質を左右する映像エンジンに、TCLが開発した『Algoエンジン』を搭載。繊細さ、色彩、コントラストなどの補正を行うことで放送、ネット動画に関わらず高画質を実現する高性能チップです。

マイクロディミング技術搭載

3,840×2,160ドット/4K解像度のVA液晶を搭載。バックライトは直下型LED。駆動は等速(60Hz)。ここまでは、いわゆる4Kテレビのベーシッククラスの内容と言えます。

ベーシッククラスながら、画面を1,296のゾーンに分割し映像情報を詳細に分析する「マイクロディミング」機能を備えているのが大きな特徴。繊細な部分まで明暗をくっきり分けることで、「風景の奥行き感」をよりリアルに映し出します。

4Kテレビのエントリークラスですが、通常、このクラスではコントラスト性能の向上を図るための「ローカルディミング(部分駆動)」技術は、コストや上位との差別化などの点から搭載されていないものです。この「マイクロディミング」機能は部分駆動の一種であり、このクラスに搭載されているのはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

4Kアップスケーリングなどの高画質化機能

2K画質を4K画質で表現する「4Kアップスケーリング」機能、ノイズ映像を正しく分析し、画質の精細感を再現する「ノイズ低減(De-Contour&DMS)機能」、HDR映像を解析し、幅広い輝度レベルに柔軟に対応。 暗いシーンでも映像の明暗を忠実に表現し、よりリアルな高画質を実現する「HDR マッピング」機能などの高画質化回路を搭載しています。

HDR規格の対応度

新4K衛星放送で採用されているHLG規格や、UHD BDやネット動画配信サービスで採用されているHDR10、Dolby Visionに対応。

HDMI2.1 eARCに対応

HDMI入力は3系統(43型のみ2系統)。うち1系統はHDMI2.1 eARCに対応。テレビを経由しても Dolby TrueHD 5.1chで オーディオ機器から音声を出すことができます。HDMI入力は4K/60Hzまでの対応。PS5などの4K/120Hz信号は入力できませんのでご注意ください。

ALLM対応

ゲームが接続されたことを検知すると、自動的に遅延が少ないモードに切り替わるALLM(自動低遅延)対応。HDMI1080p/60Hz 入力時は映像遅延時間が4msまで短縮されます。(HDMI 4K/60Hz入力時の映像入力ラグが約8ms)

4Kチューナーは2基内蔵

内蔵チューナーはBS/CS 4K放送×2、地上・BS・110度CSデジタル×2。外付けHDDを接続することで番組録画も可能。裏録画対応。

Google TVを搭載

Android OSベースの多機能OS、Google TVを搭載。スマホやタブレットのAndroid端末並みにさまざまなアプリを使って、多機能に使いこなせます。また、YouTube、Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflix等豊富なネット動画サービスにも対応。2.4GHz/5GHzのデュアルWi-Fiにも対応。

Googleアシスタントに単体で対応、リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、 見たい映像を簡単検索できます。また、クロームキャスト機能も内蔵。スマホの映像をテレビで楽しめます。

立体音響技術のDolby Atmosに対応

立体音響技術のDolby Atmosに対応。内蔵スピーカーはフルレンジのステレオ構成で、内蔵アンプの合計出力は20W。

TCL C636 / C635 評価、レビューは?

総じて、画質面ではベーシッククラスの4Kテレビではありますが、日本メーカーでは追い付かないほどの機能面でのコスパの高さが特徴的。とくに倍速駆動と4K/120Hz入力にこだわらないなら、かなりのコスパだと思います。逆に倍速駆動か4K/120Hz入力が欲しいならこの両シリーズは除外となるでしょう。

C636シリーズはいまのところ、アマゾン専売ということもあり、購入者のレビューはアマゾンの販売ページが頼みとなります。そのほか、価格コムにもレビューが上がっています。

https://amzn.to/45SZ6ut
TCL 43C636 [43インチ] 価格比較
■最安価格(税込):59,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:427位 ■満足度レビュー:0人 ■クチコミ:3件 (※3月27日時点)

内容・特徴ともに同一なので、「C636」シリーズのレビューを探すときは、「C635」シリーズのレビューも参考になります。

「C635」シリーズのレビューサイト情報

【TCL】43C635/50C635のレビュー・注意点・感想・評判・口コミ・55C635/65C635も
質問する人テレビの購入を検討中。・C635シリーズ(TCL)このシリーズは、どんな特徴のテレビ?注意点はあるの?購入者の感想を聞いてみたいな。こんな質問にお答えします。◆記事の内容・TCLのC635シリーズの特徴や注意点をご紹介します・購入

コメント