Cayin Fantasy(YD01) レビュー・音質情報など

イヤホン

CAYIN Fantasy(YD01) ダイナミック型イヤホン

コペックジャパンは、同社取り扱いブランドの中国・Cayinから、有線カナル型イヤホン「Fantasy(YD01)」を4月28日より発売しました。価格は96,800円(税込)

鏡面仕上げのステンレスハウジング10.3mm径ダイナミックドライバー1基を搭載。

振動板にはベリリウムメッキを施すことで剛性を向上。高速かつ正確で歪みの少ないレスポンスにより、クリーンで曖昧さの無いディテールに優れた再生音を実現しているとしています。

マグネットについては、磁束を強めることで振動板をより精緻にコントロールし、低域のディテールを正確かつシームレスに再現できるとしています。

ドライバーユニットに設けたリア・キャビティが、音波をスムーズに整え共鳴を抑制。音の透明感や音場の立体感を高めているとしています。

再生周波数帯域は20Hz – 40kHz、インピーダンスは37Ω、感度は108dB(@1kHz)。

2pin端子によるケーブル着脱に対応。付属ケーブルは6N OCC導体と銀メッキ導体を組み合わせた4芯構造。長さは約1.3m。プラグは3.5mmステレオミニ。

なお、5月5日までに購入するとバランスケーブル「CS-4.4B」をプレゼントする発売記念キャンペーンも実施しています(プレゼント品の在庫が無くなり次第終了)。

CAYIN Fantasy(YD01)の注目点

この価格帯で、約2倍の価格となる「純ベリリウム振動板」イヤホン(final A8000など)と比較してどれくらい肉薄しているのか、あるいは、本機ならではの魅力があるのか、といったあたりが注目点。

Cayinは自社製DAPも出しており、おそらくその組み合わせでは音質的マッチングはよいでしょうから、価格以上のパフォーマンスは期待できそうです。

この価格ですから、バランス接続用ケーブルも期間限定ではなく、常時付属してくれればありがたかったところです(イヤホン+Cayin)。

購入者の試聴者のレビュー・感想を見ると

購入者の試聴者のレビュー・感想を見ると、やはりfinal A8000との比較があり、絶対的な評価では負けるものの、本機単体では納得できる音質、といった印象。

CayinのDAPやポタアンとの相性の良さを評価する感想もやはりあり、なかでも高級ポタアンとして注目されている「C9」との相性の良さは大いに気になるところです。

総じて、Cayinのポータブル機器を持っている方にとってはリファレンスクラスのイヤホンとして重宝な存在になりそうです。

購入者の試聴者のレビュー・感想(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました