FiiO M17 レビュー・音質情報など

DAP

FiiOの新フラッグシップDAP・M17

FiiOの新フラッグシップDAP・M17が12月10日に国内発売されました。オープン価格で税込みの実売価格は24万円程度。

DC入力モードで据え置き使用も意識した異色の大型DAP

DACチップにESSの据え置き向け最上位「ES9038PRO」をデュアル構成で採用。さらに、THXと共同開発した「THX-AAA 788+」ヘッドホンアンプ回路も搭載した、DAPの枠を超えるほどのド級モデル。

本体サイズは約156.4×88.5×28mm(縦×横×厚さ)。重さは610g。このサイズ・重量にも驚きですが、メーカーは本機をデスクトップオーディオ用にも使えるというコンセプトで開発しており、内蔵バッテリー駆動だけでなく、DC入力モードの搭載によるAC電源からの給電による据え置向けモードも搭載しているのが大きな特徴。

付属の専用DCアダプターを使うことで、DAC部/アンプ部に大電流を供給し、M17を最大性能で動作させ低能率ヘッドフォンも余裕で駆動するというもので、バッテリー駆動時よりも出力がアップするなど、音質も向上しているとしています。

デジタルオーディオ出力用のUSB Type-Cポート(USB 2.0)とデータ転送/充電用のUSB Type-Cポート(USB 3.0)を独立して備えており、据え置き運用時に便利な形態となっています。

9,200mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続再生時間はシングルエンド再生時が約10.6時間、バランス再生時が8.6時間。USB-Cからの急速充電に対応し、QC急速充電では4.5時間で充電可能。バッテリー駆動でのポータブル運用にも実用的なスペックを備えています。

デジタル関係の再生可能スペックなど

デジタル入力としてUSB Type-Cと同軸デジタル入力を装備。XMOSチップ「XUF208」を搭載し、USB-C入出力ではPCMは384kHz/32bit、DSDは11.2MHzまでの再生をサポート。MQA音源の8xデコードにも対応。

Bluetoothによるオーディオ信号の送受信に対応。クアルコムのBluetooth SoC「QCC5124」を搭載。対応コーデックは送信時がSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC。受信時は、送信対応コーデックに加えてaptX LL、aptX Adaptiveにも対応。

ヘッドホンアンプ部も強力

ヘッドホンアンプ部には、THXの特許技術を採用した「THX-AAA 788」回路をベースに、FiiOとTHXが共同開発した「THX AAA 788+」回路を採用。左右チャンネルに1基ずつ、計2基搭載。バランス出力でDC入力モード時の出力は3,000mWと超強力。

バッテリー駆動時には4段階のゲイン設定が可能で、さらにDC給電モード時はもう1段階高いゲイン設定を用意し、最大5段階で調整可能。バランス出力では+16dBの高ゲインにより、従来のポータブルプレーヤーでは鳴らすことが難しかったヘッドホンでも余裕のある再生を実現したとしています。

ヘッドホン出力は3.5mmアンバランス/2.5mm/4.4mmバランスに加えて、新たに6.3mmステレオ標準端子を搭載。幅広いイヤホンやヘッドホンを変換アダプターを使うことなく使用できます。120段階の音量調整に対応。対応インピーダンスは16〜600Ωで、出力は16Ω負荷時1.5W以上、32Ω負荷時3W以上、300Ω負荷時500mW以上。

3.5mm/4.4mm端子はライン出力端子としても使えます。さらにRCA同軸デジタル入出力も1基搭載。DDCとしても使えます。

OSはAndroidを採用

OSはAndroidを採用。SoCにはクアルコム「Snapdragon 660」、RAMは4GB、ストレージは64GBを内蔵。マイクロSDカードスロット1基を搭載するほか、外付けHDDの接続もサポート(最大2TB)。ディスプレイは5.99インチ/解像度1,080×2,160のタッチディスプレイを搭載。

操作モードはAndroid/Pure Music/USB DAC/Bluetooth受信/AirPlay/同軸デコーディングが選べます。

ファン付き冷却スタンド「DK-3」も付属

高音質追求により大電力を消費とするため、放熱のために本体をH型の断面形状にレイアウトして効果的なエアフローを実現。VC液冷技術を採用し、継ぎ目のないCNC切削によるアルミ合金製ユニボディフレームへ熱を伝えることで、効率的に放熱するとしています。M17を載せて熱を逃がせるというファン付き冷却スタンド「DK-3」も付属。こんなものが付属するDAPは前代未聞でしょう。

FiiO M17 レビューサイト情報

【レビュー】 もはや“反則”のDC入力サウンド、FiiO超弩級DAP「M17」の衝撃
完全ワイヤレスイヤフォンが人気を集め、スマホで音楽配信サービスを利用する人が増えた今「ポータブルオーディオプレーヤー(DAP)の出番が減った」という人もいるかもしれない。かくいう筆者も以前よりDAPを持ち出す機会が減り、「もう驚くようなDAPはしばらく登場しないのかも」などと思っていたのだが、そんな顔面にパンチを打ち込...
FiiO M17 【FIO-M17-B】 レビュー一覧 / e☆イヤホン
『※2022 0215追記 現在は女房の実家に置きっ放し。』 FiiO M17 FIO-M17-B [64GB] Uehara課長さんのレビュー評価・評判 - 価格.com
『※2022 0215追記 現在は女房の実家に置きっ放し。』 FiiO M17 FIO-M17-B Uehara課長さんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・携帯性・バッテリなど気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。

FiiO M17 各種レビューから読み取れる傾向

なるほど、据え置き使用も十分に可能な高級DAPという体裁。機能面についても据え置き使用に問題のない多機能ぶりと入出力の豊富さです。プリアンプ機能がないのが気になる程度でしょうか。

音質面については、試聴イベントの段階から、バッテリーモードよりもDC入力モードのほうが明らかに音が良いという意見が大半で、そうなるとポータブル使用よりも据え置き用途がメインになってしまうというDAPとしては本末転倒な印象もあります。

そのDC入力モードについても、ACアダプターを音質対策を施した社外品に替えるとさらに音が良くなるというユーザーがおり、その用途にぴったりなiFi Audioのオーディオ用ACアダプター「iPower Elite」12Vモデルが本機の発売と同時期に急にたくさん売れるという珍現象が起こったほど。

M17はDAPとしてバッテリー駆動時にも高音質ではあるものの、DC入力モードでは明らかに音質がよくなるというのは複雑な思いを抱かせます。

だからといって、M17のDC入力モードが、本機と同価格帯の据え置き専用DAC/ヘッドホンアンプと同等に渡り合える音質かというと、それもまた違うようで、いろいろと考えさせられる面もあります。

M17は、DAC/ヘッドホンアンプに据え置き用途しか求めない人が純粋に据え置き機として買うならコスパは悪くなりそうなので、DAPと据え置き使用の両方を日常的に行う人で、この2つの用途を1台でハイレベルに兼用したい人向け(で合計予算25万円以内)というのがちょうどよい立ち位置なのかもしれません。こう考えると、それぞれをバラバラに買うよりはお得感が増すような気がします。

FiiO M17 レビュー・感想(ツイッターから)

いったんここまで

FiiO M17 レビューを参照(アマゾン)

Amazon.co.jp: FiiO フィーオ M17 DAP デジタルオーディオプレイヤー アンプ搭載 DAC搭載 ワイヤレス Bluetooth対応 バランス接続対応 : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、FiiO フィーオ M17 DAP デジタルオーディオプレイヤー アンプ搭載 DAC搭載 ワイヤレス Bluetooth対応 バランス接続対応を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました