SONY HT-A9 レビュー・音質情報など

スピーカー

SONY HT-A9 ホームシアターシステム

ソニーはホームシアターシステム「HT-A9」を8月7日に発売しました。オープン価格で発売当初の実売価格は税込み22万円程度。

スピーカー4本でオブジェクトオーディオを高度に再現


出典:Amazon

160×147×313mm(幅×奥行き×高さ)のスピーカーの4本セットと、HDMI入力などを備えた小型のコントロールボックスがセットになった製品

新開発の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)」を搭載。


出典:Amazon

4本のワイヤレススピーカーを部屋に配置する事で、壁や天井での音の反射を利用し、ドルビーアトモスなどのオブジェクトオーディオを含めた高度なサラウンド再生を可能にする新機軸のホームシアターシステム。スピーカー4本でオブジェクトオーディオを高度に再現できるというのが大きな売りです。コントロールボックスと各スピーカーの間がワイヤレス接続なのも特徴です。なお、各スピーカーはそれぞれAC電源に接続する必要があります。

4本のスピーカーには、正面向きのツイーターとフルレンジユニットを内蔵。さらに、天面、斜め上に向けてイネーブルドスピーカーを搭載。独自のモノポールシンセシス技術と、音場最適化技術を使うことで、壁や天井に音を反射させ、12個のファントムスピーカーを生み出し、立体的で高度なサラウンド空間を作り出せるとしています。

各部屋の設置環境の違いによるチャンネルごとの設置状況の違いも補正できる機能も搭載しています。自分でセッティングを詰める苦労をする必要はありません。

搭載ユニットと別売りサブウーファー

搭載するユニットは、19mmのソフトドームと、フルレンジが70×82mm。イネーブルドスピーカーは46×54mmのフルレンジ。内蔵アンプの最大出力は、ツイーター、フルレンジ、イネーブルドスピーカーいずれも各42W。

コンパクトなスピーカーということで、低音再生能力が気になる向きには別売りの専用サブウーファーが「SA-SW5」(実売83,000円前後)、もしくは「SA-SW3」(実売44,000円前後)が用意されています。こちらもワイヤレス接続です。

設置推奨距離に注意


出典:Amazon

設置時の目安となる推奨距離は3~4m四方(フロント間は2~3m)、フロントは最大3.5m、最小1m、フロントとリア間は最大5m、最小2.5mの範囲まで対応可能。天井までの距離は1~4mまで対応ということで、結構広い空間に対応していますが、ある程度の空間が必要ということでもあります。

なお、床置きは推奨していないことにも注意してください。また、フロントは必ずテレビの左右に設置する必要があるとしています。4本のスピーカーはそれぞれフロントL、R、リアL、Rというように担当チャンネルが決まっていますので、これも正しく設置するように注意する必要があります。

ブラビアとの組み合わせでより便利に


出典:Amazon

ブラビアの「A90J/A80J/X95J」シリーズと組み合わせた場合、ブラビアに内蔵しているスピーカーを、追加のセンタースピーカーとして使うことも可能であり、最新のソニー製テレビと使ったほうがよりつながりのよいサラウンドが楽しめるようです。

「A90J/A80J/X95J/X90J/X85J」シリーズとHDMI接続した際は、テレビのリモコンから、サウンドバーの設定が手軽に行なえるのもポイント。

インターフェースや対応フォーマット


出典:Amazon

コントロールボックスは150×150×52mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は700g。背面にHDMI入出力を各1系統、有線LAN端子を搭載。無線LANも搭載。USB×1(アップデート専用)も搭載。

サラウンドフォーマットは、DTS:X、Dolby Atmos、リニアPCM 7.1chまで対応。

コンテンツに合わせたプリセットの音質モードとしては、シネマ・ミュージック・スタンダード・ナイトモードを搭載。

HDMI端子はeARCHDR映像にも対応。8K/60Hz、4K/120Hz映像のパススルーも可能。

Bluetoothの受信・送信にも対応。コーデックはSBC/AACに加え、LDACもサポート。非ハイレゾ音源をハイレゾ相当にアップコンバートするDSEE Extremeも搭載。

光デジタル音声入力やアナログ音声入力は搭載していません。


出典:Amazon

内容を見てみての簡単な考察

リアスピーカーやイネーブルドスピーカーを実際に設置しなければ、なかなか本格的なサラウンドやオブジェクトオーディオが楽しめないのが実際のところですが、実行しようとするとAVアンプやらスピーカーやらの用意と設置でかなり大変という現実に対して、うまく解決しようという方法論の一つと言えるでしょう。

単体AVアンプとスピーカーのシステムに比べて、大幅に設置性や使い勝手を向上させているように見えます。ただ、それでもこれまで一体型のサウンドバーを使っていた人からすると、設置や設定のハードルは高いかもしれません。

リアスピーカーを追加できるサウンドバーが本機と似たようなジャンルとなります。競合製品としてはソニー製が多いだけに住み分けがどうなるのかも気になります。

ただ、本機はソニーらしい独創的で先進的な雰囲気が感じられることもあり、単に音質や使い勝手だけで評価されるとは限らないのはポイントでしょう。

SONY HT-A9 レビュー情報

発売と同時に結構な方が購入されたようで、レビュー・感想はツイッターや2chには結構上がってきています。

ツイッターでの感想(発売直後)

HT-A9 の感想を含む2chまとめ(発売直後)

SONY HT-A9発売!購入者のレビュー・感想は? : 音響のまとめ
376: 名無しさん┃】【┃Dolby 2021/08/04(水) 14:52:19.90 ID:AYdJBeET0 A9購入の皆様、レビューをお待ちしております。 引用元: ・サウンドバー/シアターバー/サウンドベース総合39

レビュー記事情報

個人ブログ記事のようなレビューは発売直後にはあまり見られず、大手ニュースサイトが中心。ソニー販売店系の記事は設置性や設定に関して参考になりそうです。ソニー自らがブロガーに依頼して掲載(ソニーのHPに!)したレビュー記事(動画の文字起こし?)は砕けた表現でメーカーのアピールポイントを紹介しているのが印象的。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/minireview/1339387.html

https://www.phileweb.com/review/article/202107/21/4374.html

https://tecstaff.jp/2021-08-05_ht-a9_review.html

https://www.sony.jp/home-theater/soundbar2021/script/txt.html

価格コムでは

価格コムには発売日から詳細なレビューがいくつも上がっており、参考になります。

SONY HT-A9 レビュー評価・評判
■最安価格(税込):197,800円 ■店頭参考価格帯:197,800円〜226,000円 ■価格.com売れ筋ランキング:9位 ■満足度レビュー:4.33(43人) ■クチコミ:1669件 (※11月7日時点)

アマゾンでのレビューを参照

Amazon.co.jp: ソニー ホームシアターシステム HT-A9 Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 8KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応 : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ソニー ホームシアターシステム HT-A9 Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 8KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

各種レビューから読みとれる音質などの傾向

サラウンド感について

サラウンド感については立体感をメインに満足している人が多いようです。ただ、AVアンプとスピーカーというより本格的なシステムと比較している人はあまり見かけず、既存のサウンドバーとの比較が多いようです。価格コムには「本格的なAVアンプとスピーカーを使ったシステムには音質的にはかないません」と評している人がいますが。

もともと設置スペースに苦労している人が買っているのも多いようですが、そういった環境で高音質サラウンドが十分楽しめているようで、メーカーの狙いはうまく達成されているようです。

低音について

サブウーファーがないことによる低音不足を感じる人もいるようですが、音量を上げたらあまり気にならなくなったという人もいて、むやみに別売りのサブウーファーに飛びつく前によく検討したほうが良さそうです。

競合機との比較

リアスピーカーを実際に置く、接続はワイヤレスという点で似たような内容のONKYO SOUNDSPHEREの5.1ch版と比べた人がいて、HT-A9のほうがとくにサラウンド再生においてよかったという人もいました。ただ、オンキヨーはソニーの約三分の二の価格なので、当然の結果かもしれません。

音楽用スピーカーとしての立体感に注目

音楽用スピーカーとしても、とくにソニーが推進している360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)のソースを再生したときの立体的な再現性の高さに感心している人が何人もいました。

360 Reality Audio対応を謳うソニー製のBluetoothスピーカーよりもずっといいという人もいて(価格も構成もかなり違いますが)、360 Reality Audio用の音楽再生スピーカーとしてもかなり有用なようです。しかも、360 Reality Audioソースでなくても、本機の360 Spatial Sound Mappingによる音楽ソースの立体音響化でもかなり楽しめるという人もいます。音楽再生にサラウンド性を求める向きには有望なスピーカーのようです。なお、本機はドルビーアトモスに対応しているので、当然、Apple Musicの空間オーディオ(ドルビーアトモスと同じもの)にも対応しています。

音切れについて

ワイヤレス接続という性質上なのか、環境によっては音切れが起こるというユーザーがいるようです。その場合、以下のツイートが解決方法として参考になりそうです。基本的にはワイヤレス設定を「接続優先」にするのが音切れ防止では有効なようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました